カテゴリー
TRIPLOG

沖縄 DAY4 / プライベートビーチとリゾートプールを満喫

どうも、TSUKURUです。

いよいよ沖縄最終日。

最終日は、ホテルを満喫しながらゆっくりと過ごすことに。

目覚めてすぐに目の前にビーチが広がる朝は、本当に気持ちいいです。

朝食は、和食をいただきました。

午前中はプライベートビーチを満喫

午前中はプライベートビーチで泳ぐことにしました。

プライベートビーチの良いところは、基本的には宿泊者しかいないので、ビーチにモノを置いておいても、何も撮られる心配をせずに安心して遊べる点です。

ただし、↓の青い浮具の範囲内でしか遊べません。

ところが、、、急に曇りはじめ、せっかくの青い海を楽しめなくなってしまいました。

海の向こう側に分厚い雨雲が控えています。

おそらくこっちに向かってきますね、、、笑泣

チェックアウト後はリゾートプールへ

11時にチェックアウトを済ませて、ここからは、プライベートプールを満喫したいと思います。

「どこのプールで過ごそうか」と広大なプールを散策しすることに。

リゾートホテルでは少々高くてもサマーベットをレンタルしよう

一通り歩いた後、インフィニティープールが一番良いということに、ここに決めました。

南国リゾートを味わうために、サマーベットをレンタルしました。

この梅雨明けシーズンは3000円て借りますが、ハイシーズンは5000円になるようです。

サマーベットに寝転んでいるのがあまりにも気持ち良すぎて、、

今になって、もっとプールで遊んでおけば良かったと後悔を感じ始めました。

サマーベットに寝転びながら見える風景。

気がつくと2時間経ってます。。。早すぎ。

この後、那覇市の免税店Tギャラリアに向かうため、「いつまでもここにいたい」という気持ちを抑え、ホテルをホテルを経つことにしました。

免税店は大体定価の20%オフ

搭乗の2時間前にTギャラリアにつき、急いで様々なブランドを物色しましたが、お目当てのカバンがないので、諦めることに。

Tギャラリアは、国内で唯一、日本にいながら免税品を購入できる巨大モールで、だいたい価格は20%程度安くなっています。

ただし、Louis Vuitton、Chanel、Rimowaは、割引されておらず通常価格で販売されています。

にもかかわらず、なぜかLouis VuittonとChanelは入場制限がかかるほど大人気でしたね。

これで、沖縄でやりたかったこと全てが終わり、、、安心して東京へ帰れます。

また、2、3ヶ月後にも沖縄にきたいと思います。

次は石垣島でしょうかね。

カテゴリー
TRIPLOG

沖縄 / DAY3 / 古宇利島〜ター滝

沖縄の3日目もなんとか晴れてくれました。

→1日目:沖縄 DAY1 / ホテルモントレへ

→2日目:沖縄 DAY2 / 渡嘉敷島へ

そして、3日目は古宇利島、そして、ター滝です。

準備をしていざ出発

天気予報は曇りでしたが、晴天とまでは行きませんが、そこそこ晴れてくれて良かったです。

今日の予定は、古宇利島に訪れた後、名護にある名護中央公園 天上展望台に訪れます。

(後ほど予定を急遽変更して、ター滝に向かうことになりました)

ホテルで朝食をとって出かける準備を整えスタートです。

車で移動ですが、運転はパートナーにお願いして、僕はパソコンで仕事を開始。

仕事で使うメインコンピューターは、MacBook Pro 16 のフルスペックverです。

16インチのMac、大きくて扱いが大変そうだなと心配していたのですが、買った今ではむしろ16インチで良かったと心から感じています。

乗り物で移動している最中、膝の上にパソコンを置いてよく作業をしていますが、膝の上での安定感が抜群でまるでデスクの上で作業をしているような快適さを得られる点と、

画面が大きく、視点が高くなり猫背のように背中や首をまげて作業をしなくて済むため、かなり重宝しています。

さて呼応離島までやく1時間、ゆったりとむかすことにします。

古宇利島(こうりじま)

古宇利島は沖縄の中で最もアクセスが簡単なエメラルドグリーンの海を満喫できる場所。

通常、離島へは、飛行機かフェリーでの移動となりますが、古宇利島まで橋がかかっているため車で行けてしまいます。

古くから「恋の島」や「神の島」であるといわれており、パワースポットとしても人気の場所で、初めて沖縄に訪れたら、まずはとりあえず訪れてみてください。

古宇利島へ渡る前から絶景ポイントがあります

恩納村から1時間ほど車を走らせると、古宇利島が見えてきます。

古宇利島は、橋を渡る前、そして渡っている最中の景色がとても美しく、橋の左右には真っ青な海が広がっています。

海が見えてきました。

橋からは両サイドに綺麗な澄み渡る青い海が見えてきます。

そして橋を渡りきったら、駐車場が見えてきますが、そのまま駐車場をすぎて山を登っていきます。

実は少し山を登っていくといくつもの絶景スポットと出会えます。

青い海の中にそびえる橋の様子がなんとも言えませんね。

BLUE SEALを食べるのを忘れずに

さて、人撮り撮影を終えて、無料の駐車場に停めて、ビーチに向かうのですが、、、

その前に、古宇利島にきたら、絶対に食べて欲しいものがあります。

それはBLUE SEALアイス。

BLUE SEAL の歴史は古く、1949年にアメリカで生まれたアイス専門店ですが、沖縄の米軍基地の中に設立され、そこからジワジワと広まっていきました。

オススメは、断然ココナッツ味です。

いい具合のとろみと爽やかなシャーベット感が混じり合っていて、暑い真夏でも寒い冬でも美味しくいただけます。

さて、アイスを食べながら、ビーチへ行って少しの間ゆっくりとしたいと思います。

展望台に向かうはずでしたが、、

古宇利島の後は、名護中央公園 天上展望台に向かう予定でしたが、山道を登っていくほどに、どんどん道が細くなり、車とすれ違うと危ないということになり断念することに、、、普段、車に乗る習慣が無いので、こういう時弱いですね。

そこで急遽、別の訪れる場所をスマホで探します。

面白そうなスポットが見つかりました。

『ター滝』です。

実は、このター滝、前から行ってみたいスポットでしたが、このスポットの名前がわからずに調べることができず、いくことができませんでした。

アナザースカイのでラグビーの日本代表田村優選手が訪れているのをみて、ずっと行きたいと思っていたんですね。

ター滝の見所はター滝にあらず

ター滝のポイントは滝ではありません。

滝に向かうまでの道中が、とても面白いんです。

浅瀬の川の中に足をつけて、時には崖のような場所を登りながら目的地を目指していきます。

楽しみです。

ターたきの専用駐車場に

ター滝自体は無料で遊べますが、ちゅうしゃじょが有料となっています。

ただ、僕たちは、4時間ほど遊んで、550円程度だったのでかなり安いですよね。

探検開始

入り口に到着。探検スタートです。

崖や飛び込めるスポットなど、時には険しい道もありながら、向かっていきます。

ター滝到着

30分〜40分ほど歩いていくと滝に到着します。

癒されます。この滝の周りにずっと入れます。

ここで泳ぎながら写真や動画撮影なんかも楽しみました。

編集するのがとても楽しみですね。

今晩は焼肉

1時間程度で帰ってくるつもりが結局、4時間ほど滞在することになりました。

それほど夢中になって遊べたということですね。

時間は18時頃なので、「夜ご飯は何を食べようか」と相談しながらホテルに帰ります。

スマホで探すと、美味しそうな焼肉屋さんが出てきますが、定休日だったり、予約で満席なため、なかなかいい焼肉屋さんに出会えません。

そんな中で見つけたおがこちらのお店。ぎゅうとん合戦

牛一頭を丸々買い付けているようで、精肉店を併設している焼肉屋さんです。

ホテルから車で7分ということもあり、このお店に決定。

電話で予約をして向かいます。

お肉がやってきました。

とてもうまそうで、期待大。

いざ食べてみると、ビジュアルでハードルをあげすぎたのか、まぁ普通の美味しさでした。。。

美味しいのですが、無駄に機体を上げすぎたようです。

そんな感じで、今日の行定もなんとか終了して、後はホテルでお酒を飲みながらゆっくりと過ごすのみ。

カテゴリー
TRIPLOG

沖縄 DAY2 / 渡嘉敷島へ

2020年の6月の沖縄旅行の2日目。

1日目はこちらより→ 沖縄 DAY1 / ホテルモントレーへ

渡嘉敷島

慶良間諸諸島の島の一つ。

慶良間諸島は、那覇からフェリーで30-60分でいけるにも関わらず、絶景を堪能できるスポットです。

慶良間ブルーと言われる海は、沖縄だけでなく世界レベルで綺麗な様々な青色の海を見ることができます。

水の透明度でいえば、圧倒的に水納島が素晴らしいですが、海の青さでいえば、渡嘉敷島は郡を抜いて素晴らしいです。

朝10:20発のフェリーに向けて

このシーズンは、午前に2本、午後に2本しかフェリーがでていないようで、乗り遅れるとまずいので6時起きに。

出掛ける支度を整え、、、

撮影機材だらけですね、、、

まずは、ホテルで朝食を。

ホテル朝食は毎回ワクワクが止まりませんね。笑

ホテルモントレ沖縄の朝食は洋食だけでなく、沖縄料理も充実していました。

本格ソーキそばやチャンプル料理、ジーマミー豆腐などを楽しむこともできます。

コロナ 対策として、手指消毒やブッフェで食事を取る時は手袋を着用するなど、安心できる対策がなされていました。

車で泊港へ

フェリーは、那覇の泊港という港から出ています。

乗船して向かいます。

フェリーの中は、こんな感じ。

めちゃくちゃ波が高く船が揺れまくりです。

船酔い必至なので、パソコン業務は途中でやめて、上を向いて眠ることに。

渡嘉敷島へ到着

渡嘉敷島が見えてきました。港が出迎えてくれます。

渡嘉敷島はアップダウンが激しいと聞いていたので、渡嘉敷島でもレンタカーを借りることに。

港から5分程度歩いたところに「かりゆしレンタサービス渡嘉敷島」というレンタカー屋さんがあったので、ここでレンタカーを借りることに。

店員さんの態度かど正直微妙かもしれません。

次は、この隣にあるクジラレンタカーにしようかと思います。

ただ、一つのビーチでゆっくりとすごきたいかたは、ツアーで行った方が安くなります。フェリー往復、ランチ、ビーチパラソル、ビーチチェアレンタルも込みなので、ぜひ検討してみてください。

まずは阿波連ビーチへ

まずは、渡嘉敷島一番のスポット、阿波連ビーチです。

レンタカーでドライブしていると、早速海を見下ろせる展望台がありました。

目的地の絶景ビーチではありませんが、この海の青さ、スゴイですよね。

さて、目的地の阿波連ビーチに到着です。

ビーチに向かう途中、すでに青い海が見えてきてますが、、、すでに美しいです。

濃い青、薄い青、様々な青色が混じり合い美しいコントラストを生み出してます。

渡嘉敷ビーチ

次は、渡嘉敷ビーチ。

こちらも阿波連ビーチに負けない素晴らしい青。

フェリーの時間まで SEA FRIEND CAFEヘ

6月にも関わらず、沖縄は32度あり、5分歩いているだけでも疲れるレベルで、ヘトヘトになってしまったので、フェリーの時間までカフェで休むことに。

港の2階に「 SEA FRIEND CAFE」というカフェがあり、そこで一休み。

カフェラテが体に染みます。。。

本島へ帰還

16:00のフェリーで本島へ帰還。

恩納村のホテルへ戻る前に那覇でソーキソバを食べてから変えることにしました。

しかし、、、

一番行きたかった「けんぱーのすばやー」。
は何故か閉まっており、、、
第2候補の「浜屋」も営業時間外、、、

そこで、急遽検索して美味しそうなソーキソバを探すことに。

屋台そば駅前店なかむら屋

そしてかなりディープな、ソーキ蕎麦屋を発見。

その名も「屋台そば駅前店なかむら屋」。

24時間営業の安里駅の前にある、怪しい外観のお店ですが、、、

ソーキが2枚重ねで入っていて、ボリューミーで麺が隠れるほどの量が入っていてびっくりました。

出汁も胃に優しい癒される味です。

沖縄に来た際は必ずリピートしたくなる素晴らしいお店でした。

完食した後は、ホテルでゆっくりと夜を満喫したいと思います。

カテゴリー
TRIPLOG

沖縄 / DAY1 / ホテルモントレーへ

今年初の沖縄へ。

新型コロナウィルスの影響もあり、ずっと旅行はセーブしながら過ごしていましたが、遂に他県への移動が解除され早速沖縄へ行ってきました。

羽田から那覇空港へ

羽田から10:20分の便で出発。

南国へ行くときは、飛行機に乗った時点からワクワクしますね。

上空から見える沖縄はとても綺麗。

空港食堂で絶品ソーキそば

空港へついたら、よくすぐに向かうのが「空港食堂」。

ただの定食屋さんのようにも見えてしまいすが、多くの沖縄通ファンを抱えるお店です。

到着口をでて、右の方にずっーっと歩いていくと端にあります。

オススメは、ソーキそば。

程よい濃さの出汁が素晴らしいです。

ABCレンタカーで車を借りていざ出発

今回はABCレンタカーというレンタカー屋さんで、車を借りました。

そしていざ出発。

初日は特に予定なし。

明日の渡嘉敷島に備えて、ホテルでゆるりと過ごすことにしました。

ホテルモントレー那覇

今回宿泊するホテル、ホテルモントレー那覇。

リゾートホテル 恩納村にあるホテルで、海沿いに位置するホテル。

プライベートビーチ、ラグジュアリー感あふれるインフィニティープール、そしてアクティビティ用のプール、屋内プールなど、共有施設がかなり充実しています。

部屋はカジュアルな南国リゾートといった雰囲気で、滞在するだけで癒される空間でした。

夜ご飯は定番の三線の花

一通り散策を終えたら、晩ご飯へ。

恩納村に来たら、毎回訪れてしまう沖縄の居酒屋さんですね。

恩納村の居酒屋の中ではずば抜けて美味しいです。

オススメは、お刺身の盛り合わせは毎回必ず頼みます。

カテゴリー
GoPro

GoProバッテリーの撮影時間

1つのバッテリーの撮影時間

撮影設定バッテリーの持ち時間
4K / 60fps47 分
4K / 30fps74 分
2.7K / 120fps45分
2.7K / 60fps70 分
1440p / 120fps65 分
1440p / 60fps77 分
1080p / 120fps50分
1080p / 60fps81 分
カテゴリー
未分類

あなたのロードバイクに最適なiPhoneホルダーを見つけよう!オススメ5選

今や旅に欠かせないiPhone

iPhone一台あれば、どんなことだってできる時代です。

もちろん、それに比例して自転車の旅もiPhoneがあれば随分と快適になります。
学生の頃、自転車で旅に出たことがありましたが、もちろんスマートフォンがない時代なので、書店で地図本を購入して地図と現在地を照らし合わせながら、試行錯誤しながら旅をしていたのを思い出します。
予めルートを綿密に調べて、迷う度にカバンから地図を取り出しては、実際の風景と地図を照らし合わせながら、進んでいかなければなりません。
それが今や、iPhone一台あれば、ルート検索や案内は全てiPhoneがやってくれるので、とても気軽に気楽に旅に出られるようになりました。
そこで今回は、ロードバイクにiPhoneを取り付けて快適に旅を楽しむためのiPhoneホルダーについて紹介したいと思います。

iPhone ホルダーと一緒に活用したい4ツール

ツール1:モバイルバッテリーを装着

iPhoneホルダーと一緒に使いたいのがモバイルバッテリー。
当然ですがiPhoneの地図アプリをずっと使用し続けると、バッテリーの消費スピードがえげつないです。。
さらに、音楽を聞いたりすると、どんどんバッテリーを消費していきます。
なので、ベストは常に給電しながら走行することです。
そこで使えるのがバッテリーホルダーです。
以下のようなゴムバンドを使ってハンドルにモバイルバッテリーを取り付けることで、給電しながらサイクリングを楽しむことが可能です。
◆ 固定用シリコンバンド2個セット 懐中電灯を自転車用ライトに ホルダー アウトドア サイクリング 便利グッズ

→Amazonで詳細をチェック

◆オススメモバイルバッテリー:Anker PowerCore 5000 (5000mAh 最小最軽量 スティック型 モバイルバッテリー)

→Amazonで詳細をチェック

ツール2:NAVITIMEの「自転車」アプリとの合わせ技は最強

サッと下を見えるだけで、目的地へと続く道のりをサッと確認できるのはかなりありがたいですよね。
僕的にオススメなのは、NAVIT TIMEの「自転車」アプリとの合わせ技です。
この自転車アプリを使うと、サイクリングの面白さがグンと増します。
自転車の移動経路をマッピングできるので、後から自分が通ってきたサイクリングロードを復讐することができたり、
ルート検索の際に、様々なモードで検索することができます。
その中でも個人的に気に入っているのが、「自転車専用道路」があるルートで検索することができる点です。
自転車専用道路がある方が、当然ですがスピードを出して突き進むことができます。

急な路線変更なども簡単

そして、自転車のハンドル部分に設置しておくことで急な経路変更も、すぐにその場でサッと行えるので便利です。

ツール3:ワイヤレスイヤホンとの合わせ技でさらに便利に

iPhoneを自転車に取り付けるなら、ぜひ一緒に活用したいのがワイヤレスイヤフォンです。
このワイヤレスイヤフォンがあるだけで、サイクリング中の快適さがグンと増します。

安全性を確保

まずは、安全性。ケーブル有りのイヤフォンをiPhoneにさして、走行しながら音楽を聞くことはもちろん可能ですが、走行中に、ケーブルが手に引っかかったりすると、かなり危険です。それでバランスやハンドルミスが起きてしまうので、ワイヤレスが断然おすすめです。

聞いている音楽をサッと変えられる

聞いている音楽をサッと変えられるのも魅力です。
ワイヤレスイヤホン側で曲を変えてもいいですし、赤信号の際に、iPhoneを操作して聴きたい音楽やプレイリストを変えるのも有りです。

電話にすぐに対応できる

また、電話がかかってきたとき、一眼でだれから電話がかかってきたのかがわかるのは便利ですね。
今電話に出たくない場合、どうしても電話に出る必要がある場合などを画面ですぐに確認でき、必要であれば、そのまま通話ボタンをタップするだけで、ワイヤレスイヤフォンで話すことができます。

ツール4:食べログの有料版

食べログとの合わせ技も最強です。

ツーリング途中に、予想以上に体力を消耗してしまい休憩したいと思ったとき、「食べログ」はとても使えます。
旅でせっかく知らない土地に訪れているのだから、どうせならその土地ならではの美味しいものでお腹を満たせるといいですよね。
そんなとき、食べログの有料版であれば、たった数分で絶対に失敗しないその土地ならではのお店を探すことができます。
有料版であれば、近辺のレストランをランキング形式で教えてくれるので、高確率で美味しいレストランにたどり着けます。
もちろん、地元の人しか知らない隠れ家的お店などもあると思いますが、何しろツーリング途中なんで、リサーチしている時間はありません。
「たった数分」でたどり着けることがミソですね。

失敗しないロードバイク専用のiPhoneホルダーを選ぶためのチェックポイント

1.スマホのサイズをチェック!

まず絶対に失敗できないのがサイズです。
一口にiPhoneと言っても、じつに様々なサイズがあります。

  • iPhone SE 2
  • iPhone Pro
  • iPhone Pro Max

などシリーズによって大きさが異なります。
これらのサイズとしっかりと合致したホルダーを選ぶ必要があります。
なぜなら、iPhoneのサイズが大きすぎてホルダーに入らない場合があったり、反対にスマホホルダーのサイズが大きすぎてブカブカになってしまうと、走行中にiPhoneが動いて傷つく場合があるからです。

2.ロードバイクのハンドルの幅を確認しよう

次にハンドルの幅を確認しましょう。
iPhoneホルダーをハンドルに装着する箇所のサイズと、ハンドルの幅が合わなければ、当然ですが、取り付けることができません。
購入前に必ず確認するようにしましょう。

3.ハンドルへの固定はベルトタイプ?クリップタイプ?

ロードバイク への装着方法は主に2つあります。

ベルトタイプ

一つ目は、ハンドルにベルトを巻きつけるタイプです。

メリット

どんなハンドルの太さであっても柔軟に対応できる点です。
また、ハンドル以外の部分であってもポール部分であれば取り付けることが可能です。

デメリット

素材がナイロン性のマジックテープであることが多いので、耐久性や作りが弱い傾向があります。

クリップタイプ

2つ目は、クリップタイプ。

ハンドルに挟むようにして取り付けます。

メリット

中には金属製のものや、壊れにくく軽いABSというプラスチックを使った製品が多く耐久性がありますし、ベルトタイプよりもしっかりと固定することができます。

デメリット

ハンドルに取り付けるクリップ部分のサイズを、ベルトタイプのように、柔軟に変えられないので、しっかりとしたサイズ確認が必要。

さらに快適な走行を実現するためのチェックポイント

1. 防水性もあると安心

お使いのiPhoneが防水でない場合、iPhoneを雨から守ってくれるiPhoneホルダーを選ぶのも良いでしょう。
ただし、操作性が悪くなるのが欠点ですので、雨の日だけ使うようにしましょう。

2. スマホを何点で固定しているか

オフロードや整備されていない道が多い場合は、できるだけスマホを支える支店が多いほど安定します。

3. 角度を自由に変えられるか

サドルの高さによって、体の傾きが変わるため、iPhoneを見る角度も変わってきます。
ですが、いちいちハンドルに固定しているホルダーを緩め角度を調整するのは面倒です。
そこで、その都度、わざわざiPhoneホルダーを取り外さなくても細かな角度調整ができるホルダーを選ぶと便利です。

4. 充電可能なタイプ

冒頭の方で、iPhoneを給電しながら走行する方法を紹介しましたが、それには、別のアクセサリーを揃えなければなりません。
アクセサリーが増えることが煩わしい!という方はバッテリー付きのスマホホルダーを選んでしまうのもありです。
モバイルバッテリーを別途持ち歩くなどが不要になるので、見た目もスッキリします。
デメリットとしては重くなる点です。

安心して使える!ロードバイク専用オススメiPhoneホルダー

1. VUP 自転車ホルダー スマホホルダー 取り外し可能 4-6.5インチ iPhone 11 iphone 11 pro iPhone 11 Pro Max iPhone/Android全機種に適用

→Amazonで詳細をチェック

ゴム部分を伸ばして、iPhoneを取り付けるだけのシンプルな作りで軽く荷物にもならないのが特徴

メリット

  • ホルダーは360度回転するので、角度調整も自由自在です。
  • ゴムを伸ばしてiPhoneを取り付けるだけのシンプルな作りで着脱が手間いらず。
  • シンプルな作りですが、四隅からしっかりとホールドするので、安定性があります。
  • iPhoneやその他のどんなスマホのサイズにも対応します。
  • 医療用規格のシリコン素材が採用されており、腐食にも耐える耐久性があります。

デメリット

  • シンプルな作りな分、他よりも少し安っぽい雰囲気があります。

→Amazonで詳細をチェック

2. TiGRA Sport iPhone11 Pro Max スマホホルダー バイク FItClic NEO Motorcycle Kit for iPhone11 Pro Max 【スマホを置くだけでガチッと固定】

→amazonで詳細をチェック

着脱が簡単で、取り外すと通常のiPhoneケースとして使用することがでるくらいデザイン性も優れています。

メリット

  • ホルダーはハンドルにつけておいたままで、iPhoneだけを簡単に取り外すことができます。
  • アングル調整マウント
  • 縦向きと横向きにiPhoneを設置できます。
  • バイク専用に作られているため、耐久性がかなり高く、ケースの保護力もピカイチ
  • 不安な時は、ワンタッチでロックをかけてガチガチに固定することができます。

デメリット

  • ホルダーとケースの接続部分がかなり強力なマグネットが使われているため、磁石と相性の悪い物を近くには置けませんね。
  • 保護力が高いぶん、ケースがかなりゴツくなってしまいます。
    →amazonで詳細をチェック

3. クアッドロック(QUAD LOCK) モーターサイクルマウント QLM-MOT

→Amazonで詳細をチェック

無駄な機能を省き、耐久性の高い素材を使い、シンプルかつコンパクトに取り付けられるのがポイント

メリット

  • ガラス繊維ナイロンとポリカーボネートが採用されており、軽くて強度の高い素材になっています。
  • 延長用アームを使用することで高さを出したり、上下や左右の角度が調整が行えます。
  • ワンタッチで着脱が可能。
  • 縦横に向きを変えることができます。

デメリット

  • iPhoneをはじめその他のスマホケースは別売りなので、別途購入が必要です。
  • スマホケースは別で購入する必要がありますが、それぞれの部品のお値段がそこそこします。

4. アクアランド / AQUALAND スマホホルダー

→Amazonで詳細をチェック

激しい砂埃や雨からしっかりとiPhoneを守りたい方向けの製品です。

iPhoneをケースの中に仕舞いこむので物理的にiPhoneを様々なリスクから守ることができます。

メリット

  • 雨やほこり、泥からiPhoneを完全にガードします。
  • 360度回転するので、iPhoneの左右の向きを調節できます。
  • もしも外れそうになっても、落下防止ワイヤーを付けておくことで防げます。

デメリット

  • iPhoneの画面部分も、覆ってしまうので、タッチ操作ができますが、それでも操作性は落ちてしまいます。
  • あとは見た目がかなりゴツくなってしまいますね。。。

→Amazonで詳細をチェック

5. 自転車 スマホ ホルダー オートバイ バイク スマートフォン 振れ止め 脱落防止 GPSナビ 携帯 固定用 マウント スタンド 防水 に適用

→Amazonで詳細をチェック

四本爪でスマホをロックするのが特徴。

メリット

  • 4本爪でガッチリとホールドしてくれます。
  • 4本爪部分が伸縮するので、iPhoneやその他スマホのどんなサイズにも対応します。
  • 他の製品のように専用ケースが必要ない分、お値段もリーズナブルです。
  • 携帯ホルダーは平面360度旋回可能です。

付属の帯状ゴムでお使いのハンドルの太さに合わせた調節が可能です。

デメリット

  • iPhoneを支える4つ爪の部分を取り外した時、ケースとしては使えないので、かなり邪魔になりますね。鞄の中に入れていても結構スペースをとる作りになっています。