カテゴリー
TRIPLOG

札幌 / day2 / ウニ丼 → モエレ沼公園

やはり赤レンガ庁舎は日中がいい

ということで2日目は、昨日の夜にいった赤レンガ庁舎から始めたいと思います。

昨日の夜も素敵でしたかだ、やはり日中の方がいいですね。見事です。

そして庭園もとても美しい。

花々と赤レンガ庁舎はベストマッチですね。

スターバックス 札幌グランドホテル店へ

一通り散策が、終わったら仕事を済ませるためカフェへ。

スターバックス札幌グランドホテル店です。

ここは、宿泊したことがありますが、クラシックなラグジュアリーホテルとしてかなり良かったです。

このらなかにあるスタバへ向かいます。

店内は結構広々としていて、過ごしやすいです。

昼食は、ウニ丼を食べたい!と思い、スタバで色々と検索していると、うまそうな店を発見。

店も近いのでいってみることに。

高級感が漂う店内。

どうですか。

かなり美味しそう。いただきます。

本日のメインイベント、モエレ沼公園

今日の観光のメインは、モエレ沼公園。

めちゃくちゃ楽しそうです。

札幌駅から電車やバスで乗り継いでいかなければなりませんが、それでも行って見たい場所。

札幌駅から新道東駅まで地下鉄で向かいます。

地下鉄を上がったすぐそばにあるバス停から北海道中央バスに乗って、モエレ沼公園西口に向かいます。

全てが海外スケールの公園「モエレ沼公園」

到着しました。

広いですね、、、さすが北海道。

そしてでかい。広大な土地をひたすら歩く旅になるので、太陽が照りつける真夏はオススメしません。

モエレ沼公園

モエレ沼公園は、「札幌の街を公園や緑地の帯で包み込む」というコンセプトのもと、あの世界的な芸術家ノグチ・イサムによって手掛けられました。

何やら城跡のような石垣が見えます。

そしてその右の方には建物が見えます。近付いて見ましょう。

左右対称な美しい建築物です。

そして向こうのほうにはピラミッドのような三角形の丘がああります。

もちろん行って見ます。

途中にあった、モニュメント。

丘に登っている途中、美しい公園の眺望を楽しめます。

頂上に到着。いい作品が撮れました。

次は、頂上から見えた↓のサークル型に植えられた針葉樹とその奥に控えるガラスで作られたピラミッドに向かいたいと思います。

また、歩きます・・・泣笑

サークル型の針葉樹の中心に怪しげな円盤

サークル型の針葉樹に到着。美しい森が突然現れたような感覚に陥ります。

とても美しくそして、涼しい。癒されます。

海の噴水

そして、そのまま中心部分まで歩いていくと、UFOが出てきそうな円盤型の建築物を発見。

実はこれ、「海の噴水」という噴水が見られ作品です。

せっかくなんで噴水を見ていくことにしました。

何やら円盤の周りに巨大な水しぶきが湧いてきました。

噴水が上がってきます。

おぉ、、

写真ではなかな伝わらないかもしれませんが、かなり大きいですね。

僕の身長の5倍程度はあるかもしれません。

おまけに虹も出てくれています。

本命のガラスのピラミッド “HIDAMARI”

噴水を楽しんだ後は、いよいよあのガラス製のピラミッド「HIDAMARI」です。

ここは休憩所として使うこともできたり、モエレ沼公園やノグチイサムに関する資料を見ることができます。

入り口の時点でワクワクしてきます。

中は無駄を一切削ぎ落とした美しい空間となっています。

ここでしばし休みながら幸せな時間を過ごそうと思います。

外周距離だけで3.7kmもある公園をかなり歩いて疲れたので、最後にこの丘を登って終わりたいと思います。。。

最後の最後の余力で「豊平館」

相当疲れてしまいましたが、地下鉄で札幌駅へと帰る途中に「豊平館」という洋館があるので、寄って行きたいと思います。

豊平館は、中島公園という美しい公園の中にあります。

豊平館は北海道の開拓が始まることに建設にされることになります。

開館とともに最初の数ヶ月は、明治天皇の北海道行幸の札幌の宿泊施設として使われることなります。

宿泊施設として活用され、この中にレストランなども入っていました。

今は国指定の重要文化財となっています。

夜ご飯は根室花まる

北海道に来たら、必ず1回は立ち寄ります。

なんと2000円も出せば、東京で絶品とされているお寿司と同等クオリティーをお腹いっぱいいただけます。

東京でも花まるがありますが、正直、ネタの鮮度や美味しさが桁違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です