旅に使えるGoProヘッドマウント、オススメ4選

ヘッドマウント活用シーン

今回はGoPro専用ヘッドマウントの紹介です。

その名の通り、頭につけるマウントのことを指しますが、ヘッドマウントはどのようなシーンで使用するとベストなのでしょうか。

旅行

旅行で使用すると何が面白いのかというと、、、

観光の最中に自分が無意識に気になって見ていたものを、しっかりと追いかけて撮影することができる点なんです。

ヘッドマウントは体の動きではなく、頭の動きに連動して動くため、常に自分と同じ目線で撮影をすることができます。

なので、後で映像を見返した時に、自分がどんなものを無意識のうちに見ていたのか、目で追っていたのか、楽しくおさらいしながら見れるので、とても面白いです。

スポーツや趣味

スポーツや趣味にもオススメのヘッドマウント。

たとえばテニスをする際にこのヘッドマウントを使うと、後で見返しても、自分がテニスコートにいて、プレーしているかのような臨場感あふれる映像になっています。

向こうから飛んできたボールを打ち返しているシーンを主観的に撮影できるので、ラリーをしている気分になれます。

他にも釣りをする際に、ヘッドマウントを装着すれば、魚を吊り上げるまでのリアルな奮闘シーンを映像に残せます。

釣り竿が大きく揺れるシーン、思いっきりリールを巻いているシーンなど、を臨場感あふれる主観的な映像で楽しめます。

帽子が似合う人は断然オススメ 

このヘッドマウントが向いている方、それはズバリ帽子が似合う、または帽子を被っても変ではない方です。

僕がそうなのですが、極端に帽子が似合わない方は、日常シーンで使うのは難しいでしょう。

ヘッドマウントは帽子なしで装着すると、とにかく目立ちます。

登山やスポーツなど特殊な環境であればいいのですが、街中は目立ちます。

怪しい人感がでてしまいますが、帽子を被りその上にヘッドマウントを装着することで、全く目だたくなるんです。

街中でランニングする時もGoProを頭に取り付けて走っても、結構街になじみます。

使えるヘッドマウントの選定ポイント

選定ポイント1:滑り止めがついているか

頭に取り付けるゴムの裏側に滑り止めのジェリーのようなものがついているかどうか、チェックしてください。

これがないと、動くたびにヘッドセットが緩んでしまったり、動いたりしてしまうため安定した映像を撮ることが難しくなります。

選定ポイント2:本体を留めるジョイントがしっかりとしているか

本体を留めるジィントをしっかりと締めることができないと、動いている最中に、どんどんGoProが前のめりに傾いてしまい、前方の景色ではなく自分の顔ばかりを撮影してしまう羽目になります。

オススメ1:GoPro純正ヘッドマウント

※参考:Amazon

ポイント

GoPro純正のヘッドセット。
耐久性があることに加えて、なんとクリップマウントも付属でついてきます。

メリット

  • クイッククリップ付き。簡単に帽子の唾などに挟みこんで使用することができます。
  • 耐久性は抜群で、数年使ってもしっかりと耐えられる製品です。

デメリット

  • GoPro純正はコストが高く、他社製品の2.5倍程度するのが一般的です。
  • GoProの角度調整が上下にしか動きません。が、ヘッドマウントを使う際は、基本的に真正面の方向で撮影するので上下が調整できれば十分かと思います。

GoPro純正のアクセサリーは多機能性よりも耐久性・安定性を重視して作られているため安心して使用できます。
クリップはあくまで付属品として考えましょう。

→Amazonで最新価格をチェック

オススメ2:Amazon Basic 製ヘッドマウント

※参考:Amazon

ポイント

アマゾンが開発したヘッドマウントです。

当然ですが、Amazon自社サイトで販売しているので、他社よりも流通コストが安く、高品質のものを低価格で購入することができます。

メリット

  • 機能と価格を天秤にかけたとき、コストパフォーマンスが優れている。
  • 耐久性もあり1年程度であれば使い倒せます。
    多くの方は、ヘビーユースするわけではないと思うので、かなり長期間もっ使えると思います。

デメリット

  • GoProと比べると、耐久性はどうしても落ちますが、価格が2.5倍ほど違うので、この辺りは許容範囲だと思います。

耐久性がそこそこあり、そして低価格なので、かなり使い倒して磨耗してきたなと思ったタイミングで買いなおして新品を使うのも手かなと思います。

→Amazonで最新価格をチェック

オススメ3:Taisioner製 ヘッドマウント

※参考:Amazon

ポイント

上下だけでなく左右にもGoProの向きを調整することができるので、微妙なアングル調整が可能になります。

メリット

  • 上下に180度動かすことができるだけでなく、横にも360度回転させることができ、右斜め上など、微妙なアングル調整ができます。
  • 値段も最低価格とはいきませんが、そこそこリーズナブルに手に入ります。

デメリット

  • 個体差によりネジ穴が合わない場合があるようです。その場合はすぐに返品対応を依頼しましょう。

右斜にある風景を歩きながら撮影するなど、微妙なアングル調整が必要とされる場合には役立ちそうですが、そういったケースは稀かもしれませんね。

→Amazonで最新価格をチェック

オススメ4:Aukru製 ヘッドマウント

※参考:Amazon

ポイント

安心して使えるヘッドマウントの中では、最安値の製品。

メリット

  • 価格が他社製品の中でも最も低コスト。
  • 安いにも関わらず、作りはしっかりとしており、コストパフォーマンスの面か見るとアリ。

デメリット

  • 締めつけがきつい、、、緩くて落ちてしまうよりかは良いかもしれません。
    外れた時のことを考えて、激しいアクションはやめておくのが良いでしょう。

「ヘッドマウントが気になっているけれど、一番価格が高いGoPro純正のヘッドマウンを購入して結局使わなかったらどうしよう、、、」と思った時は、まず一番やすいもので試すのが鉄則。
その点で考えるとお勧めできる製品。
試してみて、ヘッドマウントが必要そうであれば、その時点で改めて純正を購入してみるのもいいですよね。

→Amazonで最新価格をチェック

結論

・「価格重視」「まずはお試し」と考えている方は、、、
価格が最も安く作りもしっかりとしている「オススメ4:Aukru製 ヘッドマウント」がオススメです。

・高くてもいいので一生使えるものを!と考えている人は、、、
耐久性が段違いに高い「オススメ1:GoPro純正ヘッドマウント」を。

・価格の性能のバランスを重視する派の方は、、、
「オススメ2:Amazon Basic 製ヘッドマウント」もしくは「オススメ3:Taisioner製 ヘッドマウント」をオススメします。