Osmo Pocket レビュー / 1年以上使ってわかったメリット・デメリット 〜トラベル編〜

1年以上、旅でOsmo Pocketを使い倒して分かったメリット・デメリットをお伝えします。

他の代表アクションカム同様、基本的なスペックは満たしている

まず、基本的なスペックについてですが、画質やジンバル機能は、他のアクションカメラと比べても優れているといえます。

ドローン界の覇者、DJIが開発した究極のジンバル

まず、素晴らしいくらいジンバル機能が優秀。
全く他社に引けをとらず、むしろそれ以上だと感じます。

それもそのはず。

DJIはドローン界の覇者だと言われており、、、

その理由は、上空でどれだけ強風に煽られても一切、映像がブレないジンバル技術があるからです。

この驚異的なジンバル技術のおかげで、どれだけ機体が傾こうが、揺れようが、一切ブレや振動のない映像を実現することができるのです。

そんなジンバル技術が、このOsmo Pocket には詰め込まれているのです。

リュックやキャリーケースに取り付けて撮影しても、揺れのない映像が撮れる

キャリーケースに以下のように装着して、撮影しても揺れのない映像を撮影できます。

ハイパーラプスや、タイムラプスも綺麗に撮影できる

もちろん、タイムラプスやハイパーラプスも申し分ないクオリティーで撮影できます。

画質も4Kで申し分のない綺麗さを実現

動画の画質についてはも4K60fpsで撮影することができ、十二分にきれいな映像を撮影できます。

以下は、Osmo Pocket と一眼レフの合わせ技で撮影した映像になります。
・ライムラプス部分はすべて、Osmo Pocket での撮影になります。
・その他、ホテル内の映像もOsmo Pocket で撮影した映像をふんだんに入れています。

Osmo Pocketならではの利点

それでは、ここからはOsmo Pocket 独自のメリットをお届けします。

その名の通りスマートにポケットに収納できる

何より、圧倒的にスマートなシルエットで、どんな小さなスペースにもスッと入ってしまいます。

他のアクションカメラとは違い、縦に長いので、ポケットなどに入れても全く引っ掛かりがなく、スムーズな出し入れが可能です。

出し入れに億劫さを感じることがないので、より積極的に撮影に前のめりになれます。

アクセサリー無しでも十分に撮影できる。

GoProなどの通常のアクションカメラは、基本的には自撮り棒などを装着する必要があります。

ですので、まず自撮り棒を持ち歩かなければなりませんので、小さい鞄で出かけたい時などには向いていません。

ですが、Osmo Pocket のシルエットは、縦長につくられており、いわば自撮り棒付きのコンパクトカメラなのです。

Osmo Pocket の本体を手で握ってそのまま撮影することができます。

なので、アクセサリーをいちいち持ち運ばなくてもいいので、荷物が軽くなり、さらにアクセサリーをとりつける面倒さもありません。

どのアクションカメラよりも撮影準備が短く、撮影チャンスを逃さない

アクセサリー無しで、撮影を開始できるので、基本的には、ポケットからサッと取り出し、電源を入れて、録画スイッチを押すだけ。

もっと、楽な撮影フローを作るなら、以下の簡易カバーも用意しておくとよいでしょう。

旅行中に急な撮影シーンに出会しても、すぐに撮影を開始できます。

カメラの身を動かすことができスムーズな上下、左右のカメラワークを実現できる

他のアクションカメラは、下から上になめるような撮影をしたい場合、本体や体ごと動かさなければなりません。

ところが、このOsmo Pocket はカメラ部分のみが動く仕組みですので、体や本体を動かすことなく、撮影することができます。

さらに、コントローラーホイールを取り付けることで、左右のカメラワークも簡単に操作できます。

→コントローラーホイール DJI公式ページ

価格が安い

これだけ高いクオリティーにも関わらず、価格が他のアクションカメラに比べると、圧倒的に安いですね。

アクションカメラを始めて購入される方は、Osmo Pocket から初めてもよいかもしれません。

見た目がスマートで可愛い

こういったガジェットは昔から男性のもの。

という印象が強いですが、比較的、女性も活用されていいるケースがおおいですね。

自撮り棒なども必要ないため、変に目立つことがないなどの理由が大きいと思います。

夜に強い

そして、夜に強いカメラでもあります。
GoProと比較しても、夜でも明るい撮影ができ、ノイズも比較的に抑えられるます。

このサイズにしては、高いクオリティーだといえます。

先ほど紹介したホテルの動画、夜の風景も差し込んでいるのですが、ノイズがしっかりと抑えられており、しっかりと撮影できていることがわかります。

以下の動画を確認してみてください。

映像を確認しながら自撮りができる

Go Proの場合は、カメラがある側にはモニターがついていないため、自撮りをすると、その映像をリアルタイムで確認することができません。

またinsta360 ONE Rは、いったん分解をして、モニターの向きを逆向きに変えることで、映像を確認しながら自撮りができますが、しかし面倒です。

Osmo Pocket の場合は、ボタンを3回押せば、カメラだけが回転して、自分側に向くので、モニターをそのまま確認しながら自撮りができます。

デメリット

ここからOsmo Pocket のデメリットについてお届けしたいとおもいます。

縦に長いのが欠点になる時がある

細長いシルエットが邪魔になる時があります。

たとえば、リュックサックに取り付けた場合、上に長く伸びているので、かがんだときに顎にぶつかったり、不用意に何かにぶつけてしまうことがあります。

モニターが小さく、スマホなどで確認すると違和感を感じる時がある

また撮影している映像をリアルタイムで確認できるモニターが小さく、、、

後でスマートフォンで確認すると、思っていたのと違う感じになっている場合があります。

ただし、撮影に慣れてくると、あまり気にならなくなりました。

広角さはGoProやinsta360の方が上

小さなカメラで風景を丸ごと収められることがアクションカメラの魅力ですが、GoProなど他のアクションカメラと比べると、やや広角さがものたりません。

特に自撮りをする場合は、自分の顔が画面の3分の一くらいを占めてしまいます。

そんなときは、ぜひ簡単に装着できる広角レンズを使ってみてください。

→オススメ広角レンズ記事

衝撃に弱く、防水ではない

これが最大の弱点かもしれません。

ハワイ旅行に行った初日、胸ポケットにいれ、街中の風景を撮影していたのですが、しゃがんだ瞬間にOsmo Pocket が胸ポケットから落ちてしまい、そのままこわれてしまいました。

そのとき、持参していたアクションカメラはOsmo Pocket のみでしたので、相当なショックを受けてしまいました。。。

他のアクションカメラは落としてもこわれません。

そもそも頑丈さを売りしているケースが多いからです。

防水機能がない

GoProやinsta360 ONE Rは、本体が最初から防水仕様で、水深5 – 10mまでは、防水ケースなしで撮影ができます。

ですが、Osmo Pocket には防水機能が一切ないので、海辺で撮影をおこなう場合は注意が必要です。

ただし、防水ケースを装着することで、海中でも撮影することができます。

気になる方は参考までにこちらの記事を確認してみてください。
→シュノーケリング・ダイビングで大活躍する防水ケースオススメ5選

身軽さ、手軽さでいうと、群を抜いて使いやすいアクションカメラ

身軽さ、手軽さを求めるなら、圧倒的Osmo Pocket がオススメです。

ポケットからの出し入れのしやすさ。

自撮り棒などをを取り付ける必要がない。

それでいて、本格的な映像を撮影できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です