カテゴリー
GoPro

GoPro/ あなたの撮影スタイルに最適なSDカードの容量を徹底解説!&オススメ4選

Contents

この記事を読んで分かること

  • あなたにとってベストなSDカードの容量が分かる
  • SDカード選びで容量以外に注意したい2つのポイントが分かる
  • 安心して使えるオススメSDカードが分かる

GoProで使用するSDカードはMicro SDカード

大前提としてGoProで使用するSDカードは、通常のSDカードとは違います。

Micro SD カードという、通常のSDカードよりも3分の1程度小さいSDカードになりますので、間違えて通常の大きいSDカードを買わないよう注意してください。

左が通常のSDカードで、右側がmicro SDカードになります。

GoProはSDカードは永久保管場所ではなく一時保管場所と考えましょう → 容量は多くなてく良い

撮影が終わったら、データを移し替える

SDカードの基本的な考え方として、撮影が終わったら撮影データは、パソコンや外付けハードディスクに移し替えます。

そして、SDカードのデータを削除して、また同じSDカードを使って撮影を楽しみます。

つまり、撮影データは一時的に保管できればいいので、そこまで大袈裟な容量は不要だということです。

闇雲に「とりあえず大きな容量を」と考えると、後悔が待っています!

反対に大きな容量を買ってしまうと後悔するケースがあります。

SDカードはかなり高価

僕は、カメラを始めた時に「SDカードってこんなに高いの!?」と驚きました。

上を目指すと、6万円、8万円台もザラにあるほどです。

パソコンに取り込むのに数時間がかかる場合があります。

たとえば、128GBのSDカードを購入して、容量がいっぱいなるまで撮影をしたとしましょう。

撮影をしたのはいいでのですが、、、128GB分のデータを取り出すのに一苦労します。

ハイスペックでない通常のパソコンだと2時間程度かかることもあるくらいです。

つまり小まめにデータを移し替えをするのが時間もコストとも安くつく

そこで、ぜひともオススメしたいのは、小まめにデータを移し替えるということです。

小まめに移し替えれば、1回の時間は短くてすみます。

さらに、変に撮り溜めすることもないので、容量の少ないSDカードで十分であり、SDカード購入費用も安くて済むということです。

128GBより上のSDカードを買うと痛い目をみる!?

SDカードの容量は、小さいもの16GBから大きいものは500GB以上もあります。

ですが、GoProで使用することを考えた場合、128GBよりも大きい容量のSDカードを購入するのは絶対にやめましょう!

価格

先ほど申し上げたとおり、価格が3万円ではきかなくなってしまい、GoPro本体よりも高くなってしまいます。。。

GoProがサポートされていない

そして、それ以上に大きな問題があります。

なんとGoProが公式ページで「128GBよりも多い容量のSDカードはサポートしていない」と謳っている点です。

せっかく高いお金を出して買ったのに、撮影に支障が出てしまっては、悔みに悔やみきれませんよね。

SD カードの容量はこの基準で決めましょう!

では、改めてどのような基準でSDカードを選べば良いのでしょうか。

それは、良く使用する画質で決めるということです。

GoProの画質は大きく分けて3つ用意されています。

  • 1080p
  • 2.7K
  • 4K

このどの画質で撮影をするかで、容量がどれだけ必要かが大きくわかってきます。

1080p(フルHD)の場合は32GBのSDカードを

1080p(フル HD)は、GoProの中で一番解像度が低い画質になります。

ですが、iPhoneやiPadなどで閲覧するには十分な画質です。

YouTubeの通常での画質が400p前後であることを考えると1080pでも十分綺麗だということがわかります。

そして、1080pであれば、32GBのSDカードであれば2時間程度は撮影できるので、32GBのメモリーカードでOKです。

ただし、たまに4Kなで撮影もする場合はNG!

「普段は1080pで撮影をするけれど、時々は4Kでも撮影を楽しみたい」という方であれば32GBでは足りません。その場合は64GBを選ぶようにしましょう。

2.7Kの場合は64GBのSDカードを

2.7Kで撮影する場合は、64GB以上のメモリーカードを選ぶようにしましょう。

2.7Kというと、実は映画などで使われているレベルの高画質映像になります。

4Kほどデータ容量が重くなりすぎず、かつ高画質で映像を保存できます。

大画面テレビで閲覧したり、プロジェクターでうつしたり、絶景など映像美を修めるのであれば、2.7K設定がオススメ。

そして、2.7K撮影をメインにする方は、64GBメモリーカードを選ぶようにしましょう。

64GBのSDカードであれば最長3時間程度は撮影することができます。

4Kの場合128GBのSDカードを

最後はは4K。

4Kで撮影する場合、1分程度の動画で1GBほどのデータを使用するので、60分程度撮影をすると、それだけで64GBの容量が必要になります。

つまり、4Kで撮影する場合は、128GBのSDカードが必要となります。

しかし、、、、

あたかも「4Kが当たり前」の時代という風潮がありますが、、、

4Kは全く持って実用的ではありません。

実は、テレビで使われている動画や映画は4Kでない場合がほとんどで、アルプスや秘境など圧倒的に綺麗な映像美を求められる場合に使われることがほとんど。

絶景エリア、そう簡単に何度も行ける場所ではありませんので、とりあえず「高画質で撮っておく」ということが大切になるのです。

また、4K動画の場合、数分程度の短さでも通常のパソコンだと編集しようとするとフリーズしてしてしまい、一向に編集作業が進まないという事態に陥ってしまいます。

そして、書き出す時間が5時間以上かかることも。

つまり、4Kデータはハイスペック機材を使うプロでない方にとっては旧教区に扱いづらいデータとなってしまいます。

とり急ぎGoProのSDカード買うなら!万能な64GBが最適!

色々と述べてきましたが、僕が断然オススメするSDカードの容量は64GBです。

それは、64GBという容量が万能だからです。

64GBがなぜ良いのか。

「少なすぎることもなく、そこまで多くもないちょうどいい」容量だからです。

4K撮影でも2時間程度は撮影できますし、1080pだと4時間も撮影できてしまいます。

おまけに価格帯も手を出しやすい価格帯であることが多いです。

実際に僕は、普段使いはもちろん、3泊4日などの旅行でも64GBで挑んでいて、十分に足りています。

ただし、旅行の場合は毎晩撮影したデータをPCやスマホなどに移し替えるようにしましょう。

長時間撮影の場合は64GB× 2枚持ちがオススメ

それでも、もっと容量が欲しい!と思う方もいらっしゃるかと思います。

その場合は、128GBではなく、64GBを二枚持ちするのがオススメです。

絶対注意!容量だけでGoProのSDカードを選ぶのはやめましょう!

オススメSDカードをお伝えする前に!一つだけ注意点をお伝えします。

それは、容量だけでSDカードを選ぶことはNGだということです。

実は、容量以外にもそのSDカードのスペックが大切になってきます。

スペックが十分でないと、、、

  • 2.7Kや4k映像を撮影する時に、負荷がかかりすぎて、録画映像がカクカクしてしまいます。
  • 撮影データの重さに耐えきれず、撮影が中断してしまいます。
  • スマホやパソコンにデータを送るのに、2、3時間必要になることがあります。

以上のように致命的な事態になりかねないのでしっかりとしたスペックを選ぶようにしましょう。

スペックはこの2つを見ればOK!

では、具体的にどのスペックを見て判断すれば良いのでしょうか。

それは、、、

  • UHSスピードクラスが「3」になっているもの
  • ビデオスピードクラスが「30」になっているもの

この2点になります。

この2つの基準を満たしていればOKです。

確認方法

・このUHSスピードクラスが「3」になっているかどうかは、↓の「U」の中に「3」と書かれているマークが入っているかどうかで確認できます。

・ビデオスピードクラスについては、「V10」と表記されていればOKです。

さらに詳細を知りたい方は、SDカードについての詳細をお伝えしている以下の記事を参考にしてみてください。

→ 【徹底解説!】GoProに最適なmicro SDカードの選び方ガイド & オススメ4選

オススメGoPro専用micro SDカード 4選

オススメ1:【5年保証】microSDXC 64GB SanDisk サンディスク Extreme PRO UHS-1 U3 V30 4K Ultra HD アプリ最適化 A2対応 SDアダプター付

→Amazonで詳細をチェック

とりあえず一番ハイスペックなものが欲しい!という方にオススメの超高性能SDカード。

読み込みスピードと書き込みスピードが段違いに早いです。同じサンディスク製の中でも圧倒的に早いですが、他社製品と比べても段違いです。

メリット

  • 4K録画などデバイスに負担が大きい作業でも難なく安心してこなせます。
  • GoProの公式総代理店タジマがオススメするSDカード
  • 世界で最大シェアを誇るサンディスク製の

デメリット

  • ハイスペックなぶん、お値段が他社よりも高い場合がほとんど。

→Amazonで詳細をチェック

オススメ2:SanDisk ( サンディスク ) 64GB Extreme microSDXC SDSQXA2-064G-GN6MA

→Amazonで詳細をチェック

先ほどと同じサンディスク社。

サンディスク社をオススメする理由は、大切なデータを安全に守るため、そして安定して撮影をするためです。

メリット

  • 先ほどのSDカードに比べて、多少読み込み速度と書き込み速度が劣りますが、それでも十分なスペックです。
  • サンディスク社製なので、「データが飛んでしまった、、、」「映像がカクついてしまったと・・・」という不安を感じることなく安心して撮影に挑めます。

デメリット

  • 他社よりもお値段が高めだということですかね。。。

→Amazonで詳細をチェック

オススメ3:Samsung EVO Plus 64GB microSDXC UHS-I U3 100MB/s Full HD & 4K UHD Nintendo Switch 動作確認済 MB-MC64GA/ECO 国内正規保証品

→Amazonで詳細をチェック

サムスンといえば、多くの人がスマホやテレビを連想しがちですが、実はSDカードとしても有名なメーカーです。

ドローンの覇者DJIが公式に認めているSDカードでもあるので、安心できますね。

メリット

  • 老舗かつ信頼のおけるSDカードでありますが、サンディスク社製よりもリーズナブルに手に入るためコスパに優れています。
  • GoProの唯一の日本公式販売代理店タジマコーポレーションでもGoPro専用のSDカードとして販売されいているので安心して使用できます。
  • UHSスピードクラス3に対応しており、転送スピードが早い

デメリット

  • ビデオスピードクラスという規格に対応していない点がデメリットになりますが、GoProやドローン撮影でも十分に使用できます。
    ちなみに僕もよく使っています。

→Amazonで詳細をチェック

オススメ4: Transcend microSDカード 64GB UHS-I U3 Class10 V30 A2 対応 (最大転送速度100MB/s) TS64GUSD330S

→Amazonで詳細をチェック

最後に紹介するのはTranscendというメーカーのSDカード。

比較的新しい新興メーカーにはなりますが、ハイスペックならがリーズナブルに手に入るため世界的に人気のあるSDカードになります。

メリット

  • ビデオスピードクラス30、UHSスピードクラス3のハイスペックSDカード
  • データ復旧ソフトウェアが無料でついてきます。
  • スマホアプリへの転送速度が早い。

デメリット

  • トランセンドやサムスンほどブランド力がないため、少し不安を感じる部分がある点ですかね、、、

→Amazonで詳細をチェック

GoProのSDカード選びで迷ったら、これを選べ!

色々と紹介をしてきましたが、SDカード選びに迷ってしまったり、そもそもスペックなどを調べるのが面倒だ!という方は、

オススメ1:【5年保証】microSDXC 64GB SanDisk サンディスク Extreme PRO UHS-1 U3 V30 4K Ultra HD

がオススメです。

これを選んでおけば、何も気にせずに安心して撮影を楽しむことができます。

理由は、4K撮影に耐えうる十分なスペックを持ちつつ、データーを安心安全に守ってくれるからです。

また世界的に圧倒的なシェアを誇っているため、データ復旧などを復旧会社に頼む際も、対応できる会社が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です