カテゴリー
未分類

真栄田岬

沖縄県、恩納村にある真栄田岬(まえだみさき)。

ここは、ダイビングやシュノーケリングエリアとしてとても人気が高いです。ですが、海に入らず景色を見るだけでも十分に楽しめるエリアとなっています。

Information

  • 住所:沖縄県国頭郡恩納村字真栄田
  • アクセス:車からタクシーでのアクセスが1番便利です。
  • 乗用車:1時間100円駐車場
  • トイレ:あり
  • 営業時間:季節により異なりますが、明るいうちに訪れないと景色を楽しむことはできません。
  • 定休日:元旦
  • 料金:遊泳料金 無料 / 温水シャワー 200円
カテゴリー
未分類

水納島

恩納村にある水納島という離島をご存知でしょうか?

おそらく私の知る限りでは本島から30分以内でいける離島の中で、いや石垣島や竹富島よりも郡を抜いて綺麗なビーチです。

透明度や青さ、どれをとってもピカイチです。

メジャーではないビーチなので、人もすくなくオフシーズにいくと、シークレットビーチのような、ほぼ貸し切り状態になります。

恩納村の渡久地港という港からでています。

渡久地港:〒905-0213 字谷茶

この港までは、駐車場も広いので、レンタカーで行くことをオススメしますが、那覇空港からバスでいくこともできます。

那覇空港の2番バス停で「やんばる急行バス」に乗車です(¥1,900)。

いざ乗船

まずは乗船します。

そして15分くらいで水納島が見えてきます。

みてください。

この海の青さ、、、考えられません。

本島からわずか15分離れただけでですよ。

船の上からでもその青さは一目瞭然です。

ビーチへ上陸!

乗船時間は20分程度ですので、まったく船酔いするこもなく楽しく過ごせました。

さて、

いよいよ上陸です。

本島からわずか15分のところにあるビーチだとはとても思えません。

ガイドブックに載っているのような、ビーチよりも圧倒的に綺麗です。

ちなみに、この島のあちこちを回ってみましたが、上陸した時のビーチが一番綺麗でした。

この島は歩いても1時間程度でぐるっと回ることができます。

いかにも沖縄ぽい石畳を歩いて行くと、民家がちらほら見えてきたり、犬がノロノロと歩いています。(これぞ究極の放飼いですね 笑)

本当に時が止まったかのような緩やかな村です。

ドローンで島全体の様子をみてみる!

さて、せっかくの綺麗なビーチなので、ドローンで上空から撮影開始です。

見事なビューですね。

最終便の時間をわすれずに!

気をつけたいのが最終便です。

特に僕が訪れたオフシーズンの12月は最終便が17時で、それを逃すと、野宿です。

必ず時刻はチェックしておきましょう。

夕陽が照らす海もとても幻想的で綺麗でした。

カテゴリー
未分類

備瀬のワルミ

知る人ぞ知る、備瀬のワルミ

この神秘的なスポットは、パワースポットとしてもしられており、沖縄通であれば、一度はきてみたいスポットになっています。

辿り着きかたも実はあまり知られていないため、現地の方の案内が必要なほどです。

しかし、さらに問題があります。。

観光客のマナーがあまりにも悪いため、これまでアクセスに使われていた道が封鎖されてしまったのです。。

みてください。

これは備瀬のワルミに到着した時に、落ちていたゴミたちです。。

これをみてしまうと、封鎖するのも無理はないですね、、

ですので、今はほとんどの人がたどり着けなくなってしまいました。

ツアーに申し込む他は、なんとか自力でルートを開拓するしかありません。

たどり着く方法

方法はたった一つ。

他のビーチから、周りこんでたどり着くという方法。

しかも潮が引いているタイミングでしか行けません。

さらに、、!

どこのビーチから辿りけばよいか、マップを見ても分からないため、現地をチャリで散策する必要があります。

冒険を楽しめるかどうか

まずは自転車をレンタルします。

観光名所「備瀬のフクギ並木」に到着すると自転車をレンタルできるところがたくさんあるので、そこでレンタルをして向かいます。

  • 備瀬のフクギ並木
  • 住所:
  • 駐車場あり:300円程度
  • レンタサイクル:半日で600円程度

実際、僕も自転車で1時間ほど探し回りました。

色んなビーチをみては、回り込めるかどうか。を検証します。。

本当に冒険です。

道なき道を探す感じです。

まぁ、これはこれで凄く楽しいので、こういう時間も含めて楽しめたら勝ちですね!

ようやく抜け道を発見!

因み以下が冒険中に出会った風景です。

そして、ようやく抜け道を発見しました!

この茂みに入っていくとこんなビーチが目の前に広がります!

こんな感じで海外が広がっていました。

いや、この時は本当に嬉しかった、、、

しかし、ここからが本番。

なんと、この先を絵画沿いに歩いていかなければなりません!

さらに辿り着けたとしても、帰りの道が満潮になっていたら帰れませんので、、気をつけて下さい。。

ついに到着

ついに到着です。

たどり着いた時は本当に嬉しく、、、、

もはや、風景よりも達成感の方が勝っていました。

カテゴリー
未分類

備瀬のワルミ

知る人ぞ知る、備瀬のワルミ

この神秘的なスポットは、パワースポットとしてもしられており、沖縄通であれば、一度はきてみたいスポットになっています。

辿り着きかたも実はあまり知られていないため、現地の方の案内が必要なほどです。

しかし、さらに問題があります。。

観光客のマナーがあまりにも悪いため、これまでアクセスに使われていた道が封鎖されてしまったのです。。

みてください。

これは備瀬のワルミに到着した時に、落ちていたゴミたちです。。

これをみてしまうと、封鎖するのも無理はないですね、、

ですので、今はほとんどの人がたどり着けなくなってしまいました。

ツアーに申し込む他は、なんとか自力でルートを開拓するしかありません。

たどり着く方法

方法はたった一つ。

他のビーチから、周りこんでたどり着くという方法。

しかも潮が引いているタイミングでしか行けません。

さらに、、!

どこのビーチから辿りけばよいか、マップを見ても分からないため、現地をチャリで散策する必要があります。

冒険を楽しめるかどうか

まずは自転車をレンタルします。

観光名所「備瀬のフクギ並木」に到着すると自転車をレンタルできるところがたくさんあるので、そこでレンタルをして向かいます。

  • 備瀬のフクギ並木
  • 住所:
  • 駐車場あり:300円程度
  • レンタサイクル:半日で600円程度

実際、僕も自転車で1時間ほど探し回りました。

色んなビーチをみては、回り込めるかどうか。を検証します。。

本当に冒険です。

道なき道を探す感じです。

まぁ、これはこれで凄く楽しいので、こういう時間も含めて楽しめたら勝ちですね!

ようやく抜け道を発見!

因み以下が冒険中に出会った風景です。

そして、ようやく抜け道を発見しました!

この茂みに入っていくとこんなビーチが目の前に広がります!

こんな感じで海外が広がっていました。

いや、この時は本当に嬉しかった、、、

しかし、ここからが本番。

なんと、この先を絵画沿いに歩いていかなければなりません!

さらに辿り着けたとしても、帰りの道が満潮になっていたら帰れませんので、、気をつけて下さい。。

ついに到着

ついに到着です。

たどり着いた時は本当に嬉しく、、、、

もはや、風景よりも達成感の方が勝っていました。

カテゴリー
未分類

フクギ並木の道

フクギ並木

現実離れしている夕陽

だんだんと辺りが暗くなってきました。

そして夕陽が落ち始めます。

ここは海外?というくらい、大きな太陽が海に向かっておて行きます。

わずか20分ほどの出来事ですが、とても感動的です。

 

 

カテゴリー
未分類

フクギ並木の道

フクギ並木

現実離れしている夕陽

だんだんと辺りが暗くなってきました。

そして夕陽が落ち始めます。

ここは海外?というくらい、大きな太陽が海に向かっておて行きます。

わずか20分ほどの出来事ですが、とても感動的です。