カテゴリー
TRIPLOG

北海道 / Day2 / 美瑛町 青い池 → 白ひげの滝 → 星野リゾート トマム → 水の教会

Today,s Plan

  1. 美瑛 青い池
  2. 美瑛 白髭の滝
  3. トマムリゾートへ

ホテルをチェックアウトして、今日はトマムリゾートへ向かいたいと思います。

その道中にある美瑛の青い池に寄るので、それも楽しみです。

豊かなら大自然の中をドライブ

札幌から車を1時間程度走らせると、大都会の雰囲気から一気に大自然の風景に変わります。

豊かな青々とした緑、木々を味わうことができます。

激しい濁流音がする川を発見

休憩所のような場所を発見したので、そこで車を停めて休憩をすることにしました。

すると、林の向こう側から何やら激しい濁流音が聞こえてきたので、行ってみることに。

そのおとの正体はこれでした。

とんでもなく激しい川が流れていたのです。

昨日の雨が降ったのか、川の水は濁っています。

圧倒的な大自然です。

この皮の上にかかっている向こう側の獣の道に続く橋全体には水溜りができていて、そこに反射する空や山々が美しいです。

思わぬ風景との出会いにテンションが上がりました。

日本で最も美しい村「美瑛町の青い池」

本日のメインである青い池には、この池から20分程度で到着。

青い池は「日本で最も美しい村連合」に加盟している美瑛町の中にあります。

駐車場が完備されており、お土産やさんも充実していて、観光地としてかなり整備されて驚きました。

大自然の中を歩いてたどり着くことを想定していたので、少し拍子抜けです。

入場は無料で青い池は駐車場に隣接していました。 

念願の青い池。

今日は、あいにくの曇りでしたが、晴れている日は、この池が絵の具をたらしたかのような鮮やかな濃いブルーになります。

なぜブルーになるのかというと、ここに流れ込んでくる水にアルミニウムが含まれており、その水と混じり合うことでコロイドという物質が発生します。

このコロイドと太陽の光がぶつかり合うことで、美しい青色が生まれるんです。

いや、美しいですね。

おそらく寿命を終えたであろう木々が池の中に佇んでいます。

青いいけの周りをぐるっと回ることができ、10分程度見ることができます。

白ひげの滝

この近くに「白ひげの滝」という観光スポットがあるようなので、そちらも訪れることにしました。

車で10分程度離れたところにあります。

この橋の上から下を見下ろすと、そこに白ひげの滝があります。

すごいですね。

ここに川水も青いです。

迫力があることはもちろん、見ていて美しくもあります。

先程の青い池の水は、この滝から流れてきています。

星野リゾート トマムへ

美瑛町を堪能した後は、星野リゾートへ向かいます。

星野リゾートに宿泊するのは初めてなので、とてもテンションが上がります。

まずは星野リゾート トマムを散策

星野リゾートに到着。

まずはチェックインを済ませて、部屋に荷物を置きます。

フロントの横には、↑雰囲気が良いテラスがありました。

夏場の朝や夜だったら、ここにずっといたら気持ちいいでしょうね。

部屋はこんな感じでした。

思ったよりもしょぼいというか古い。。。

星野リゾートはホテル塔が2つあり、どうやら新しいタワーと古いタワーがあるようで、今回宿泊したのは古いタワーのようでした。。。

しっかりと下調べをしておけばよかった。。

さて、気を取り直して、ホテル散策をしたいと思います。

広大なエリア

この星野リゾート敷地内は、驚くほど広大です。

敷地内をバスで移動するほど、広く1日で歩き回るのは辛いですね。

このホテルのすごいところは、森の中全体をガラス張りの通路が張り巡らされていて、外に出なくても森の中を移動することができる点です。

確かに冬場の北海道は、異常なくらい寒いので、この通路があれば、大自然の中を心地よく散策することができますね。

この通路を歩いていると、時折現れてくる優しい光に照らされた施設が美しいですね。

肉ビュッフェを食する

この森の中の所々にレストランがあり、どこからのレストランで夕食を取ることになります。

森の中の通路を歩いていると、肉ビュッフェをやっているレストランを発見したので、ここで夕食を取ることにしました。

水の教会へ

ご飯を食べ終わった後は、水の教会を目指します。

この水の教会はアート雑誌から、カルチャー雑誌、結婚式雑誌でよく取り上げられている建築です。

安藤忠雄が設計をしているこの教会シリーズは、全部で3部作あります。

トマムリゾート内にある水の教会、大阪にある光の教会、神戸にある風の教会です。

大阪の光の教会は行ったことがあるので、これで2つ目を制覇です。

この水の教科は季節や、その日によって見学できる時間が変わりますので、見学時間は必ずチェックしておきましょう。

「入り口の看板には、星あかりと冴わたる闇の空間」と書かれています。

想像を掻き立てる文章ですね。

このみちを歩いて行きます。

満点の星空です。

晴れていてよかったなぁ。

建物の敷地に入る入り口から、ライトアップされた林が見えてきました。

幻想的ですね。

そして、十字架が見えてきました。

水の中にひっそりと佇んでいるかのようです。

水面に映し出された十字架がまたいいですね。

神聖な雰囲気を感じます。

教会の中に通じる階段を上がって行きます。

美しい建築です。

とても教会だとは思えませんね。

そして、階段を登り切ったら今度は、下へ降りて行きます。

十字架とご対面です。

まるで別世界にいるような感覚に陥ってしまうほど、幻想的な空間です。

この十字架の手前に、十字にデザインされたガラス張りのドアが一定の感覚で、

横にスライドしながら閉じたり開いたりしています。

↑ガラスの扉が閉まっている時の様子

閉館時間になったので、退室して、本日は大浴場に行って締めたいと思います。

大浴場へ

大浴場へ行くには、このミナミビーチを通り抜けていく必要があります。

夜はもう閉園していますが、ビーチにいるかのような雰囲気を味わえる場所です。

室内も、とても暖かくここのプールサイドでゆっくりしたいですね。

大浴場は露天風呂が圧倒的に良かったです。

コンクリート建築されたモダンな露天風呂で、目の前には草原と林が広がり、ライトアップされています。

また夜空も星が満点で、本当に素晴らしいお風呂でした。

浴槽も浴槽の床からのほのかな幻想的なブルーライトで照らされいる程度で、薄暗いので、星をしっかりと眺めることができました。

サプライズの花火が!

さて、明日は雲海テラスへ行く予定です。

朝4時起きなのでもう眠りたいと思います。

と思いきや、カーテンの向こう側から、何やら激しい音がします。

カーテンを開けてみると、その正体は打ち上げ花火。

さて、眠りたいと思います。

おやすみなさい