カテゴリー
GoPro

GoProレンズをしっかりと保護する強化ガラスフィルム

旅の相棒でガッツリ使うからこそ、保護をする。

アクションカメラは、間違いなくどんな場面でも相棒のように大活躍してくれます。

困難な道を歩いている時も、不安定な危ない場所でも、移動中も、その記録をずっと撮影することができます。

ゆえに、どこかにぶつけたり、雨に濡れたり、どろをかぶったり、など様々な汚れや衝撃を受けることになります。

GoProの頑丈性があれば、へっちゃらですし、ボディーに傷がついたとしてもしっかりと機能してくれます。

が、レンズだけはべつ。

もちろんレンズもしっかりと強化ガラスが使われて、頑丈に作られていますが、もしも傷が1つでも入ってしまえば、撮影する映像が台無しになってしまいます。

だからこそ、しっかりと保護してあげることが大切ですよね。

「割れたら交換」で常に状態の良いレンズを維持できる

そこでオススメなのが、強化保護ガラスの使用。

この強化ガラスを使用することで、たとえレンズが傷ついたとしても、強化ガラスを変えるだけで、新品同様のレンズの状態を維持することが可能になります。

GoProケースを使わない方が良い理由

もちろん、GoProを保護するためのケースなど、実に多く発売されていますが、それらのケースをつければつけるほど、サイズがゴツくなり、重くなっていきます。

GoProのコンパクトサイズがどんどん失われていきます。

やはり、旅シーンにおいてはシンプルが一番。

だからこそ、ガラスシート。

贅沢だとおもいきや、意外にこれがコスパが高い

このようにいうと、そんな贅沢な使い方はしたくない。。

と思ってしまいますが、、、

よくよく考えると、そこまでコストパフォーマンスが微妙なわけではありません。

年間1400円程度で済む

・パッケージ内容

この強化ガラスのパッケージ内容をまずはご覧ください。

  • レンズ保護ガラス 2枚
  • モニター保護がラス 2枚
  • クロス 1枚

というような内容になっていて、これで2700円程度です。

つまり、

2700円 ÷ 4枚 =650円

1枚あたり650 円となります。

年に2枚交換したとしても1300円程度です。

この価格で、常にレンズを新品同様の状態にしておけるなら、許容範囲です。

早速取り付けてみましょう。

ステップ1:レンズとモニターをしっかりと掃除

付属のクロスでしっかりと拭き取りましょう。

ホコリなどが入っていると、ガラスが浮いてしまい、そこに空気が入り、、、

しっかりと撮影できなくなってしまいます。

ステップ2:保護シートのシール1を剥がし、貼る

シール1を剥がし、レンズとモニター部分に貼ってみましょう。

緊張の瞬間、、、、ですが、

やってみると意外に簡単。

貼り終えたなら、しっかりと空気を抜いていきます。

ステップ3:シール2を剥がし、完成

そして、最後にシール2を剥がし完成。

変な心配をせずに全力で楽しむことができます

いかがでしょうか?

まったくもって気にならないサイズです。

これで、レンズ大丈夫かな、、、?という不要な心配をすることなく、どんな場所でも思いっきり撮影を楽しむことができますね。

GoPro 強化ガラス 保護フィルムシート オススメリスト

オススメ:GoPro HERO 7 black フィルム ゴープロ7 GoPro HERO5/6 液晶保護フィル 強化ガラス スクリーンガラスフィルム アクセサリー

【2枚+2枚】For Gopro Hero7 Silver / Hero7 White スクリーン保護フィルム, FRGNIE 9H 強化 ガラス 保護フィルム 対応 Gopro HERO7 専用 (White/Silver) 防止する 氣泡 保護膜 – New

→Amazonで詳細をチェック

【Taisioner】GoPro HERO 8 BLACK専用強化ガラスフィルム スクリーン+レンズ+LED保護フィルムセット 耐衝撃 気泡ゼロ キズ防止 飛散防止 6枚入り2セット

iTrunk Gopro HERO8 Black 対応 フィルム 9H 保護 強化ガラスフィルム スクリーン レンズ フィルム LED保護フィルム 6枚セット アクションカメラ アクセサリー 気泡ゼロ 貼付け簡単 防水防油

→Amazonで詳細をチェック

格安SIM の場合のバイキーワードって例えば、どんなものが

カテゴリー
GoPro

GoProで頭上から臨場感あふれる撮影!ヘルメットマウントのオススメ4選

自分の見たまんまを撮れる。

今回、紹介するのはGoPro専用のヘルメットマウントです。

このヘルメットマウントは、バイク、スキーやスノボーなどのヘルメットに装着するもので、

装着することで、自分が見ている風景をそのまま撮れるのてます。

スキーでジャンプしている時も、後ろ振りかえるその目線の動きも、全てをカメラに収めることができます。

なので、あとで映像を見返すと、まるで、自分が、そこで、体験しているかのような雰囲気を味わえるのです。

GoProヘルメットマウントの仕組み

ヘルメットマウントとは、ヘルメットそのものをさすのてまはく、そこにGoProを装着するためのアクセサリーです。

一度装着したら、しっかりと固定するので、どんな激しいエクストリームスポーツにも、対応します。

  • モトブログ
  • スノボー
  • スカイダイビング
  • マウンテンバイク
  • ロードバイク

など、ヘルメットを装着するスポーツ全般で使用することができます。

取りつけられる場所は3つ

取り付け場所は主には三つあります。

  • ヘルメットのトップ

ヘルメットのトップに装着して、自分の目線とほぼ同じ高さの目線、同じアングルで撮影することができます。

  • ヘルメットのサイド

ヘルメットのサイドに装着するタイプ。

ヘルメットの前面に取り付けることが難しい場合や、横に広がる風景や後ろに広がる風景を撮影したい場合にむいています。

  • アゴにとりつけるタイプ

アゴにとりつけると、口とGoPro距離が近くなるので、音声をしっかりとクリアに拾うことができます。

バイクやスキーのVlogを撮るときに向いている取り付け場所ですね。

ただし、ヘルメットのアゴ部分があるヘルメットでないと、装着できないので注意しましょう。

取り付け方法

2つの部品が必要

ヘルメットをマウントさせるには、2つの部品が必要です。

それぞれを別々で購入することもできますが、オススメは両方がセットになっているものを購入することです。

部品1:粘着テープ

まず、1つ目はヘルメットに取り付ける部品で、多くのマウントは両面テープが付いており、このテープの力を使って、しっかりと固定します。

しっかりとした粘着テープで一度貼ってしまうと剥がすことができませんので、注意しましょうわ、

部品2:アーム部分

部品2のアーム部分にGoProを取り付けます。

そして、部品1の両面テープ部品と、部品2のアーム部分を合体させることがで、ヘルメットに取り付けることができるのです。

また、このアームを複数連結させることで、左右や上下に動かすことができ、より複雑な角度調整をすることも可能になります。。

撮影できる映像

では実際にどんな映像を撮影できるのか見てましょう。

https://www.instagram.com/p/B7mSikznPPq/?igshid=fkkwmm1k9frm
https://www.instagram.com/p/B7ek3eEnJBy/?igshid=ehp6oavuw1fj

オススメGoProヘルメットマウント4選

オススメ1:GoPro純正ヘルメットマウント

ポイント

絶対に失敗したくない方や、ハードなエストリームに挑戦する方にオススメの商品。

メリット

  • Gopro製品に使われている素材は、激しいアクションでの使用を前提に作られているため、耐久性が高い素材が、さあ用されており、耐久性は群を、ぬいており何年も使用できます。
  • 部品同士の接続に隙間などが一切生じず一度取り付けると、ガチガチに固定してくれます。
  • ヘルメット部分に取り付ける両面テープは3Mのものが、使われており、固定してくれます。

デメリット

  • 安定性のため限りなくシンプルにつくられており、多機能ではない。

アクションカメラはGoPro一択!と言う方にはぜひとも持っておいて欲しいアクセサリー。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ2:Vamson Gopro ヘルメットマウント

ポイント

ヘルメットのトップや、サイド、アゴなどに取り付けることが可能。

1番大きな特徴としては、もしGoProがマウントから

はずれてしまった場合でも3つのリスクヘッジが用意されている点。

メリット

  • 両面テープをつける部分のマウントが平面用とカーブ用でそれぞれ用意されています。
  • マウントが、ヘルメットから落ちたとしても、落下防止がついてるので安心です。
  • さらに、落下防止器具まで外れてしまっても、ネックストラップにより、落下を防ぐことができます。

デメリット

  • 落下防止のためのリスクヘッジはかなり魅力的ですが、そのための装備も複雑で、シンプルさを求める人には向いていません。

激しい揺れのともなうアクティビティーの場合は、落ちるかどうかビクビクしないで済むので良いですね。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ3:SoPro Mountsフルフェイスヘルメット用顎マウント GoPro用

ポイント

アゴマウント専用のアクセサリー。

口元とGoProの距離が圧倒的に近くになるため、音声をクリアに拾い上げることができるので、youtuberやVlog、音声付きの自撮りをする方にむいています。

メリット

  • 航空機グレードのアルミ、射出成形プラスチック、ミニセルフォーム、ナイロンウェビング製で、耐久性があります。
  • 粘着テープ式ではなく、ベルトで取り付けるタイプなので、マウントごと取り外しが可能で、ヘルメットが汚れるこどがありません。

デメリット

  • 顎以外に取り付けることができないので、撮影アングルが限られる。

顎マウントは、乗り物にのりながら、自分の声を拾うのに適しているので、バイクをのりながら解説やトークするなどのシーンに向いています。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ4:【国内正規品】 GoPro 用アクセサリ ヘッドストラップ&クリップ ACHOM-001

ポイント

こちらは、ヘルっとランプのようにヘルメットにそのまま、スポッとはめてしまうタイプのマウント。

メリット

  • ベルト部分の内側には、ジェル状の滑り留めがついているので、しっかりと固定できます。
  • ヘルメットがなくても直接頭に装着することができます。
  • ヘルメットマウントとは別に、簡易クリップがついていて、帽子のツバなどに挟みこんで取り付けるこどが可能。

デメリット

  • 他のマウントと比べて、大袈裟な作りなので、着脱に少し手間がかかりますので、急な撮影を、必要としないアクティビティに向いています。

釣りなどヘルメットを要しないアクティビティでも活躍します。

→Amazonで最新価格をチェック!

まとめ

複雑さがなくシンプルで、旅先などで扱いやすいものを使いたい場合は、余計な機能を全て省いて作られており、かつ耐久性の高い「オススメ1:GoPro純正ヘルメットマウント」をオススメ。

GoProを落とすのが怖い方は、GoPro落下防止機能が3つもついている、「オススメ2:Vamson Gopro ヘルメットマウント」を。

バイクや自転車に乗りながら、自分の音声もしっかり録りたい方は、「オススメ3:SoPro Mountsフルフェイスヘルメット用顎マウント GoPro用」がオススメ。

ヘルメットを装着していなくても、頭に取り付けたい方は、「オススメ4:【国内正規品】 GoPro 用アクセサリ ヘッドストラップ&クリップ ACHOM-001」を断然オススメします。

カテゴリー
未分類

旅に使えるGoProヘッドマウント、オススメ4選

ヘッドマウント活用シーン

今回はGoPro専用ヘッドマウントの紹介です。

その名の通り、頭につけるマウントのことを指しますが、ヘッドマウントはどのようなシーンで使用するとベストなのでしょうか。

旅行

旅行で使用すると何が面白いのかというと、、、

観光の最中に自分が無意識に気になって見ていたものを、しっかりと追いかけて撮影することができる点なんです。

ヘッドマウントは体の動きではなく、頭の動きに連動して動くため、常に自分と同じ目線で撮影をすることができます。

なので、後で映像を見返した時に、自分がどんなものを無意識のうちに見ていたのか、目で追っていたのか、楽しくおさらいしながら見れるので、とても面白いです。

スポーツや趣味

スポーツや趣味にもオススメのヘッドマウント。

たとえばテニスをする際にこのヘッドマウントを使うと、後で見返しても、自分がテニスコートにいて、プレーしているかのような臨場感あふれる映像になっています。

向こうから飛んできたボールを打ち返しているシーンを主観的に撮影できるので、ラリーをしている気分になれます。

他にも釣りをする際に、ヘッドマウントを装着すれば、魚を吊り上げるまでのリアルな奮闘シーンを映像に残せます。

釣り竿が大きく揺れるシーン、思いっきりリールを巻いているシーンなど、を臨場感あふれる主観的な映像で楽しめます。

帽子が似合う人は断然オススメ 

このヘッドマウントが向いている方、それはズバリ帽子が似合う、または帽子を被っても変ではない方です。

僕がそうなのですが、極端に帽子が似合わない方は、日常シーンで使うのは難しいでしょう。

ヘッドマウントは帽子なしで装着すると、とにかく目立ちます。

登山やスポーツなど特殊な環境であればいいのですが、街中は目立ちます。

怪しい人感がでてしまいますが、帽子を被りその上にヘッドマウントを装着することで、全く目だたくなるんです。

街中でランニングする時もGoProを頭に取り付けて走っても、結構街になじみます。

使えるヘッドマウントの選定ポイント

選定ポイント1:滑り止めがついているか

頭に取り付けるゴムの裏側に滑り止めのジェリーのようなものがついているかどうか、チェックしてください。

これがないと、動くたびにヘッドセットが緩んでしまったり、動いたりしてしまうため安定した映像を撮ることが難しくなります。

選定ポイント2:本体を留めるジョイントがしっかりとしているか

本体を留めるジィントをしっかりと締めることができないと、動いている最中に、どんどんGoProが前のめりに傾いてしまい、前方の景色ではなく自分の顔ばかりを撮影してしまう羽目になります。

オススメ1:GoPro純正ヘッドマウント

※参考:Amazon

ポイント

GoPro純正のヘッドセット。
耐久性があることに加えて、なんとクリップマウントも付属でついてきます。

メリット

  • クイッククリップ付き。簡単に帽子の唾などに挟みこんで使用することができます。
  • 耐久性は抜群で、数年使ってもしっかりと耐えられる製品です。

デメリット

  • GoPro純正はコストが高く、他社製品の2.5倍程度するのが一般的です。
  • GoProの角度調整が上下にしか動きません。が、ヘッドマウントを使う際は、基本的に真正面の方向で撮影するので上下が調整できれば十分かと思います。

GoPro純正のアクセサリーは多機能性よりも耐久性・安定性を重視して作られているため安心して使用できます。
クリップはあくまで付属品として考えましょう。

→Amazonで最新価格をチェック

オススメ2:Amazon Basic 製ヘッドマウント

※参考:Amazon

ポイント

アマゾンが開発したヘッドマウントです。

当然ですが、Amazon自社サイトで販売しているので、他社よりも流通コストが安く、高品質のものを低価格で購入することができます。

メリット

  • 機能と価格を天秤にかけたとき、コストパフォーマンスが優れている。
  • 耐久性もあり1年程度であれば使い倒せます。
    多くの方は、ヘビーユースするわけではないと思うので、かなり長期間もっ使えると思います。

デメリット

  • GoProと比べると、耐久性はどうしても落ちますが、価格が2.5倍ほど違うので、この辺りは許容範囲だと思います。

耐久性がそこそこあり、そして低価格なので、かなり使い倒して磨耗してきたなと思ったタイミングで買いなおして新品を使うのも手かなと思います。

→Amazonで最新価格をチェック

オススメ3:Taisioner製 ヘッドマウント

※参考:Amazon

ポイント

上下だけでなく左右にもGoProの向きを調整することができるので、微妙なアングル調整が可能になります。

メリット

  • 上下に180度動かすことができるだけでなく、横にも360度回転させることができ、右斜め上など、微妙なアングル調整ができます。
  • 値段も最低価格とはいきませんが、そこそこリーズナブルに手に入ります。

デメリット

  • 個体差によりネジ穴が合わない場合があるようです。その場合はすぐに返品対応を依頼しましょう。

右斜にある風景を歩きながら撮影するなど、微妙なアングル調整が必要とされる場合には役立ちそうですが、そういったケースは稀かもしれませんね。

→Amazonで最新価格をチェック

オススメ4:Aukru製 ヘッドマウント

※参考:Amazon

ポイント

安心して使えるヘッドマウントの中では、最安値の製品。

メリット

  • 価格が他社製品の中でも最も低コスト。
  • 安いにも関わらず、作りはしっかりとしており、コストパフォーマンスの面か見るとアリ。

デメリット

  • 締めつけがきつい、、、緩くて落ちてしまうよりかは良いかもしれません。
    外れた時のことを考えて、激しいアクションはやめておくのが良いでしょう。

「ヘッドマウントが気になっているけれど、一番価格が高いGoPro純正のヘッドマウンを購入して結局使わなかったらどうしよう、、、」と思った時は、まず一番やすいもので試すのが鉄則。
その点で考えるとお勧めできる製品。
試してみて、ヘッドマウントが必要そうであれば、その時点で改めて純正を購入してみるのもいいですよね。

→Amazonで最新価格をチェック

結論

・「価格重視」「まずはお試し」と考えている方は、、、
価格が最も安く作りもしっかりとしている「オススメ4:Aukru製 ヘッドマウント」がオススメです。

・高くてもいいので一生使えるものを!と考えている人は、、、
耐久性が段違いに高い「オススメ1:GoPro純正ヘッドマウント」を。

・価格の性能のバランスを重視する派の方は、、、
「オススメ2:Amazon Basic 製ヘッドマウント」もしくは「オススメ3:Taisioner製 ヘッドマウント」をオススメします。