カテゴリー
TRIPLOG

直島・小豆島 / Day2 / 本命の直島

さて2日目は、本命の直島です。

時間がもったいないので、いつもダラダラと過ごしてしまいがちな朝ですが、朝からバッチリと活動していきたいと思います。

フェリーで直島へ

フェリーに乗って直島へ向かいます。

フェリーの船内は、これまで乗船したフェリーの中でグレードが高く、一人ソファー席でのんびりと過ごせました。

屋上にもテーブル席があり、気も良いですね。

直島へ到着しました。

オフシーズンなのにかなり人がいます。

アートな銭湯 I LOVE 湯

港から最も近いアート作品は、このI LOVE 湯です。

開店は18時からですが、まずはここへきてパシャリと撮影を。

自転車で島を探索

直島でおすすめしたいのはアシスト付き自転車での島探索。

島自体はそこまで広くないので、実はアシスト付き自転車でぐるっとまわれます。

レンタル費用も1日3000〜5000円とそこまで高くありません。

島の気持ち良い風を肌で感じながら爽快に自転車ツーリングを楽しめます。

島の至る所にアート作品があるので、そこを目指しながら島を回ってみます。

7つの家プロジェクト

直島の中には家プロジェクトと呼ばれるアート地区があります。

これは、古民家や空き家を改装して、その中で肌でアートを体験しようというもので、どれも独特の世界観があり面白いですが、中でも面白いのが南寺。

光が一切届かない暗闇の中で20分ほどいるだけのアート作品ですが、徐々に薄らと暗闇の中に何かが現れてきます。

1050円のパスポートを購入すれば、全ての家プロジェクトを楽しめるのでオススメです。

公民館までオシャレ

家プロジェクトエリアにあった公民館。オシャレですね。

疲れたので、休憩

炎天下の中をずっと移動していたので、少しアイスを食べながら休憩したいと思います。

そして地中美術館

直島の中で一番大きな目玉は、地中美術館でしょう。

安藤忠雄さんが建築されたミュージアムで、その名の通り、地中に埋まっています。

個人的にはクロードモネの展示室が素晴らしかったです。

太陽光を間接的に地上から取り入れ、その光だけで会場を照らし出しています。

撮影禁止なのが残念ですね。

入り口付近には、クロードモネの作品「睡蓮」をイメージして作られた庭がありました。

ANDO MUSEUM

安藤忠雄さんの作品資料が展示されたANDO MUSEUM

その他にもまだまだ作品があります

今日はかなり疲れました

朝から晩まで今日もたくさん遊べました。

疲れましたね。

心地よい疲れとともにフェリーでホテルに帰ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です