カテゴリー
TRIPLOG

北海道 /Day3 / 雲海テラス → 豊平館

Today’s Plan

  1. トマムの雲海テラスへ
  2. 回転寿し トリトン円山店 でランチ
  3. 豊平館

AM4:00 – ロープウェイで雲海テラスを目ざす

本日のメインは雲海テラス。

雑誌やテレビなどで何度も取り上げられた観光地です。

あたり一面に雲が広がる雲海を同じ目線で眺めることができる幻想的な場所。

ということで、なんとかAM4時に起床することができました。

雲海テラスがある山頂まではロープウェイで行きます。こんなに早朝なのに、ロープウェイ乗り場には人が溢れています。。。

それでは行ってきます!

ロープウェイで登っている最中に、あたりはどんどん明るくなってきました。

山頂で日の出を見たいので、なんとか間に合わせたい。

山頂に到着です。

そして、なんとか日の出に間に合いました。

実は、ゴンドラのチケットの中心部分が雲の形で透明なフィルムが貼られていて、その中心に日の出を入れて記念写真を撮るように設計されています。

素晴らしい演出ですね。

そして、肝心の雲海テラスですが、、、、

本日はかなりの晴天になっているため、、、雲が一切現れることがなく、、、ただただ山頂で日の出を見る形となりました。。。

本来なら↓のテラスのあたり一面に雲海が広がり、幻想的な体験をする予定でした。

が、気を取り直して、山頂を散策したいと思います。

段々と陽が高くなり、美しい高原が見えてきました。

すごい吊り橋。

雲海が出ていたら、雲の中をこの橋を使って渡れていたんですね。。。

これもまたすごいですね。網状になっているネット上で子供達が遊んでいます。

ここが雲海バー。

雲海を目下に楽しめる場所です。

ひとしきり雲海テラスを楽しんだ後は、朝食です。

ホテルに戻ってきました。

めちゃくちゃお腹減った。

トマムリゾートの朝食は、朝食チケットを使って、広い敷地の中に点在する様々なレストランで撮ることができます。

朝食は「つきの」というカフェバーでいただくことにしました。

ここでは、美味しいサラダやフルーツのプレートと、焼き立てのパンケーキをいただくことができます。

フレッシュなドリンクバーもあります。

お腹もいっぱいになり、これからホテルをチェックアウトして、札幌に戻りたいと思います。

次回は、新しい宿泊棟で2泊はしたいですね。

最後にいろんな角度からパシャリ。さようなら。

回転寿し トリトン円山店 でランチ

札幌に戻ってきました。

ランチは、札幌に住んでいる知人から教えてもらった「回転寿し トリトン」。

僕の中では、「札幌といえば回転寿司!」と行っていいくらい、回転寿司が絶品なんです。

しかも価格は大袈裟にうと、東京の2分の一以下でいただけます。

ネタの鮮度、脂の乗り方、身の引き締まり方、豊満な身、どれをとってもピカイチ。

本当に回転寿司ですか?といううまさでした。

国の重要文化財「豊平館」へ

お次は豊平館へ参りたいと思います。

豊平館は、中島公園という公園内にあり、中島公園へは札幌駅から地下鉄で10分程度で行くことができます。

最寄り駅:南北線「中島公園」「幌平橋」

中島公園内にある池。

この日は風がなく、水面に緑と空が綺麗に反射して美しかったです。

豊平館に到着。

美しい佇まい。

綺麗な淡い青色と黄色のバランスがいい。

この淡い青色はウルトラマリン・ブルーと言われ、当時はとても高貴な色とされていました。

この豊平館は、北海道の開拓時代に開拓使が、開拓使直営の洋風ホテルとして1880に建設したのが始まり。

現在ある木造建築のホテルの中では最古の建物とされています。

明治、大正、昭和、それぞれの時代の天皇が訪れた場所として有名。

それでは、入園料を払い中へ入っていきます。

美しい曲線を描いた階段が出迎えてくれます。

赤色の絨毯が美しく、空間の中で一際際立っていますね。

窓から中島公園を公園を眺めていると当時にタイムスリップしたのかのような感覚に。

合成なシャンデリアです。

このシャンデリアは建設当初から今まで、ずっと使用されてきた歴史あるアンティークです。

内観は、赤を基調としたインテリアデザインになっていて、部屋の中に入ると、その存在感に引き込まれてしまいそうな感覚になります。

淡いブルーと白を基調とした外観と全く違う印象で、そのコントラストが面白いですね。

これで、今回の北海道の旅は終了。

今回も、北海道を本当に満喫することができました。

新千歳空港へは札幌から1時間程度で、本当にアクセスが楽です。

さて、空港のラウンジで少し仕事をして、フライトへ。

カテゴリー
TRIPLOG

北海道 / Day2 / 美瑛町 青い池 → 白ひげの滝 → 星野リゾート トマム → 水の教会

Today,s Plan

  1. 美瑛 青い池
  2. 美瑛 白髭の滝
  3. トマムリゾートへ

ホテルをチェックアウトして、今日はトマムリゾートへ向かいたいと思います。

その道中にある美瑛の青い池に寄るので、それも楽しみです。

豊かなら大自然の中をドライブ

札幌から車を1時間程度走らせると、大都会の雰囲気から一気に大自然の風景に変わります。

豊かな青々とした緑、木々を味わうことができます。

激しい濁流音がする川を発見

休憩所のような場所を発見したので、そこで車を停めて休憩をすることにしました。

すると、林の向こう側から何やら激しい濁流音が聞こえてきたので、行ってみることに。

そのおとの正体はこれでした。

とんでもなく激しい川が流れていたのです。

昨日の雨が降ったのか、川の水は濁っています。

圧倒的な大自然です。

この皮の上にかかっている向こう側の獣の道に続く橋全体には水溜りができていて、そこに反射する空や山々が美しいです。

思わぬ風景との出会いにテンションが上がりました。

日本で最も美しい村「美瑛町の青い池」

本日のメインである青い池には、この池から20分程度で到着。

青い池は「日本で最も美しい村連合」に加盟している美瑛町の中にあります。

駐車場が完備されており、お土産やさんも充実していて、観光地としてかなり整備されて驚きました。

大自然の中を歩いてたどり着くことを想定していたので、少し拍子抜けです。

入場は無料で青い池は駐車場に隣接していました。 

念願の青い池。

今日は、あいにくの曇りでしたが、晴れている日は、この池が絵の具をたらしたかのような鮮やかな濃いブルーになります。

なぜブルーになるのかというと、ここに流れ込んでくる水にアルミニウムが含まれており、その水と混じり合うことでコロイドという物質が発生します。

このコロイドと太陽の光がぶつかり合うことで、美しい青色が生まれるんです。

いや、美しいですね。

おそらく寿命を終えたであろう木々が池の中に佇んでいます。

青いいけの周りをぐるっと回ることができ、10分程度見ることができます。

白ひげの滝

この近くに「白ひげの滝」という観光スポットがあるようなので、そちらも訪れることにしました。

車で10分程度離れたところにあります。

この橋の上から下を見下ろすと、そこに白ひげの滝があります。

すごいですね。

ここに川水も青いです。

迫力があることはもちろん、見ていて美しくもあります。

先程の青い池の水は、この滝から流れてきています。

星野リゾート トマムへ

美瑛町を堪能した後は、星野リゾートへ向かいます。

星野リゾートに宿泊するのは初めてなので、とてもテンションが上がります。

まずは星野リゾート トマムを散策

星野リゾートに到着。

まずはチェックインを済ませて、部屋に荷物を置きます。

フロントの横には、↑雰囲気が良いテラスがありました。

夏場の朝や夜だったら、ここにずっといたら気持ちいいでしょうね。

部屋はこんな感じでした。

思ったよりもしょぼいというか古い。。。

星野リゾートはホテル塔が2つあり、どうやら新しいタワーと古いタワーがあるようで、今回宿泊したのは古いタワーのようでした。。。

しっかりと下調べをしておけばよかった。。

さて、気を取り直して、ホテル散策をしたいと思います。

広大なエリア

この星野リゾート敷地内は、驚くほど広大です。

敷地内をバスで移動するほど、広く1日で歩き回るのは辛いですね。

このホテルのすごいところは、森の中全体をガラス張りの通路が張り巡らされていて、外に出なくても森の中を移動することができる点です。

確かに冬場の北海道は、異常なくらい寒いので、この通路があれば、大自然の中を心地よく散策することができますね。

この通路を歩いていると、時折現れてくる優しい光に照らされた施設が美しいですね。

肉ビュッフェを食する

この森の中の所々にレストランがあり、どこからのレストランで夕食を取ることになります。

森の中の通路を歩いていると、肉ビュッフェをやっているレストランを発見したので、ここで夕食を取ることにしました。

水の教会へ

ご飯を食べ終わった後は、水の教会を目指します。

この水の教会はアート雑誌から、カルチャー雑誌、結婚式雑誌でよく取り上げられている建築です。

安藤忠雄が設計をしているこの教会シリーズは、全部で3部作あります。

トマムリゾート内にある水の教会、大阪にある光の教会、神戸にある風の教会です。

大阪の光の教会は行ったことがあるので、これで2つ目を制覇です。

この水の教科は季節や、その日によって見学できる時間が変わりますので、見学時間は必ずチェックしておきましょう。

「入り口の看板には、星あかりと冴わたる闇の空間」と書かれています。

想像を掻き立てる文章ですね。

このみちを歩いて行きます。

満点の星空です。

晴れていてよかったなぁ。

建物の敷地に入る入り口から、ライトアップされた林が見えてきました。

幻想的ですね。

そして、十字架が見えてきました。

水の中にひっそりと佇んでいるかのようです。

水面に映し出された十字架がまたいいですね。

神聖な雰囲気を感じます。

教会の中に通じる階段を上がって行きます。

美しい建築です。

とても教会だとは思えませんね。

そして、階段を登り切ったら今度は、下へ降りて行きます。

十字架とご対面です。

まるで別世界にいるような感覚に陥ってしまうほど、幻想的な空間です。

この十字架の手前に、十字にデザインされたガラス張りのドアが一定の感覚で、

横にスライドしながら閉じたり開いたりしています。

↑ガラスの扉が閉まっている時の様子

閉館時間になったので、退室して、本日は大浴場に行って締めたいと思います。

大浴場へ

大浴場へ行くには、このミナミビーチを通り抜けていく必要があります。

夜はもう閉園していますが、ビーチにいるかのような雰囲気を味わえる場所です。

室内も、とても暖かくここのプールサイドでゆっくりしたいですね。

大浴場は露天風呂が圧倒的に良かったです。

コンクリート建築されたモダンな露天風呂で、目の前には草原と林が広がり、ライトアップされています。

また夜空も星が満点で、本当に素晴らしいお風呂でした。

浴槽も浴槽の床からのほのかな幻想的なブルーライトで照らされいる程度で、薄暗いので、星をしっかりと眺めることができました。

サプライズの花火が!

さて、明日は雲海テラスへ行く予定です。

朝4時起きなのでもう眠りたいと思います。

と思いきや、カーテンの向こう側から、何やら激しい音がします。

カーテンを開けてみると、その正体は打ち上げ花火。

さて、眠りたいと思います。

おやすみなさい

カテゴリー
TRIPLOG

北海道 / Day1 / 千歳空港 → 根室花まる → ホテル JAL CITY 中島公園

今回の北海道旅行は3泊4日。

4日間の日程

  • 1日目:夜に札幌に到着
  • 2日目:美瑛の青い池 → 星野リゾート トマム → 水野教会
  • 3日目:雲海テラス → 札幌へ
  • 4日目:昼のフライトで東京へ

Today’s Plan

  1. 羽田空港のラウンジで仕事
  2. 札幌に到着
  3. 根室花まるで夕食
  4. ホテルJAL CITY 中島公園にチェックイン

空港ランジで出発までお仕事

今回の旅の一番の目玉は星野リゾート トマムでの雲海テラス、そして水の教会。

雲海テラスが見られるといいなぁ。

さて、旅行のいつものルーティンで、早めに空港に到着してカードランジで仕事をします。

静かでゆったりとした場所で、仕事をする一時は本当に幸せですね。

札幌に着いたら、まずは根室花まるへ

札幌に来ると、まず必ず訪れるのが、回転寿司根室花まる。

回転寿司だと思って甘く見ると後悔します。

冗談抜きで、東京のそこそこ高いお店で食べるのと同じくらい美味しいです。

ネタの鮮度、脂の乗り方、身の引き締まり具合、濃厚さにびっくりします。

それでいて、超破格。

僕の場合、ビールをいっぱい飲んでも2000円行くか行かないくらいでいつも食べられます。

なので、いつも行列です。

ホテルを物色!ホテルJAL CITY 中島公園にチェックイン

今回宿泊するホテルは、札幌から少しだけ外れたところにあります。

なので、札幌駅から10分ほど地下鉄にのって中島公園へ向かいます。

ですが、その分価格もかなり安く、ホテルもかなり新しく部屋もゆったりと作られているので、おすすめです。

↓3日、際チェックインした際に、撮影した写真も含まれています。

広々とした玄関。

かなりゆったり目のツインルーム。いいですね。

各ベットに枕が2つ、クッションが一つ用意されています。

枕の数で、ベットでの居心地がグンと上がるので、枕の数ってかなり大切ですよね。

水も無料でついています。

窓際にはソファーが。

トイレとお風呂は別れていて、洗面台も広々としていて綺麗です。

お風呂も綺麗で、広々としていてスタイリッシュですね。

朝風呂も入ること確定です。

何やら黒い箱が!

開けてみるとNSPRESSOでした。

至れり尽くせりですね。

大浴場横には、専用のラウンジが!

このホテルは大浴場もついていて、大浴場専用のラウンジもあります。

お風呂上がりにここで一息つきながら、撮影した写真を振り返るのもいいですよね。

ここで、体を少し冷ましてから部屋に戻りたいと思います。

1日目が終了。

お寿司も美味しかったし、ホテルもかなり気に入り、まずまずの1日目でした。

カテゴリー
未分類

朝から優雅な時間に浸かる『COURTYARD BY MARRIOTT』ラウンジ・オアシス

朝から優雅な時間に浸かる『COURTYARD BY MARRIOTT』ラウンジ・オアシス

汐留寄りの銀座にあるホテルCOURTYARD by MARRIOTT。

朝一番に仕事を済ませるためにたまに使用させてもらう場所。

スペースはそこまで広くありませんが、一階の入り口付近にあり、さっと入りやすくとても過ごしやすいい場所です。

旅行客の方やビジネスメーティンングで使われており、パソコンを開けて作業をしていても周囲から浮いてしまうこともありません。

参考価格
・アイスコーヒー 1000円
・テーブルチャージ 10%

 

Shop Information

・ 営業時間:10:00~20:00 無休

・住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-14-101F

・TEL:TEL 03-3546-0111

・Wi-Fi・コンセント利用可能

・禁煙

カテゴリー
未分類

朝から優雅な時間に浸かる『COURTYARD BY MARRIOTT』ラウンジ・オアシス

朝から優雅な時間に浸かる『COURTYARD BY MARRIOTT』ラウンジ・オアシス

汐留寄りの銀座にあるホテルCOURTYARD by MARRIOTT。

朝一番に仕事を済ませるためにたまに使用させてもらう場所。

スペースはそこまで広くありませんが、一階の入り口付近にあり、さっと入りやすくとても過ごしやすいい場所です。

旅行客の方やビジネスメーティンングで使われており、パソコンを開けて作業をしていても周囲から浮いてしまうこともありません。

参考価格
・アイスコーヒー 1000円
・テーブルチャージ 10%

 

Shop Information

・ 営業時間:10:00~20:00 無休

・住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-14-101F

・TEL:TEL 03-3546-0111

・Wi-Fi・コンセント利用可能

・禁煙

カテゴリー
外で仕事

優雅にくつろげる「働く」専用のラウンジ『Basis Point』

新橋駅から徒歩1分のところにある、月額契約なしでぷらっと入れるワークステーション専用ラウンジ。

とても落ち着いて、静かに作業に集中できる。

最初の34分は、200円

その後は15分ごとに追加で200円ずつ加算されていきますが、

3時間を超えるとそれ以降は料金は追加されない。

1日使ったとしても最大で2400でこの快適空間を使える。

ドリンクバーは無料で使えますが、ドリップコーヒーは1杯50円となっています。

<1DAY PLAN>

・weekday:8:00 – 22:00

・holiday:10:00 – 22:00

・最初の30分:¥200

・15分ごとに:¥200追加

・1日最大2400円で使いたい放題

静かな朝の優雅な時間をここで迎える

このようにおついたホテルラウンジを気兼ねなく使える時間は大抵、ランチの後くらいですが、ここは朝の8時からオープンしています。

ですので、朝、集中モードに入りたい人、朝に仕事を終わらせてしまいたい人。

騒がしくない場所でゆったりと1日を迎えたい人にはオススメ。

朝のみの月額プランも用意されており、月額6800円で使えます。

<MORNING PLAN>

・weekday:8:00 – 12:00

・holiday:10:00 – 12:00

・月額6800円