GoProで頭上から臨場感あふれる撮影!ヘルメットマウントのオススメ4選

自分の見たまんまを撮れる。

今回、紹介するのはGoPro専用のヘルメットマウントです。

このヘルメットマウントは、バイク、スキーやスノボーなどのヘルメットに装着するもので、

装着することで、自分が見ている風景をそのまま撮れるのてます。

スキーでジャンプしている時も、後ろ振りかえるその目線の動きも、全てをカメラに収めることができます。

なので、あとで映像を見返すと、まるで、自分が、そこで、体験しているかのような雰囲気を味わえるのです。

GoProヘルメットマウントの仕組み

ヘルメットマウントとは、ヘルメットそのものをさすのてまはく、そこにGoProを装着するためのアクセサリーです。

一度装着したら、しっかりと固定するので、どんな激しいエクストリームスポーツにも、対応します。

  • モトブログ
  • スノボー
  • スカイダイビング
  • マウンテンバイク
  • ロードバイク

など、ヘルメットを装着するスポーツ全般で使用することができます。

取りつけられる場所は3つ

取り付け場所は主には三つあります。

  • ヘルメットのトップ

ヘルメットのトップに装着して、自分の目線とほぼ同じ高さの目線、同じアングルで撮影することができます。

  • ヘルメットのサイド

ヘルメットのサイドに装着するタイプ。

ヘルメットの前面に取り付けることが難しい場合や、横に広がる風景や後ろに広がる風景を撮影したい場合にむいています。

  • アゴにとりつけるタイプ

アゴにとりつけると、口とGoPro距離が近くなるので、音声をしっかりとクリアに拾うことができます。

バイクやスキーのVlogを撮るときに向いている取り付け場所ですね。

ただし、ヘルメットのアゴ部分があるヘルメットでないと、装着できないので注意しましょう。

取り付け方法

2つの部品が必要

ヘルメットをマウントさせるには、2つの部品が必要です。

それぞれを別々で購入することもできますが、オススメは両方がセットになっているものを購入することです。

部品1:粘着テープ

まず、1つ目はヘルメットに取り付ける部品で、多くのマウントは両面テープが付いており、このテープの力を使って、しっかりと固定します。

しっかりとした粘着テープで一度貼ってしまうと剥がすことができませんので、注意しましょうわ、

部品2:アーム部分

部品2のアーム部分にGoProを取り付けます。

そして、部品1の両面テープ部品と、部品2のアーム部分を合体させることがで、ヘルメットに取り付けることができるのです。

また、このアームを複数連結させることで、左右や上下に動かすことができ、より複雑な角度調整をすることも可能になります。。

撮影できる映像

では実際にどんな映像を撮影できるのか見てましょう。

オススメGoProヘルメットマウント4選

オススメ1:GoPro純正ヘルメットマウント

ポイント

絶対に失敗したくない方や、ハードなエストリームに挑戦する方にオススメの商品。

メリット

  • Gopro製品に使われている素材は、激しいアクションでの使用を前提に作られているため、耐久性が高い素材が、さあ用されており、耐久性は群を、ぬいており何年も使用できます。
  • 部品同士の接続に隙間などが一切生じず一度取り付けると、ガチガチに固定してくれます。
  • ヘルメット部分に取り付ける両面テープは3Mのものが、使われており、固定してくれます。

デメリット

  • 安定性のため限りなくシンプルにつくられており、多機能ではない。

アクションカメラはGoPro一択!と言う方にはぜひとも持っておいて欲しいアクセサリー。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ2:Vamson Gopro ヘルメットマウント

ポイント

ヘルメットのトップや、サイド、アゴなどに取り付けることが可能。

1番大きな特徴としては、もしGoProがマウントから

はずれてしまった場合でも3つのリスクヘッジが用意されている点。

メリット

  • 両面テープをつける部分のマウントが平面用とカーブ用でそれぞれ用意されています。
  • マウントが、ヘルメットから落ちたとしても、落下防止がついてるので安心です。
  • さらに、落下防止器具まで外れてしまっても、ネックストラップにより、落下を防ぐことができます。

デメリット

  • 落下防止のためのリスクヘッジはかなり魅力的ですが、そのための装備も複雑で、シンプルさを求める人には向いていません。

激しい揺れのともなうアクティビティーの場合は、落ちるかどうかビクビクしないで済むので良いですね。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ3:SoPro Mountsフルフェイスヘルメット用顎マウント GoPro用

ポイント

アゴマウント専用のアクセサリー。

口元とGoProの距離が圧倒的に近くになるため、音声をクリアに拾い上げることができるので、youtuberやVlog、音声付きの自撮りをする方にむいています。

メリット

  • 航空機グレードのアルミ、射出成形プラスチック、ミニセルフォーム、ナイロンウェビング製で、耐久性があります。
  • 粘着テープ式ではなく、ベルトで取り付けるタイプなので、マウントごと取り外しが可能で、ヘルメットが汚れるこどがありません。

デメリット

  • 顎以外に取り付けることができないので、撮影アングルが限られる。

顎マウントは、乗り物にのりながら、自分の声を拾うのに適しているので、バイクをのりながら解説やトークするなどのシーンに向いています。

→Amazonで最新価格をチェック!

オススメ4:【国内正規品】 GoPro 用アクセサリ ヘッドストラップ&クリップ ACHOM-001

ポイント

こちらは、ヘルっとランプのようにヘルメットにそのまま、スポッとはめてしまうタイプのマウント。

メリット

  • ベルト部分の内側には、ジェル状の滑り留めがついているので、しっかりと固定できます。
  • ヘルメットがなくても直接頭に装着することができます。
  • ヘルメットマウントとは別に、簡易クリップがついていて、帽子のツバなどに挟みこんで取り付けるこどが可能。

デメリット

  • 他のマウントと比べて、大袈裟な作りなので、着脱に少し手間がかかりますので、急な撮影を、必要としないアクティビティに向いています。

釣りなどヘルメットを要しないアクティビティでも活躍します。

→Amazonで最新価格をチェック!

まとめ

複雑さがなくシンプルで、旅先などで扱いやすいものを使いたい場合は、余計な機能を全て省いて作られており、かつ耐久性の高い「オススメ1:GoPro純正ヘルメットマウント」をオススメ。

GoProを落とすのが怖い方は、GoPro落下防止機能が3つもついている、「オススメ2:Vamson Gopro ヘルメットマウント」を。

バイクや自転車に乗りながら、自分の音声もしっかり録りたい方は、「オススメ3:SoPro Mountsフルフェイスヘルメット用顎マウント GoPro用」がオススメ。

ヘルメットを装着していなくても、頭に取り付けたい方は、「オススメ4:【国内正規品】 GoPro 用アクセサリ ヘッドストラップ&クリップ ACHOM-001」を断然オススメします。