Osmo Pocket / 旅先で使える外部マイクオススメ3選

旅先での自撮り音声を

今回は、Osmo Pocket に最適な外部マイクを紹介したいとおもいます。

音声をしっかりと拾えない・風切り音やざわついた場所に向いていない

Osmo Pocket の内部マイクですが、ホームビデオなどの目的で撮影するならそこまで問題はありませんが、

「しっかりと音声を取り込みたい」「ざわついた観光名所でも、騒音をカットしてクリアな音声を拾いたい」「風のゴワゴワする音をなんとかしたい」

など、音声にもクオリティを求めるとなると、Osmo Pocket の内部マイクでは難があります。

視聴され続ける動画作りは画質もよりも音声が大切

綺麗な映像と綺麗な音声でしっかりとした撮影記録を残したいというかたやyoutuberの方やVlog用、または動画作成を仕事で使おうと考えている方にとっては、Osmo Pocketの外部マイクだけですと、雑音が入ってしまい、見ている側も少し不快感を感じてしまう。

いくら画質な綺麗であっても音声が途切れたり、聞き取りづらい、またはガビガビする音が入っているとそれだけで、動画を閉じられる可能性が高くなってしまいます。

内臓マイクに比べ音声の方が広がりと奥行きを感じさせられます。内部マイクとの雲泥の差にきっと驚かれることでしょう。

そこで今回は、音声をしっかりと録音できるための外部マイクを紹介したいとおもいます。

外部マイクの取り付けに必須のアイテム

まず、外部マイクをとりつける前に用意しなければならないのが、外部マイク接続アダプタです。

Osmo Pocket には外部マイクをとりつけるためのイヤフォンジャックがないので、このアダプタをUSB-Cケーブルの差込口にさして、このアダプタのイヤフォンジャックに外部マイクを取り付けます。

最初に購入するマイクアダプターは純正がオススメ

不具合がでたり、使えなくなったというケースも見られるので、最初には購入するのはDJI純正のこちらのアダプタを購入するされることをオススメします。

DJI 公式サイト

オススメ1:ULANZI 製 外部マイク

Amazon

特徴

Osmo Pocket にとりつけるタイプの外部マイクです。

多くのアクションカメラユーザーから愛されている製品です。

理由としては、本格的に音声を録れるにも関わらず、サイズが非常にコンパクトに作られている点にあります。

アクションカメラの最大の魅力は「コンパクトなのに高品質な映像が撮れる」点にあるので、その良さを殺さない作りになっています。

ただ、装着をしてみると、少々、大袈裟な作り、ゴツい感があるのも否めませんが、その分、騒音カットの品質はピカイチです。音質にとことんこだわりたい人のむけの製品です。

ハイクオリティーな動画やVlogを作りたいならぜひオススメします。ショットガンマイク並みにはっきり声を捕らえてくれ、正直、万単位する他のマイクよりも性能が高いと思いますね。

メリット

  • Osmo Pocket 以外にも様々撮影機材と連携
    Osmo Pocket Pocket 意外にもデジタル一眼レフカメラ、ビデオカメラ、オーディオレコーダー、iPhoneおよびAndroidスマートフォン、タブレット、などデバイスを選ばず使用できます。
  • バッテリーフリーで使用できる
    Osmo Pocket から電源を供給できるため、電池を用意したり充電する必要がありません。
  • アルミニウム構造の頑丈設計
    使用されている素材はアルミニウムで強度もかなりあります。
  • 初心者でも安心の本格マイク
    簡単に設置でき、すぐに収音できるので、最初から本格派のマイクを求める方には向いているでしょう。
  • 12ヶ月の保証期間
    不具合などを発見したら、すぐにメーカーに連絡を取るようにしましょう。

デメリット

  • 装備が大袈裟になってしまう
    外部マイクをとりつけるためのOsmo Pocket マウントを購入する必要があり、撮影スタイルが少しゴツくなってしまいます。
  • 風防(マフ)が映り込む時がある
    風貌とは、マイクに取り付けるモフモフしたもので、風切り音などをカットする効果があるのですが、osmo Pocketが広角レンズなため時折映り込む時があります。
  • ネジ部分が硬い
    外部マイクを取り付けるネジ部分が固く、時折、壊れないか心配になります。あまりも硬いと感じる場合は、保証期間12ヶ月の間にすぐに連絡をして交換してもらいましょう。

仕様・スペック

  • 変換器:エレクトレットコンデンサー
  • 極性パターン:カーディオイド
  • 周波数応答:35-18KHz +/- 3dB
  • 感度:-42dB +/- 1dB / 0dB = 1V / Pa、1kHz
  • 信号対雑音比:76dB SPL
  • プラグ:3.5mm TRSおよびTRRSコネクタ
  • 寸法:Φ22* 81mm
  • 正味重量:86g / 0.19 lb
  • 内容:* 1 *フォームウィンドスクリーン / 1 * BOYA BY-MM1マイク / 1 *ショックマウント / TRSオーディオ出力ケーブルへの1 * 3.5mm(カメラ、カムコーダー、オーディオレコーダー、その他のオーディオ/ビデオ録画デバイス用) / 1 * 3.5mmからTRRSオーディオ出力ケーブル(IOSおよびAndroidスマートフォン、タブレット、またはMac用) / 製作所オリジナルパッケージ / 1 * Ulanziクリーニングクロス

オススメ2:COMICA製 ショットガンマイク

Amazon
価格:¥5,275

特徴

こちらは、先ほどの上位版マイクだと考えてください。

とにかく音声も妥協したくない!という方にオススメ。

マイクが向いている方向の音を集中的に拾う特性があり、音楽や歌などを収録したい場合に最適です。音質やノイズの軽減具合が素晴らしく、風が強い日であっても、クリアな音声を楽しむことができます。

その分、これまで紹介したマイクの中では1番大きめなマイクとなっています。

映像美を追究するクリエイターやYouTubeなどサイトで配信をしたい方にもおすすめです。屋内で撮影をするときはもちろん、屋外で撮影をするときもきれいに録音ができます。

メリット

  • 電池なしで動きます
    ここまで本格的なマイクにも関わらず電池なしで作動します。外付けマイクには珍しく電池レスで動作可能。予備で電池を持つ必要もなく気にせず使えます。
  • 大きい割に軽い
    サイズが一見大きく感じてしまいますが、重さは軽いの持ち運びに苦を感じずに、アクションカメラとの相性も良いですね。
  • 狙った音声は逃さない
    ショットガンタイプのマイクですので、周囲の音声や風の音を減らしつつ、狙った方向の音声を安定的にクリアに拾うので、外での本格的な自撮りに最適です。
  • 遠くの音までしっかりと拾い上げてくれる
    狙った方向であれば、遠くの音声もしっかりと捕らえます。
  • 高品質なオーディオ環境を実現する素材を採用
    スーパーシールドと干渉防止機能を備えた100%アルミニウムが採用されています。
  • 衝撃吸収スタンド
    Comica単一指向性マイクロフォンは、操作上の振動を避けるために、シリカゲル製のプロの衝撃吸収スタンドを使用して設計されています。
  • 様々な撮影機材に対応
    Go Pro や一眼レフカメラなど様々撮影機材に使える
  • 電波干渉によるノイズもカットしてくれる
  • ホワイトノイズもよく抑えられていています。

デメリット

  • 装備が大袈裟になってしまう
    マイクをOsmo Pocket に接続するためのマウントを用意する必要があります。
  • アクションカムに取り付けるものとしては、サイズや重量が大きい
    このサイズにしては比較的か売りのですが、今回紹介するアクセサリーの中では一番大きく、重量もあります。Osmo Pocket のスリムさに惚れ込んでいる人には向かないかもしれません。
  • 激しい動きに向いていない
    激しい動きや衝撃に弱く、雨の日も仕様は避けましょう。
  • 全体の音声を録るのには向いていない
    特定の方向に向けて音声を拾うぶんには向いていますが、全体の雰囲気を録音するには向いていません
  • 感度が良すぎる
    感度が良すぎるため、ケーブルなどに触れるだけで、その音まで拾われます。
  • 耐久性が少し不安マイクを支える部分がプラスチック製で少し安っぽさがあり不安を覚えます。今のところは大丈夫なので、安心して使えそうですが、、、
  • 録音ボリュームが小さい
    しっかりと高品質な録音が可能ですが、全体の録音ボリュームが小さいと感じました。後ほどの編集作業で調整するのが良さそうですね。

仕様・スペック

  • 極パターン:スーパーカーディオイド
  • マックス SPL:100dB
  • 周波数範囲:80Hz~16000Hz
  • THD:≦1%
  • 出力インパクト:2.2±30%kΩ
  • ダイナミックレンジ:100dB
  • 感度:-34±3dB
  • 信号対ノイズ比:≧58dB
  • アイテムの重さ:34.2g
  • 寸法:85 * 21mm(L * D)
  • iPhone、HuaWei、DJI Osmo、Sony A9 / A7RII / A7RIII、GH4 / GH5、GoproカメラおよびDSLRカメラ用のミニショットガンビデオマイク
  • 内容:1 * Comica CVM-VM10IIマイク / 1 *マイク衝撃吸収スタンド / 1 * 防風スポンジ / 1 * ウインドマフ / 1 *スマートフォンオーディオケーブル / 1 *カメラオーディオケーブル / 1 *ユーザーマニュアル

オススメ3:COMICA製 Osmo Pocket 用小型マイク

Amazon

Osmo Pocket 専用に開発されているのが特徴。

ご覧の通り、とても小さくこんなパンクな設計。COMICA CVM-MT06 XY ステレオマイク DJI OSMO POCKET 用に設計されています。

ホテル内や建物内を撮影することに向いています。

他の大きなサイズと比べると、当然ですが品質が劣りますが、「こんなにもコンパクトサイズであるにも関わらず、ここまで高品質な音声を拾えるのか」という視点で考えてみると、優れている商品だと言えるでしょう。

メリット

  • トータルのコスパが優れている
    最初から、外部マイクと本体を繋ぐアダプタがセットされているため、別途購入する必要がありません。
  • ありえないくらい小さいですが、素晴らしい音質
    印象としては、自然でクリアな音質です。
  • どのマイクよりも持ち運びが簡単
    ポケットにすっぽりと入ってしまうサイズで、取り付けても撮影の邪魔にもならず、Osmo Pocket のデザインや手軽さを殺さず、むしろ生かす設計となっています。
  • 耐震構造設計で騒音を軽減
    通常、この手のサイズのマイクは、騒音に非常に弱いのですが、震動を防ぐ設計にすることで、ノイズを軽減することができています。
  • カメラレンズに100%映り込まない
    マイクがあまりにも小さく、取り付け位置もレンズから離れているため、比較的広角なOsmo Pocketであっても、マイクがレンズに映り込むことがありません。
  • マイクの角度を180度調整することが可能
    マイクの角度を変えることができるので、音声を拾いたい方向に向けることができます。

ステレオタイプで録れる
このサイズにも関わらずステレオタイプのマイクとなっており、迫力のある音声を録音することができます。  低域・中域ともに厚みがある
マイクのサイズが小さいと、低音などが薄くなり、ちゃっちい音声になりがちですが、同じコンパクトサイズの他社製マイクと比べてもしっかりと低域や中域の音に厚みがあります。 ホワイノイズもありません
ホワイトノイズがほぼないのも驚きです。 本体の作りもしっかりとしている
プラスチックではなく、金属で作られており高級感があります。 マイクが落ちる心配がない
マイクを四角いホルダーでガチガチに固定するため落ちる心配がありません。

デメリット

  • Osmo Pocket 以外では仕様できません。
    Osmo Pocket 以外の一眼レフカメラやビデオカメラようには設計されていないため、使用できるデバイスが限られています。
  • 外で使う場合は、風の音を拾いやすい
    外で使う際は、風貌を使われることをオススメします。感度が良すぎるせいか、風の音までしっかりと拾う傾向があります。

仕様・スペック

指向性:XY型単一指向性,感度:-36±2dB,周波数特性:60-20,000hz,S/N比:70dB未満,最大音圧:100dB,外部接続:3.5mmソケット,最大回転度数:90度,使用温度:0~50℃,保存温度:-20~60℃ 

コメント

一番バランスが取れているのは、最初に紹介した「ULANZI 製 外部マイク」でしょう。

コンパクトとはいえませが、それでも他の本格派マイクと比べれらば、サイズが小さくかさばらず、それでいて、雑音をしっかりとカットしてくれて綺麗な音声を録ることができます。