カテゴリー
未分類

風見鶏の館 -国指定重要文化財-

風見鶏の館は、もともとはドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏の自邸として建てられました。

建設されたのは明治42年(1909年)。

建物の設計に当ったのは、ドイツ人の建築家ゲオルグ・デ・ラランデ。

この風見鶏は、北野異人館を代表するラウンドマーク的な建物で、北野異人館を訪れたなら必ず立ち寄りたいポイントとなっています。

なお、現在は国の重要文化財に指定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です