カテゴリー
TRIPLOG

【沖縄】本島からフェリーで30分、気軽に楽しめる津堅島へ / Day4

沖縄4日目、最終日です。

なんと、昨日まで曇りや雨が続きましたが、最終日に晴れてくれました。

起きた瞬間にカーテンから陽が部屋に差すのを見て、テンションが上がったのは言うまでもありません。

最終日ということもあり、午前はホテルを堪能して、午後は、気軽に行ける離島「津堅島」へ向かいたいと思います。

空撮した津堅島の映像です。

本島から気軽に行ける離島でこんなに綺麗なところがあるのか。と驚きです。

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランドを散策

旅行中は、朝から夜まで観光することが多いので、ホテルをゆっくりと味わうのはいつも最終日。

美しい曲線を描いたプール。

ゆったりと時間が流れます。

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランドは、プールが充実していて、2階から1階までプールが続いています。

こちらは結婚式場。

おそらく向こう側がガラス張りになっていて、海を目の前に結婚式をあげることができるのでしょう。

次回宿泊するときは、ぜひ朝食を食べたいと思います。

とてもお気に入りのホテルなので、必ずまたきます。

さて、チェックアウトを済まして、トゥクトゥクでホテルの駐車場まで向かいます。

エントランスからの眺めも美しい。

それでは、今から津堅島へ向かいたいと思います。

4つの離島にアクセスができる海中道路「平安座海中大橋」

最高のドライブ日和。

恩納村から車を50分を走らせると、向こう側に赤い橋が見えてきました。

この橋、なんと4.7kmある橋で海の上を走ることができる観光スポットです。

そして、この橋のおかげで浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島、4つの橋にアクセスすることができるので、気軽に離島を巡りたい人にはオススメのエリア。

フェリーで出発!

さて、津堅島へ向かうためには平敷屋港からフェリーに乗って向かいます。

所要時間は30分で片道650円とリーズナブルです。

港から離れていきます。

港と青い空と青い海、美しい港町に心が癒されます。もいいですね。

今回使う撮影機材一式です。

GoProを船に取り付けて撮影を楽しみます。

津堅島へ到着!自転車を借りて島を散策!

津堅島に到着!

港の海がすでに美しいエメラルド色をしています。

港に降り立ち、そこから集落を目指して5分ほど歩くと、、、

あずまという商店が現れます。こちらで自転車をレンタルすることができます。

店主の方もとても親切な方です。

やじり浜へ

まずは晴れているうちにビーチに行きたいと思います!

最初に向かったのは、自転車をレンタルしたお店の方に勧められたやじり浜。

港から正反対のところに位置するビーチですが、坂道もほぼなく自転車で楽にたどり着くことができます。

到着。

透き通るような水色と青色が混合した海。

綺麗だぁ。

ドローンで空撮。

最高の一枚が撮れました。

トゥマイ浜

お次はトゥマイ浜。

この海はとにかくブルーが綺麗な海でした。

白い砂浜と海、そして松の鮮やかなコントラストが印象的。

ここで一休み。

ニンジン展望台

次は、展望台へ向かいます。

この津堅島はニンジンが有名な島でもあり、その人参をモチーフにしたキャロット展望台があります。

かわいい展望台ですね。

ただし、高さがそこまでないのに、真上から海を見下ろせませんでした 笑

ホートゥガー

次が最後になります。

その名もホートゥガー。

「ホートゥ」は鳩のことで、「ガー」は井戸を表しています。

昔、雨が全く降らずに水源が枯れそうになったとき、いつも羽を濡らしていた鳩を後を追うと、なんとかそこに湧き水が存在していたのです。

この発見により、この島のピンチが救われたということです。

海の岸壁のすぐそばにあるので、この鳩の存在が無ければ、発見することはできなかったでしょう。

今は、この井戸は使用されておらず、ここから見える絶景が観光スポットになっています。

ホートゥガーの入り口には、おそらくニンジン型のベンチが3つ並んでいます。

この階段を下っていきます。

ここから垣間見えれる海の風景が良いのですが、黒いホースが邪魔だな。。

下まで降りるとこんな感じ。

岸壁にはあまり見たことない草花が咲いています。

ということで、もうすぐ帰りのフェリーの時間なので、港に向かいたいと思います。

今回の旅はこれで終了。

本当に最終日、晴れてくれてありがとう。

あとは空港でゆっくりと飛行機を待ちたいと思います。

カテゴリー
TRIPLOG

【沖縄】雨の中の座間味島 → 琉球の牛で焼肉 / Day3

Today’s Plan

  • 座間味島へ
  • もずく ヌードルでランチ
  • 高月山展望台で絶景鑑賞
  • 琉球の牛 恩納村 別館で焼肉を堪能。

3日目の沖縄。

今日は今回の沖縄旅行の一番の目的だった座間味島へ出かけたいと思います。

座間味島は海が美しい慶良間諸島の一つです。

慶良間諸島の海は慶良間ブルーと呼ばれており、深く、そして鮮やかな青色の海が特徴です。

起きたらホテルの外は雨が降っています。

でも、座間味島の天気をみてみると、降水確率20%、降水量は01mm程度。

これならきっと大丈夫!と思い、天気を信じて出かけることに。

フェリー出港は、午前中発は9:00と10:00の2便です。

9:00発だと高速船で約1時間で行くことができますが、10:00発のフェリーは2時間もかかってしまいます。

今回宿泊している恩納村からフェリー乗り場まで1時間かかり、朝と夕方の沖縄はとにかく渋滞が激しいので、10:00発のフェリーで向かうことにしました。

がら空きのフェリー

雨のせいか、フェリーはガラガラです。

せっかくなので、GoProをフェリーの先頭に装着。

装着するにあたり使用しているマウントは、僕がよく使っているGoPro純正のクリップマウント。

このクリップマウントには強力な磁石が埋め込まれているので、こういう鉄でできた船などに簡単に取り付けることができます。

→GoPro 純正のクリップマウント レビュー記事

→Amazonで詳細をチェック

雲行きが怪しすぎる・・・

そんなこんなでしばらくの間、フェリーの外を眺めていると、とても海が綺麗な島を発見。

みてください。こんなに天気が悪いにもかかわらず、こんなに青々としています。

これが慶良間ブルーですね。

1時間ほど運行していると、経由地である阿嘉島という離島に到着しました。

阿嘉島の海もとても鮮やかな青。

いつか、この島も来てみたいですね。

あと1時間ほどで座間味島に到着するので、それまで船内で仕事でもしていようと思います。

座間味島でまずは腹ごしらえ「もずく ヌードル」をいただくことに

さて、座間味島に到着しましたが、20%の降水確率なのに雨がかなり降っていますね、、、

やはり、沖縄の天気予報は改めて当たらないと確信した次第です。

雨も降っているので、まずはお昼ご飯をどこかで食べたいと思います。

ネットで調べていると、どうやら近くに「もずくヌードル」というお店があるようなので、行ってみたいと思います。

人気店のようで、ほぼ満席に近い状態。

基本的にはテラス席しかないので、テラス席でいただくことに。

人気メニューは、「もずくそば(大・中・小)」と「もずくごはん」。

あたりを見渡してみると、すべてのお客さんがこのメニューを頼んでいるようです。

早速いただきます。

もずくそばの出汁はかなりあっさり目です。

関西のうどん出汁に近い感じで、麺もとてもコシがあるので、、、つまり、関西のコシがあるうどんのようです。。。笑

美味しいです。

このもずくそばよりも、もずくごはんの方がかなり美味しい。

あっさりとした味付けなのに、奥深さを感じます。

もずくそばを食べ終わったんですが、まだ雨なので、、、、どこか喫茶店に入りたいと思ったのですが、15時をすぎると、ほとんどのお店が閉まっているため、自力で探し回ることに。

すると、Little Kitchen というカフェを発見したので、入ってみることに。

店内の雰囲気は良さげです。

コーヒーを頼んで、ここでもしばし仕事をすることに。

カフェで少し休んでいると、だんだん雨が止んできました。

雨が小雨になってきたので、座間味島の「高月山展望台」へ

完全には止んでいませんが、このタイミングで展望台に向かいたいと思います。

展望台に続く坂道は、かなり勾配が高い。

自転車で行くと、途中で断念してしまうと思うので、自転車のレンタルはしないほうがいいです。

展望台に到着。

この高月山展望台には、第1展望台と第2展望台があり、第2展望台は第1展望台の奥にあり、そこまで少し獣道が続きます。

ですが、絶対に第2展望台まで行くようにしましょう。

圧倒的な絶景に出会うことができます。

高月山第2展望台からの風景

これが第2展望台から見た風景です。

雨にも関わらず、こんなに青い。。。。

ずっと口に出さずに我慢していたことをつい口走ってしまいます。。

「晴れていたら、めちゃくちゃ綺麗なんだろうな〜」。。

いや、本当にそうです。

ホテルが4時間程度かけてここまで来たのに、せっかくのあめで台無し感があります。

ここで「少しでも空模様が怪しい場合、離島には行かない方がいい」というシンプルな結論が導き出されました。

座間味島は、晴れた日に必ずまたきます!

そして、慶良間諸島を全て制覇するという新たな目標もできました。

新たな目標を胸に、本当へ帰りたいと思います。

アウトレットに行った後、琉球の牛で焼肉を堪能!

今日1日を、なんとか最高のものにできないかと思い、今日は美味しい焼肉で締めることにうしました。

その前に沖縄の最大級のアウトレット「沖縄アウトレットモールあしびなー」に寄ってから行きたいと思います。

このアウトレットで何か買ったことはありませんが、毎回なんとなくブラついています。

ハイブランドでいうと、GUCCIやBURBBERYなどが入っています。

30分ほどブラブラした後、夜ご飯へ向かいます!

ということで向かったのは、ホテルから車で15分のところにある「琉球の牛」です。

このお店では東京では考えられないほど、リーズナブルなお値段で美味しいお肉をいただけます。

しかも沖縄県産の和牛。

たとえば、この肉寿司。一貫290円です。

めちゃくちゃ安いですが、口に入れて瞬間に上品な肉の脂が口の中でとろけていきます。

このお店は、お肉1枚から注文することができます。

お肉一枚だと物足りないような気がしますが、1枚1枚が肉厚で食べ応えがあるります。

特に脂みの多い特上カルビは1枚を二人で分けても良いくらいです。

ということで、心ゆくまでお肉を堪能しました。

お会計はドリンク一人2杯飲んで、一人当たり4800円程度でした。

今日は気分良く眠れそうです。

実は、明日、晴れる可能性が高くなったので、早く眠って、最終日を満喫したいと思います。

それでは、

カテゴリー
TRIPLOG

【沖縄】キャプテンカンガールで絶品ハンバーガーを堪能後、瀬底ビーチで遊ぶ / Day2

Today’s Plan

  • キャプテンカンガルーで絶品巨大ハンバーガー
  • スターバックスコーヒー 沖縄本部町店
  • 瀬底ビーチ

2日目の朝。

あいにくの雨ですが、ベランダから外を覗いてみると、曇りで雨なのに海はしっかりとエメラルドグリーンで綺麗で、ちょっと感動。

旅先でもコーヒーを淹れる、時間を味わう

旅行先でも変わらず、朝のルーティンを行うことに。

那覇空港で購入したコーヒー豆を使って、コーヒーを淹れます。

コーヒーを淹れる時に香るあの香りがなんとも贅沢でたまりません。

至福のひととき。

このKarita製のモバイルドリッパーは、旅先でめちゃくちゃ重宝します。

荷物にならず、使い切りで使い終わったら捨てることができます。

30枚入って、300円程度。

→Amazonで詳細をチェック

コーヒーを淹れて、ノートに万年筆でいろんなことを書き出していきます。

自分の人生について考えたり、やりたいことや、プロジェクトのプランなど、さまざまなことを書き出して、頭を整理したり、新しい発想をえます。

30分ほど、この時間に没頭していて、ふと窓の外に目をやると、雨が止んでます!

最高ですね。

今のうちに出かける準備をして出発したいと思います。

今回使用する機材をバックにれて車で出発です。

キャプテンカンガルーで巨大絶品ハンバーガーを堪能

沖縄在住の知り合いの方のオススメで、キャプテンカンガルーというハンバーガー屋さんに行きたいと思います。

本島の北側よりの元部町にあるハンバーガーやさん。

いついっても大人気のハンバーガーやさんみたいです。

ホテルから1時間ほど車を走らせると到着

  • 住所:沖縄県国頭郡本部町字崎本部930-1 1F
  • 0980-43-7919

店構えも外壁もおしゃれですね。

店内はアメリカンな感じですね。

注文したハンバーガーがやってきました!

デカイ。。。

このペーパーに挟んで、ハンバーガーを潰して、小さくしてから食べます。

いただきます!

味は絶品。

肉汁がジュワジュワ出てきて、とても美味しいです。

そして、オニオンフライのカリカリかんとベーコンのカリカリ感が味のアクセントになっています。

ペロッと食べてしまいそうな予感。。

でしたが、食べ切る頃には、満腹すぎて、若干胃がやられました。。

また訪れたいお店です!

スターバックスコーヒー 沖縄本部町店

キャプテンカンガルーでたらふく食べた後は、コーヒータイム。

前からずっと行ってみたかったスターバックス本部町店です。

晴れてたら、絶対に綺麗だったのになぁ〜。

テラスに出て風景を楽しむことができますが、今日は寒いので店内で過ごしたいと思います。

ここでしばし仕事をしたいと思います。

瀬底ビーチ

スターバックスでコーヒーを飲みながら、近場で良さげな場所を探していたら、近くに瀬ぞこビーチがあることがわかりました。

セゾ小島という離島ですが、橋を使って車でいくことができます。

早速向いたいと思います。

瀬ぞこビーチの近くには新しくヒルトンホテルが建設されていました。

瀬ぞこビーチの近くに、駐車場がありそこに車を止めて行ってみたいと思います。

駐車料金500円

想像していた以上に海が綺麗でしす。

ドローンを飛ばして上空からの撮影も楽しみたいと思います。

「ひかりの散歩道〜南国イルミネーション〜」で幻想的なひとときを

瀬底ビーチを堪能した後は、イルミネーションをみに行きたいと思います。

沖縄でイルミネーションと聞くと、少し違和感を感じますが、実は今回訪れる東南植物楽園の「ひかりの散歩道〜南国イルミネーション〜」は、イルミネーションアワードで全国7位を獲得しています。

ということで少し期待したいと思います。

こちらが入り口になります。首里城をイメージしているのでしょうか。

赤くライトアップされています。

チケットを購入して中に入ります。

入場したら光のトンネルをくぐり抜けていきます。

外から見ると、光のトンネルは、こんな感じでとても幻想的ですね。

坂道を下っていくと、下の方に緑にライトアップされた池が見えてきます。

あたり一面がグリーンとピンク、そして、その中にある通路がライトアップされています。

これは圧巻ですね。

水面に綺麗に映し出されていて、さらに幻想的な雰囲気が漂っています。

高台からは、イルミネーション全体を眺めることができます。

気がつけば90分ほどここで楽しんでいました。

時刻は20:00。そろそろ晩御飯にしたいと思います。

晩御飯は安定の「三線の花」

恩納村エリアに宿泊すると、必ず一度は立ち寄る居酒屋「」

とてもリーズナブルで沖縄の雰囲気を感じながら、地元の料理を楽しめるので好きだったのですが、、、年々、料理の量が減っているような感じがします。

味は美味しいのですが、安い美味いを求めていたので、最近は割高感を感じています。

一気に店舗を拡大した影響のせいでしょうか。。

ただ、料理は美味しいので、そこは本当にありがいたいです。

今日もホテルでぐっすりと眠りたいと思います。

カテゴリー
未分類

図解で解説!WordPressブロックエディタで記事をアップする方法

今回は、ワードプレスでブログを始めたいという方のために、ワードプレスでの記事アップ方法を紹介したいと思います。

ワードプレスには様々な機能が用意されていますが、まずは今回お伝えする操作を覚えれば、見栄えのいいブログを書けるようになります。

1 ログイン

まずはログイン。

ユーザー名とパスワードを入力します。

ログイン状態を保存したい場合はチェックを入れて「ログイン」をクリックしてください。

ログインすると、ダッシュボードという画面にうつります。

記事を新規投稿する場合は、「投稿」→「新規追加」をクリックしましょう。

2 記事を作成

2-1 タイトルと本文の入れ方

新規追加」をクリックすると、記事作成画面となります。

タイトルは「ここにタイトル〜」部分に入力し、本文はその下の「文章を〜」というところからです。

右上側に「下書き保存」のボタンがあるので、こまめに保存しましょう。

2-2 見出しタグについて

見出しタグとは、コンテンツを読むユーザーと検索エンジンに対して、ページ内の構成を正しく伝えるために使用するものです。HTMLでは以下のような形となります。

1~ 6までの数字で若いほど重要度が上がり、見出しタグで囲まれたテキスト部分は、通常の文章よりも大きく表示されます。

本記事でいうと「記事を作成」が見出し2、「タイトルと本文の入れ方」が見出し3です。

見出しタグがあると文章にメリハリが出て読みやすく、ユーザビリティが向上するとともに、コンテンツのSEOを上げる効果も期待されます。

以下、見出しタグの注意点です。

・ページ構成に合わせて使用する

ただ目立たせるために見出しタグをつけるのはNGであり、コンテンツの階層構造をユーザーや検索エンジンにとって分かりやすく示すために使います。

目立たせたい場合はフォントの太さや色を変えたり、アンダーラインを使用すればいいでしょう。

・見出し1<h1>は1ページに1つ

h1タグは、そのページでもっとも重要なテキストに対して使用するタグです。

そのためタイトルに設定するのが自然となります。

・見出しタグの順番は守ること

2-3 見出し2と、3の入れ方

設定したい行のどこかにカーソルを置き、右端の十字ボタンをクリックします。

表示されるメニューの中の「見出し」を選択してください。

見出しレベルを選択できるので、見出し2の場合はH2見出し3の場合はH3を選択し、見出しタイトルを入力しましょう。

2-4 画像の挿入方法

画像を挿入したい場所にカーソルを置き、右端の十字ボタンをクリックし、メニューから「画像」を選択します。

新規の画像ファイルを挿入したい場合は「アップロード」、

WordPress上に保存されている画像の場合は「メディアライブラリ」を選択します。

画像URLを直接指定したい場合は「URLから挿入」をクリックしてください。

「アップロード」から画像を挿入する場合、選択した画像がそのまま本文内に挿入され、自動的にメディアライブラリにも保存されます。

メディアライブラリから選択する場合は、すでにライブラリに保存されている画像から選択します。挿入したい画像にチェックが入っていることを確認して右下の「選択」をクリックすればOKです。

以下のように画像が本文へ挿入されます。

2-5 リンクの挿入方法

外部リンク

自分のページから外部ページへ飛ばすリンクのことをいいます。

リンク先にしたい外部ページを開き、URLをコピー。リンクを挿入したいテキスト(文字列)を選択し、「リンク」ボタンをクリックします。

検索またはURLを入力」欄へリンク先のURLをペーストし矢印ボタンをクリックすればOKです。

内部リンク

自サイトから自サイトの別ページに向けて貼られたリンクのことです。

内部リンクを設定したい文字列を選択し、上部メニューの「リンク」をクリックします。

リンク先に設定したいページのタイトルの一部を入力すると、リンク先の候補が表示されるので、該当するものを選択。

リンク先を新しいタブで開くよう設定したい場合は「新しいタブで開く」をオンにしてから、設定したいページタイトルをクリックしましょう。

ページ内リンク

別名「アンカーリンク」とも呼ばれており、自サイトの同じページ内の別部分へ飛ばすリンクのことです。

ページ内リンク先に設定する機会が多いのが見出しです。ここでは見出しをリンク先とした設定方法を説明します

リンク先としたい見出しブロックを選択し、右メニューにある「高度な設定」をクリックします。「HTMLアンカー」の入力欄に任意の文字列(必ずスペースを含まない半角英数で)を入力してください。例では「link」にしています。

次に、リンクを設定したい文字列を選択して「リンク」ボタンをクリックします。

リンク先に、「#」と「HTMLアンカーで指定した文字列」を入力し、送信ボタンをクリックします。これで完了です。 ※今回の場合「#link」

3 カテゴリー設定

WordPressで作成した投稿をグループ分けする役割に「カテゴリ」と「タグ」があります。

カテゴリーは同じジャンルに属する投稿をグループ化するのに使い、

タグはカテゴリーに属する投稿内に共通するキーワードで分類するときに使います。

カテゴリーは、パソコンのフォルダ機能のように、投稿をグルーピングし、さらに階層構造を作ることができます。

1投稿に1カテゴリーを基本とし、初期設定では、作成したものが全て未分類にカテゴライズされますが、これはユーザビリティの観点からオススメできません。

新規カテゴリーを追加する場合は、投稿画面の右メニューから「投稿」→「カテゴリ」→「新規カテゴリーを追加」から入力します。

すでに存在するカテゴリーから選択する場合は、カテゴリー名のプルダウンから選択しましょう。

4 記事URL設定

投稿画面の右メニューの「パーマリンク」→「URLスラッグ」から変更できます。

ただし、URLで変えられるのは下記画像の青太字部分のみで、それ以外は勝手に生成されてしまいます。基本的に半角英数字で入力しましょう。

日本語で入力した場合、文字化けする可能性があります。