カテゴリー
GoPro

GoPro HERO 8 /ダイビング・シュノーケリング用 保護ケース オススメ6選

ケース無しでも水深10mまで耐久性がある

今回紹介するのは、ダイビングで使用する際の保護ケース。

GoProは、保護ケースなしで、そのままでも10mまで防水仕様となっていますので、基本的にプールや川、浅瀬の海ではそのままで使えます。

反対に、ダイビングの方にとっては、10mでは足りなくなる可能性があるので、保護ケースを持っていた方がいいでしょう。

加えて、深く潜らないシュノーケリングをする場合でも保護ケースは持っておくことをオススメします。

シュノーケリングは、水深10mも潜らないので不要では?

シュノーケリングであれば、水深10mも潜らないので不要では?とついつい考えてしまいます。

たしかにシュノーケリングですと、基本的には海の海面にプカプカ浮かびながら、上から魚を見るので不要に思えますよね。

しかし、シュノーケリングをする場所は、だいたい水深が10m以上あるところになることを忘れてはいけません。がたくさんあります。

そんな場所で、ひょんなことで落としてしまうと、そのまま海底まで沈んでしまいGoProが破損してしまいますよね。

陸上と違い、海の場合はいつもとは勝手が違うため、少し慌ててしまい気づかずに手から離れてしまっていたなんてこともあります。

すぐに専属の方がとりに行ってはくれるとは思いますが、その時には破損して使えなくなるどころか、せっかく撮影した映像も消失してしまう羽目になりかねません。

そんな時、保護ケースがあることで、このようなことを防ぐことができます。

保護ケースは2タイプ

保護ケースは主に2タイプあります。

フローティングタイプ

フローティンタイプの保護ケースをつけると、GoProを海中で手放しても浮くようにようになります。

つまり、沈んでいくことがありません。

ですので、何かあった時はすぐに手放すことができますし、海面に浮かばせておいて、少し海中にもぐったり、その場を離れて楽しむこともできます。

このフローティングタイプがオススメなのは、シュノーケリングなどあまり深く潜らない人向けです。

もし落としてしまったとしても、そもそも海底までワザワザとりにいかなくても良いので、とても楽です。

もちろん、浮力がめちゃくちゃ強いわけではないので、もったまま一緒に深くまで潜ることもできます。

水深耐久度が高いタイプ

このタイプの保護ケースをつけると、通常であれば水深10mまでしか対応していないGoProが水深40 – 60mまで耐えられるようになります。

このタイプは、本格的なダイビングをされる方にオススメです。

かなり深い海の世界を撮影することができます。

きっと貴重な映像になります。

オススメ1:Rhodesy 防水ハウジングケース

※参考:Amazon

ポイント

水深60mまで潜ることができる保護ケース。

GoPro純正の保護ケースは、6000円台とかなり高めですが、この保護ケースは1000円台で入手することができます。

メリット

  • 水深60mまで対応。
  • 着脱が非常に簡単で、扱いやすいです。
  • 対衝撃、防塵など基本的な保護機能があります。

デメリット

  • 指紋がつきやすい
  • ボタンが金属性で耐久性に強い反面、潮水などでの錆が心配。

ダイビングをする方の中で、かなり深く潜る人向けの製品ですので、通常だと水深60mはあまり使わないですかね。
ただし、個人的にやってみたいことはGoProを釣竿の糸にたらし、60mまで潜らせて海中の様子の撮影ですかね

→最新価格をチェック

オススメ2:iTrunk 防水ハウジングケース 水中撮影

※参考:Amazon

ポイント

こちらも水深60mまで潜ることができます。

先ほど価格も同列でほぼ同じ製品だと考えてよいでしょう。

違う部分は、こちらの製品にはクロスがついている点。

ガラスケースは指紋がとてもつきやすいので、クロスはあったらあった分だけ助かります。

メリット

  • 水深60mまで対応しています。
  • 高透過率の強化ガラスが採用されており綺麗な絵を撮影することができあす。
  • ガラスケース全体をふくためのクロスが付いている。
  • 耐衝撃性もあるので、海以外のスキーなどでも使える。

デメリット

  • 取り出す時が少し硬いです。
  • 同じく、ボタンが金属性で耐久性に強い反面、潮水などでの錆が心配。

オススメ1と同じく、かなり深く潜る人向け。
クロスが付属している分、こちらの製品の方がお得感がありますね

→最新価格をチェック

オススメ3:FitSTILL 防水防塵保護ハウジング

※参考:Amazon

ポイント

この製品のポイントは、無条件永久保証など保証体制がしっかりとしている点です。

メリット

  • 曇り止めインサートが二枚付属しているので、海面との温度差により生じる曇りを防止してくれます。
  • ソフトボタンになっているので、潮水をかぶって錆びることがありませんし、本体を傷つけることもありません。
  • ネジが大きくて海中でも締めたり緩めたりがしやすいので、調節が楽です。
  • 30日無料試用並びに、無条件の永久保証がついているので、何かあった時に安心。
    少しでも不具合を感じるようなら、すぐに連絡をとりましょう。

デメリット

  • 海用のカラーフィルターを装着することができません。
  • またショーティなどを取り付けるのも難しいです。
  • タッチスクリーンは使用できない
  • 水深が45mまでとなっており、先程の60mに比べるとやや浅い。

通常のレジャーとしてダイビングを楽しむ場合は、こちらの製品で十分ですね。保証体制もしっかりしていますし、個人的にはネジをひねる部分が大きいので、海中での操作が楽でいいです。

→最新価格をチェック

オススメ4:GoPro純正 保護ハウジング

※参考:Amazon

ポイント

GoPro純正の保護ケースになります。

タッチスクリーンを操作できるなど機能面がしっかりと充実していますが、その分、ハイコストですね。

メリット

  • 防水以外にも頑丈性をとことん追求して作られているため、何にぶつかってびくともしません。
  • 水深 60 m までの防水性を備えているので、深い水中でのダイビングにも最適です。
  • タッチスクリーンでの操作も可能です。

デメリット

  • 6000円台とほかのアクセサリーに比べて4倍ほと高いですね。

海の中だけでなく泥水を被りそうな激しいアクションなど陸用としても大活躍します。
陸でもしっかりとガードしたいと考えるのであれば、コストをかける価値はあります

→最新価格をチェック

オススメ5:GoPro 純正 Floaty

※参考:Amazon

ポイント

水上で浮くタイプのケースです。

海中で手放してもプカプカ浮いてくれるので、海底に落としてしまうし心配もありません。

シュノーケリングは深く潜りませんが、大帝は海底10m以上の海の上で行うため、落としてしまうと、水深10m以上までしずんしまい、破損しますので、ぜひ装着された方がよいですね。

メリット

  • 海中で手放しても浮きます。
  • このケースは保護機能も果たしてくれます。
  • シュノーケリング、サーフィン、ウェイクボードなど様々なマリンスポーツとの相性がいいです。
  • オレンジのカラーは見失ってもすぐに見つけやすくとても安心。

デメリット

  • GoPro純正だけあって、コストが高め。
  • 浸水機能は、変わらず10mのままなので、10m以上は潜らないでください。

海の中で気軽に撮影を楽しみたい人向け。
陸上と違い海で無くしてしまうと見つけ出すのがほぼ不可能なので、ぜひとも押さえておきたい商品

→最新価格をチェック

オススメ6:GoPro 純正 バイトマウント + Floaty

※参考:Amazon

ポイント

「オススメ5のGoPro 純正floaty」にマウントアクセサリーが付いたものになります。

このマウントとアクセサリーがあれば、サーフボードや、手首、ヨットマウントなどにサッと取り付けることができ、マリンスポーツ全般をより楽しむことができます。

メリット

  • 基本機能は、「オススメ5のGoPro 純正floaty」と全く同じです。
  • マウントがセットで付いてくることで、ダイビングやシュノーケリング以外のほぼ全てのマリンスポーツマウントに装着することができます。

デメリット

  • マウントが付くだけで「オススメ6のfloaty」よりも1000円以上も高くなります。

ヨットやサーフィン、ダイビングなどマリンスポーツ全体を楽しみたい人には必須のアクセサリーですね。

→最新価格をチェック

結論

ダイビングを楽しみたい方は、深く潜ることができる「オススメ1:Rhodesy 防水ハウジングケース」「オススメ2:iTrunk 防水ハウジングケース 水中撮影」「オススメ4:GoPro純正 保護ハウジング」。

ただし、水深60mまで潜る方は少ないと思いますので、その場合は保証体制たしっかりとしている水深45mまで耐えられる「オススメ3:FitSTILL 防水防塵保護ハウジング」でもOKです。

一方、シュノーケリングなど、そこまで深く潜らない場合は、海での紛失や海底に落として破損してしまうリスクをゼロにしてくれる「 オススメ5:GoPro 純正 Floaty」「オススメ6:GoPro 純正 バイトマウント + Floaty」がオススメです。

カテゴリー
MOVIE

万座毛 沖縄県

Error: View ed3d0c7kq5 may not exist
カテゴリー
GoPro

GoPro / 両手がフリーになる!オススメネックマウント5選

両手がフリーになる気持ちよさ

今回はGoProのネックマウント紹介です。

ネックマウントは想像以上に便利なアクセサリーです。

アクションカメラで撮影をするには、通常は自撮り棒をつけて手に持って撮影しなければなりません。

ですが、このネックマウントがあれば、ずっと撮影したままでも両手がフリーになるので、旅行中や何か作業に取り組んでいる風景を撮影するにはもってこいです。

アトラクションの撮影に

ジェットコースターや吊り橋を渡る際など、そのシーンを撮影したいのですが、両手でしっかりと手すりをもち、支えなければなりません。

そんな時もネックマウントがあれば、しっかりとPOVで撮影をしながら両手でしっかりと手すりを持つことができます。

料理の撮影に

その他にも料理をする際も包丁やフライパンを扱う時もネックマウントがあれば、その様子を1人で撮影することができます。

目立ちにくいので人目を気にせずに済む

さらに素晴らしいのは、目立ちにくい点です。

手をうごして何かするわけではなく、ネックレスのようにずっと胸元にあるので、人目を気にせずに撮影することができます。

リュックマウントとの違い

このネックマウントの役割はリュックマウントと似ています。

リュックマウントもリュックのベルト部分に挟み込んで使うことで、両手がフリーになりますが、欠点があります。

リュックマウントの欠点1:
リュックを肩から下ろす際は、アクションカメラも外さなければなりませんが、ネックマウントはずっとつけっぱなしで撮影することができあmす。

リュックマウントの欠点2:
リュックのベルト部分は肩にかけると少し外側に向いてしまうので、それに合わせてカメラも外側に向いてしまい、真正面のアングルを取ることが難しいのです。

ネックマウントが向いている方

もちろん、リュックマウントもネックマウントに比べてメリットもありますが、「真正面のアングルからしっかりと撮影したい」「食事の風景や休憩中、観光中などどんな時も記録として残したい」という方には断然ネックマウントが向いています。

ネックマウント選びのコツ

ネックマウントは大変便利な製品ですが、実はGoPro純正のアクセサリーとしては用意されていないので、他社製のものを使うつ必要があります。

とにかく外れにくいものを選ぶことがコツです。

なぜなら、首から擦り落ちてしまうと、それに気遣いに下に落下させてしまうケースが多いからです。

いくら頑丈なアクションカメラといえども、何度も落下させると故障してしまいますし、それが吊り橋など高所にいるところで下に落としてしまっては取り返しがつきません。

ですので、以下の2つのポイントのうち、どちらかのポイントを満たしている製品を選ぶようにしてください。

ネックアームとマウントが部分が一体化されれいているかどうか

ネックアームとマウントが一体化されていれば、折れない限り外れることはありませんので、安心です。

反対に、一体型ではなく接続させる方式であれば、接続部分から外れてしまうと落下させてしまいます。

ネック部分の留め具が前方についているか

通常のネックの留め具は、ネックレスと同じように後ろ部分についていますが、それだと外れた時に下までスベリり落ちてしまいます。

ですが、留め具が前に来ていると、もし留め具が外れても、首元でしっかりとアームが引っかかっているので落ちることはありません。

オススメネックマウント5選

それではここからは、オススメしたいネックマウントを紹介していきたいと思います。

オススメ1:TopEral ネックレス式マウント

※参考:Amazon

ポイント

こちらの商品はずっと改善され続けている商品。

ですので、そのスタンスに信頼性や誠実さを感じることができますね。

メリット

  • Osmo Pocket をはじめ、ほとんどのアクションカメラに使えます。
  • ネックアームとマウントが一体化されているので、マウント部分がスッポリと抜け落ちてしまうことはありません。
  • ポリカーボネットと特別繊維素材で作られているので折れにくく、強い耐久性を誇ります。

デメリット

  • 首回りが少し小さく狭く感じます。

1000円以下ですが、作りがしっかりとしておりコストパフォーマンスが優れています。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ2:ActyGo製 首掛け式マウント

ActyGoネックマウント
※参考:Amazon

ポイント

保証体制が素晴らしく、僕たちユーザーに安心して使ってもらえるような仕組みが用意されています。

メリット

  • 一つ一つ耐久性テストがなされ、さらにはダブルチェックまで行われ出荷されています。
  • ABS素材で作られているので、軽く強度もあります。
  • 90日間の無条件返品制度や、新品交換保証など、バックアップ体制がしっかりとしています。

デメリット

  • A型ネジが短く、着脱が少しだけやり辛いです。

アクションカメラのアクセサリーは、正直個体差が見受けられますが、それを極力減らすような努力をしてくれています。
ですので、絶対に失敗したくない、、という方にオススメです。
無条件返品保証が使えるので、余計な心配を一切せずに購入できます。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ3:GLIDER ネックハウジングマウント

※参考:Amazon

ポイント

安心のグライダー製品。大手量販店にもたくさん並ぶ唯一のアクセサリー製品ではないでしょうか。

アクションカメラのアクセサリーには珍しいAssemblesd in Japanで、検品、放送、発送までを日本国内で行っています。

メリット

  • ネックアームとマウント部分取り外し可能なので、すこし不安ですが、、、強度20kgの負荷にも耐えられます。
  • 耐久性を強化するためネック部分とホルダー部分では素材の違うプラをつかっているなどこだわりが垣間見られる製品です。
  • アクションカメラのアクセサリーには珍しいAssemblesd in Japanで、検品、放送、発送までを日本国内で行っています。

デメリット

  • GLIDER製は、どれも他のアクションカメラに比べて、価格が高いですね。

安心をお金で買いたいならGLIDER製はオススメです。
ヨドバシやビックカメラなど大手量販店でも販売されており、クレームを恐れる量販店が販売を認めたということは一定の品質をクリアしたという証です。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ4:Taisioner アクションカメラ用首掛け ロック式 第二世代

※参考:Amazon

ポイント

ほとんどのネックマウントは、首の後ろで留める方式になっています。

つまり後ろの留め具が外れてしまうと、スルリとズレ落ちてしまいますが、こちらの商品は、留め具が前方に来ていますので、もし外れたとしても滑り落ちることがありません。

メリット

  • 留め具が前方にあり、たとえ留め具が外れたとしても落ちる心配がありません。
  • ロック式の留め具なので、通常の留め具より安心です。

デメリット

  • ロック式が採用されていることもあり、取り外しに面倒さや難しさを感じることがあります。

留め具を前につけるという視点は、見かけたことがないので、発想自体が素晴らしいですね。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ5:AFUNTA ネックレス式ホルダー

※参考:Amazon

ポイント

他社と比べて圧倒的に安いことが魅力。

作りはチープですが、しっかりとしており基本性能は満たしています。

メリット

  • 価格は安くて不安ですが、頑丈につくられており、アクションカメラを搭載する分には問題なく使用できます。
  • 安定感もあり、バイクなどの強い振動に耐えることができます。

デメリット

  • つくりがチープで、雑に扱うと破損する恐れがあるので、丁寧に扱いましょう。

ネックマウントのトライアル商品としてはかなりすぐれています。
本番用というよりかは、まずは試しに使ってみたい方にはオススメ。

→Amazonで最新価格をチェック!

結論

通常使用であれば、基本的には、「オススメ1:TopEral ネックレス式マウント」「オススメ2:ActyGo製 首掛け式マウント」「オススメ3:GLIDER ネックハウジングマウント」をオススメします。

ハードなアクションを伴う撮影については、万が一留め具が外れてしまった時のことを考慮して、留め具が前についている「オススメ4:Taisioner アクションカメラ用首掛け ロック式 第二世代」。

まずはお試し程度でという方は、断然価格が安い「オススメ3:GLIDER ネックハウジングマウント」オススメします。

カテゴリー
TRIPLOG

仙台・山形 / DAY 2 – 3 / 日本三大滝『秋保大滝』

どうも、TSUKURUです。

2日目は大雨。

本当は、午後から秋保大滝に向かう予定でしたが、予定を変更して、「仙台うみの杜水族館」と「アウトレット」に行くことにしました。

午前は仙台駅のスタバで作業を

モーニングと仕事を済ませるため、朝一に仙台駅のスターバックスに向かいます。

ランチは評判の牛タン屋さん『』へ

ランチは「司」という牛タンのお店へ。

仙台に住んでいる知り合いから教えてもらい、ちょうど宿泊しているホテルの手前にあったので行ってきました。

かみごたえ、香ばしさ、肉の旨味があり本当に美味しいですね。

美味しさの度合いで言うと、昨日訪れた「牛タン 若」と変わらないくらい美味しく、東京などでもよくみる「利久」より美味しいです。

仙台うみの杜水族館へ

腹ごしらえが済んだら、雨が降っているということもあり、屋内で遊べる「仙台うみの杜水族館」へいくことにしました。

仙台からうみの杜水族館へは、以下の乗り換えで行けます。

大人になってから水族館はほとんど行った記憶がありません。

少なくとも前回行ってから7年以上は経過しているかと。

なので、密かにワクワクします。

この水族館の見所は、

メインの巨大水槽と特別に展示されていた深海魚展でした。

ただし、深海魚はとてつもなく気持ち悪いので、苦手な方はオススメしません。

三井アウトレットパーク仙台港へ

水族館を楽しんだ後は、水族館から徒歩10分程度で行ける「三井アウトレットパーク仙台港」に向かいます。

雨の日ということもあり、アウトレットならではの広さや開放感を味わうことができず、、

好きなブランドも入っておらず、、、で、早々に引き上げることにしました。

→公式サイト:入っているショップ一覧

DAY3 / 秋保大滝へ

さて、仙台の3日目、最終日です。

午後16時の新幹線まで、めいいっぱい遊ぼうと思います。

というわけで、ホテルをチェックアウトした後は、レンタカーを借りて、本当は2日目に予定していた秋保大滝へ参ります。

秋保大滝は仙台から意外に近く、車で50分程度のところにあります。

まずは、秋保神社の裏側にある展望台から上から見ます。

いや〜本当に迫力がありますね。

そして、次は実際に下まで降りて、真下から滝を眺めます。

めちゃでかいです。。

下に降りた時、なぜかザァザァと雨が降ってきたのですが、なんと滝のしぶきでした。

どれだけ離れていても、鬼のようにしぶきが上から降ってきます。

服がびしょ濡れになってしまうので、ぜひ濡れても良い服装で行くことをお勧めします。

そんなこんなで、存分秋保大滝を楽しんだので、後は新幹線でゆっくりと寛ぎなら東京へ戻ろうと思います。

今回は、2日目が雨で非常に残念だったので、また仙台をリベンジしたいと思います。

カテゴリー
TRIPLOG

仙台・山形 / Day1 / 崖ぷちのお寺「山寺」

「東北」新幹線あは「東海道」新幹線よりも、安くそして快適。

仙台へは、新幹線「やまびこ」で向かうことに。

実は、「やまびこ」には早期予約特典があります。

35日前に予約すると35%オフ、15日前に予約すると15%オフになる特典があります。

なので、東北方面へ向かう際は、やまびこを使うことをオススメします。

また東北新幹線の特徴は、東海道新幹線よりも広く快適に過ごせることです。

広く快適だから、新幹線の中も十分に楽しめるというわけです。

そして、駅弁を食べるのも完全に旅の楽しみです。

到着するまでもしっかりと楽しむのが旅の醍醐味ですよね。

駅弁を食べてひと段落ついたら、ここから仕事。

カタカタとパソコンを走らせてながら仙台に到着するのを待ちます。

仙台到着から山寺へ

2時間ほど過ごすと、仙台に到着です。

人生では3回目の仙台駅。

そして、到着しても落ち着いている暇もなく、乗り換えます。

それは、今から「山寺」へ向かうからです。

この「山寺」は、新幹線の中で、急遽思い立ったかのように訪れることを決めた。

本当はずっと気になっていたんですが、県をまたいで山形県まで行く必要があり、遠そうだからやめておこうと思っていたんです。

けれど、新幹線の中で調べているうちに、仙台から電車一本で1時間程度行けることがわかり、急遽予定の中に組み込んだ次第です。

「仙台から意外に近い」のです。

こういう急な思いつきもなかなかいいよな。

と思いつつ、急いで乗り換えます。

電車の本数やは1時間に一本で、日が暮れるとアウトなので、5時までに下山することを考えると、次の電車を乗り過ごすわけにはいきません。

乗り換え時間はなんと7分。

新幹線から降りるとともに、キャリーケースをコインロッカーに入れ、ローカル電車へと乗り換える。

電車の道中は、いわゆる田舎風景ですが、雄大な川が流れていたり、だんだんと大自然を感じられる風景に変わっていきます。

山寺に到着

山寺駅に到着。

山寺までは徒歩15分くらいです。

その道中は、観光客のためのレストランやホテル、その他お店が立ち並んでいますが、シーズンではないのか人は観光客はほとんどいませんでした。

山の上の方に崖から突き出るようにそびえ立つお寺が見えるでしょうか。

今から目指すは、この山頂にあるお寺。

キングダムでこういうお寺見たことがあるな、、、と思いつつ、とても心が踊ります。

これを見た瞬間、「あそこまで登るのかよ、、」と思うかもしれませんが、実は登山時間は片道30分程度でいけて、その道中もとても楽しめるので、意外と楽です。

ただし、荷物は邪魔になるのただい、え駅のコインロッカーに預けていくのがオススメです。

山寺から降りた後は遅めらのランチ

仙台についた瞬間すぐに、山寺に向かったため、とてもお腹がすきました。

そこで遅めの昼食を取ることに。

お休処 対面石

山寺になぞってなのかはわかりませんが、このお店も影から突き出すような場所にありました。

時間は4時のため、店内は僕たちだけで、少し不安を感じましたが、めちゃくちゃ美味しかったです。

家族で経営されている蕎麦をメインにした定食屋さんのようです。

ホテルビスタ仙台にチェックイン

なんとか暗くなる前に下山をして、時の電車で仙台へ向かいました。

今回のホテルは、ホテルビスタ仙台

とても綺麗で過ごしやすいです。

部屋で、荷物を取り出して、整理しながら、これから3日間お世話になるへやに配置していきます。

スピーカーは絶対に外せないですね。

初日の夜ご飯はもちろん牛タン

夜ご飯は、まるまるまるという牛タンやさんのお店。

牛タン若 仙台駅 東口店

あまり期待していませんでしが、かなり美味しい!です。

翌日、いった「」というお店がかなり評判ですが、このお店と肩を並べるくらいの美味しさでした。

カテゴリー
osmopocket

Osmo Pocket / 映像に差をつける魚眼レンズ!オススメ4選

魚眼レンズで映像のクオリティー差をつける!

今回はOsmo Pocket 専用の魚眼レンズについてです。

魚眼レンズとは魚の目のような球体になっていて、それにより通常より多くの風景をレンズに取り込むことができます。

人間の目では決して見ることができない現実離れした映像を撮ることができます。

魚眼レンズは普段使いで使うというよりかは、「映像に変化をつけたい」「最近、撮影法が同じでマンネリ化してきた」という人向けの飛び道具のようなレンズです。

映像の最初から最後まで魚眼レンズの映像にするのではなくて、所々で魚眼レンズで撮影した映像を差し込むことによって、ユニークなとても面白みのある映像に仕上げることができます。

また、ペットや人の撮影がとても面白く、その場合はできるだけ被写体にちかづ亭撮影してみてください。

被写体を中心に周りの風景がグッと凝縮されて面白みのある映像になります。

簡単に着脱が可能

魚眼レンズの背面部分が、マグネットになっており、その磁力を使い、Osmo Pocket のレンズ部分にカチャっと装着できます。

魚眼レンズ使用上の注意点

  • 注意1:Osmo Pocket 起動後前に取り付けてしまうと、 起動後に取り付けましょう。
    Osmo Pocket を痛めてしまう可能性があります。
  • 注意2:保護フィルなどを貼ってしまうと、マグネットの磁力が弱くなってしまい、ズレ落ちるため、保護フィルは外して使いましょう。

オススメ魚眼レンズ4選

オススメ1:Ulanzi Osmo Pocket用 魚眼レンズ

※参考:Amazon

ポイント

Osmo Pocket アクセサリーメーカーとして、人気を誇るUlanzi製なので、安心感をもって使用できます。

メリット

  • わずか2.5グラムという超軽量設計。
  • 長時間使っていてもズレ落ちが少なく安定感あります。

デメリット

  • ほかの魚眼レンズに比べて、わずかですが0.3 – 4 g程度、重いのが気になります。

絶対に失敗したくないという方は、信用できるメーカーから購入するに限ります。アフターケアもしっかりとしているので。
Osmo Pocket でいえば、Ulanzi製か、PGY tech製が群を抜いて信用できるメーカーですね。

→最新価格をチェックする

オススメ2:DJI OSMO POCKET ポケット魚眼レンズと120°超広角 レンズを一緒に組み込み 超軽量ABS素材 強磁の吸着 ッショナル カメラレンズフィルター

※参考:Amazon

ポイント

魚眼レンズの中ではトップクラスの軽さを誇ります。

軽いことでジンバルに与える負荷がかなり軽減されて、常にスムーズな撮影を楽しむことができます。

メリット

  • 2.16gの超軽量なので、レンズ部分に装着してもジンバルに負荷を与えずにすみます。
  • 強度があり、軽く、そして見た目も美しいABS素材が使われています。
  • ショット用保護フィルム*3(PET軟質)が付属しています。

デメリット

  • 保護フィルムがついてきますが、レンズがズレ落ちてしまうことを防ぐため、魚眼レンズ着用時はフィルムをつけないことをオススメします。

やはり何に置いても軽さは正義ですね。
重すぎるとと気負いジンバルに負荷がかかり変な動作をするので、ずっと安定した撮影をしたいなら欠かせません。

→Amazonで最新価格をチェックする

オススメ3:Makkalen 魚眼レンズカメラレンズフィルター

※参考:Amazon

ポイント

基本的な機能は満たしながらも、魚眼レンズの中では、低価格で購入できる製品。他社製品よりも400円ほど安いですね。

ロゴなどが印字されていない無地の魚眼レンズです。見た目をシンプルに仕上げたい方向けの製品。

メリット

  • 価格が安くコストパフォーマンスが優れています。
  • 光学ガラスコーティングがされているので、光の透過率が高い。
  • 多層反射防止コーティングにより反射を抑えることができます。

デメリット

  • 無名・無地という怖さがあります。

価格が他社のと比べて一番安いので、本格的なレンズを購入する前に、まずは魚眼レンズがどんなものか、試してみたいという方にオススメ。

→Amazonで最新価格をチェックする

オススメ4:IEDiSTAR 魚眼レンズ

※参考:Amazon

ポイント

こちらも他社とくらべて、価格が安いのが魅力の製品。

メリット

  • 他社製品よりも、300円程度やすい価格。
  • 光学ガラスコーティング、多層反射防止コーティングにより、光の透過率が高くなりクリアな映像を実現できます。

魚眼レンズをすでに持っている方がトライするに良いかもしれません。
無名なメーカーでも、ハイクオリティーなものも沢山あるので、こういったものを見つける楽しさみたいなものはありますよね。。

→Amazonで最新価格をチェックする

結論

基本的な機能はどの製品も同じです。

安心感を求めるなら、Osmo Pocket アクセサリーメーカーとして信頼の厚い、「オススメ1:Ulanzi Osmo Pocket用 魚眼レンズ」

軽さ重視で、ジンバルへの負荷を減らしたいなら、「オススメ2:DJI OSMO POCKET ポケット魚眼レンズ」

低コストでまずは魚眼レンズを試してみたいという方は、「オススメ3:Makkalen 魚眼レンズカメラレンズフィルター」や「オススメ4:IEDiSTAR 魚眼レンズ」