カテゴリー
TRIPLOG

八重山 / Day2 / ホテルでゆっくり → 二度目の竹富島

波照間島へのフェリーが2日続けて結構

今回の旅の大きな目的は波照間島に行くことです。

が、天候にフェリーの欠航率がとんでもなく高いことに、石垣島についてからしりました。

実は初日もお昼の時間帯は欠航、、そして今日も欠航でした。。

ということで気を取り直して今日は、午前中はホテルでゆっくりして午後は竹富島で遊ぶことにしました。

ホテル グランビリオンリゾートを散策

午前中は、宿泊しているグランビリオンリゾートでゆったりと仕事のことも全てを忘れて、南の風を感じながら過ごしたいと思います。

ホテル内を色々歩き回った後は、このハンモックでユラユラ揺れながら過ごすことに。

ヤバイ、、、、何時間でもいられそうなくらい心地よい。。

竹富島へ

さて、午後は13時頃のフェリーの便で竹富島に向かうことに。

竹富島は昔ながら沖縄の雰囲気を感じられる超人気スポットです。

小さい島ながら、毎年50万人以上が訪れるようになっています。

また石垣島からもフェリーで15分程度で、気軽にサッと行くことができます。

ということで、昨日と同じユーグレナ石垣港ターミナルから出発したいと思います。

竹富島到着

竹富島は電動アシスト自転車は不要。普通の自転車、もしくは歩くだけでも十分楽しむことができます。

前回は自転車で竹富島をあちこちと回りましたが、今回はのんびりと過ごしたいと思います。

竹富町を目指す

まずは、竹富島の中心地である竹富町を目指します。

竹富島にはこの竹富町という集落しかありません。

このような道を15分ほどかけて歩いていくと、、、、

竹富町が見えてきました!

みてください。この癒される雰囲気。

THE 沖縄感が満載。

今でも沖縄らしい風景が色濃く残っています。

違う時代へタイムスリップしたのかのよう。

竹富町の雰囲気

竹富町の雰囲気はこんな感じ。

左の方から牛車がやってきました。

何度みてもワクワクしますね。

あまりに雰囲気の良さに今から動画撮影をしたいと思います。
使用機材
カメラ:RX100M7(SONY)
ジンバル:CRANE M2(ZHIYUN)

少し歩いていると、犬を散歩するかのように道端で牛を連れている人がいます。

本当にここは同じ日本か?と思うくらいゆったりとした雰囲気や少し海外のような雰囲気を感じます。

展望台からの眺めもなかなか

展望台があるので、ぜひ行ってみてください。
竹富町全体を見渡すことができます。町全体がとても小さいこともわかります。


そば処「竹乃子」でランチを

街を一通り散策した後は、ランチをいただきます。

竹富島は毎年50万人以上が訪れていますが、実は、ほとんどの人はこの街を散策して帰ってしまうので、このまちにお金が落ちません。

確かに前回初めて訪れた時は、食事などはするこなく島を巡って、そのまま石垣島へ帰っていました。

こんな素晴らしい街並みを体感できるのがこの島の方々のおかげ。ということもなり、今回はお昼ご飯をいただきたいと思います。 

みてください。とても美味しそうなソーキそば。

実際、かなり美味しいです。

味付け王道の味付けですが、スープに深みとコクがしっかりとあり、とても食べ応えがあります。

ソーキも柔らかくて絶品。

西桟橋へと向かいます。

竹富島の海スポットといえば、この西桟橋とコンドイ浜、そして星砂海岸です。

前回もいきまいしたが今回も行ってみみたいと思います。

竹富町から徒歩10分くらいで到着しました。

みてくださいこの青々とした美しいビーチを。

ゆったり過ごしながらこの桟橋を歩いていきます。

そしてこの桟橋から左手の向こう側に見えるのがコンドイ浜。

コンドイ浜まで海岸沿いから攻める!

ここからこの海岸沿いを歩いてコンドイ浜へと向かいたいと思います。
結構険しい感じがあり、少し怖いですが、その反面少しワクワクしてしまいますね。笑

コンドイ浜は竹富島の中で一番美しく猫が砂浜にたくさん

コンドイ浜はやはり2度目も美しかったです。

海の色がエメラルドグーリーンで向こうまでずっと透き通っています。

また、浜が描く湾曲の曲線のシルエットが美しいですね。

ちなみにここにはシャワー室があり、海水浴を楽しむことができます。

そしてこの浜にはとかくたくさんの猫がいます。

近寄っても全く怖がらずむしろ擦り寄ってくるほどです。

石垣島へ帰島します。

さて十分に竹富島を満喫できたので、石垣島へ戻りたいと思います。

この並木を抜けて、港までダッシュ。

何気に最終のフェリーの時間が近づいておりました。。

夜ご飯は『やっぱりステーキ』

沖縄のステーキハウスといえば「やっぱりステーキ」。

「いきなりステーキ」のパクリかな?大丈夫かな?

と一瞬不安になりますが、沖縄の現地の人たちも絶賛するくらいに美味しいです!

いきなりステーキよりリーズナブルで、おにく自体が美味しくてびっくりしました。

これはリピート確定のお店ですね。

夜のホテルを散策して眠ります

夜ご飯を食べた後は、気持ち良いよ風邪を感じながら夜のホテルを散策します。

リゾートホテルは昼も良いですが夜の雰囲気も素晴らしいですね。

波の音を聞きながら、ほのかに照らされるホテルの庭園を歩きます。

それだけ癒されます。

今日のいい1日でした。おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です