カテゴリー
TRIPLOG

神戸 / Day3 / スターバックス 北野異人館街で仕事 → 風見鶏の館 → 萌黄の館

今日のプランは、昨日の続きで、昨日見れなかった異人館巡りをしたいと思います。

TODAY’S PLAN

  • STARBUCKS 神戸北野異人館店で午前中は仕事
  • 風見鶏の館
  • 萌黄の館

スターバックス 神戸北野異人館店へ

まずは、昨日見つけたスターバックス 北野異人館店へやってきました。

美しくレトロな外観です。

この鮮やかなグリーンは、スターバックス用に塗り替えられたものなのかと思ったのですが、どうやら平成13年に再建移築された頃からずっと、このいろだったようですね。

この店舗のためだけに作られた木製のロゴプレートです。

紅葉した木々との相性が抜群ですね。

内装がどのようになっているのか今から楽しみ。

部屋ごとの空間に合わせてインテリアや雰囲気がガラリと変わる

建具やフローリングは当時のままのようで、当時、ラウンジやダイニング、ゲストルームのために設けられていた部屋の雰囲気をそのまま残し、その空間に合わせて、ソファーやテーブル、飾られているアートなどが違っています。

面白いですね。一通り、全ての空間を巡回してみることに。

一通り空間を味わい、ここで仕事をすることにしました。

このレトロな雰囲気にどっぷりと浸かりながら仕事をしたいと思います。

風見鶏の館 -国指定重要文化財-

気がついたら、お昼を回っていたので、ここからは観光を楽しみたいと思います。

まずはじめに訪れたのは、風見鶏の館。

この北野異人館街を代表するランドマーク的な建築物で、明治42年(1909年)に設立されました。

建物の設計を担当したのは、ドイツ人の建築家ゲオルグ・デ・ラランデです。

萌黄の館 -国指定重要文化財-

次に訪れたのも北野異人館街を代表する建築物であり、国指定重要文化財でもある萌黄の館です。

内装はクリスマス仕様になっていました。

これで一通り代表的な偉人感を廻終えることができました。

昨日と今日でひたすら異人館を見て思ったことを正直に言います。

この異人館の1番の見所は美しい建築物の外観だということです。

正直、内装については、どこから代表的な建築物を一度見ておけば、それでOKです。

ぜひ、美しい外観や異人館街の素晴らしい街並みを楽しんでみてください。

ということで、少し早いですが、3日目はこの辺りで終了しようと思います。

あとはホテルなどでゆっくりと寛ぎながら、仕事でもしていようと思います。

DAY4 / 最終日は、ハーバーランドのスタバに立ち寄ってから帰ることに

最終日の4日目は飛行機の時間が早かったため、神戸ハーバーランドにだけ立ち寄って帰ることにします。

ハーバーランドは、メリケンパークの向かいにある、巨大モールです。

ここで食事を取ったり、海沿いを散策するだけでも楽しいエリアだと思いました。

晴れていれば。

ということで、天気はよくありませんが、ここの中にスターバックスがあるようなので、ここで仕事を楽しみながら、最終日の神戸を満喫したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です