カテゴリー
apple iPad

IPad Mini 6 をGET!&お外で開封!

iPad mini 6をとうとうゲットしました。

アップルストアで普通に購入しようとすると、「5週間待ち」となってしまうiPad mini 6ですが、実は不定期でリアル店舗に数台に入荷されているんです。

その入荷状況を常にネットから確認して、なんと狙っていたパープルの256GBがあるではないですか・・・

よし!購入するぞ!と決意するも、、、なかなか決心付かず、、、でも、、、ここでポチららなければ、また後悔するはず・・・!ということで、ポチってそのままベットから這い上がって、apple storeに受け取りに行き無事ゲットしました!

ということで今日はiPad miniで1日中遊びたいと思います!

まずは、開封ということで開封はお外で笑

結構な確率で開封儀式は外です笑

ビールとポテチを食べながら、開封を楽しみます笑

↓付属品は以下のような感じです。

  • コンセント
  • ケーブル
  • 本体

いつもながらのセットですね。

それでは、本体の保護ペーパを外していきます。

ジャン!

美しいパープル。。。

ほのかに紫色を感じることができます。このさりげない色味が最高です。

こんにちわ!

最高です。。。

一緒に購入したパープルのスマートフォリオを装着!

と、ここで家にapple pencil第2世代を置いてきたことに気づきました・・・

それでは色々とセットアップしながら満喫したいと思います 笑

カテゴリー
apple iPad

【2020年版】iPad Pro カバー / でクリエイティブを楽しむためのカバー選びのコツとオススメのカバー4選!

iPad Pro を買ったらまずやることは、iPad のカバーを購入することです。

iPad の外観がどれだけ好きだったとしても、カバンに入れたりして持ち運ぶと100%傷ついてしまいます。(実体験済み、、、泣)

大切なiPad をいつまでも綺麗な状態で使い続けるために、後悔のないiPad カバー選びをしましょう。

最初に決めることは「キーボード有り or 無し」か

まず最初に決めることは、キーボードが付きか、キーボード無しかです。

ここが決まらないといつまでたっても、「こっちがいいかな〜」「やっぱりこっちかな〜」と迷い続けてしまいますし、買った後に必ず後悔します!

キーボード無しのiPad カバーがオススメな人

  • Apple Pencil を使ってiPad をノートとして活用したい
  • iPad でイラストやスケッチ、お絵描きを楽しみたい
  • パソコンのサブ機として使いたい
  • 雑誌や、本、インターネットなどの閲覧専用のデバイスとして楽しみたい。

キーボード無しのカバーだと、カバーをぐるっとひっくり返すだけで、ipadをフラットに寝かせられるので、とても便利です。

また、角度調整もできるので、映画をみるときの直立に近い形や、ノートを撮るときに少しだけ角度を持たせて寝かせたりなど、心地よいiPad 環境を作ることができます。

キーボード有りのカバーは、まずipad をフラットに寝かせられないものもたくさんあるので、いちいちカバーから取り外して使い続ければなりません。

これは面倒ですし、カフェなどで作業をする場合、使っていない時のカバーの置き場に困ります。

キーボード有りがオススメな人

  • 執筆活動をしたい方
  • 文章作成
  • エクセルやワード、パワーポイントを使いたい方
  • パソコンとして使いたい方

文章をガシガシ書きたい方は、キーボードを揃えることで、パソコン以上に完璧な執筆環境を作ることができます。

iPad はパソコンよりも、全てがシンプルに作られているため、余分な機能がないぶん、意識が散漫せずにずっと執筆に集中することができます。

さらに、iPad Pro は初代と比べて本当に進化しています。

文章作成もサクサクとできますし、動画編集や、デザインラフの作成も楽にこなせます。

また、マイクロソフトのofficeのソフトも使えるので、iPad 1台あればどこでも仕事や創作活動が可能になりました。

USBメモリーなどのデータを読み込めるようになったりと年々進化しています。

なので、パソコンの代わりとして使いたい方は、キーボード付きカバーは必須ですね。

キーボード有りのカバーを選んでも全てを完璧にこなせるわけではない

ラフをiPad で作って、仕上げはパソコンで

ただし、キーボード付きカバーを選んだとしても、パソコンのようになんでもこなせるわけではないので注意しましょう。

例えば、パワーポイントやキーノートを使って、スライドを作る場合、細かい微調整やデザインをしっかりと入れたい場合は、やはりパソコンでないとできません。

なので、iPad でサクッと企画書の骨子やラフを作っておいて、最後にパソコンで細かい部分を整えて仕上げるのが良いでしょう。

企画書だけでなく、動画など全てに同じことが言えますね。

こんなカバーを使うと、iPad の良さが無くなるから注意!

1. ハイスペックだが重い

使いやすさや頑丈さをあまりに注視しすぎてハイスペックなものを選んでしまうと、確実に重くなります。

ですが、iPad の良さは軽さとシンプルな外観にあリます。

パソコンの場合は、これまでテーブルに置いて見るしかありませんでしたが、iPad は軽くて、一枚のガラス板なので、片手で持って閲覧することができます。

電車やバスの中で見たりなど、場所を選ばずに楽しめることが魅力なのですが、、、

重いと手で持つのがシンプルに辛いです。

そしてやがては、カバンの中に入れっぱなしになってしまい、、使わなくなっていき、、、クローゼットの中で眠り続けることになってしまいます。

2. 外観がゴツいカバー

スリムであることが特徴のiPadがカバーによって、分厚くゴツくなってしまっているケースをよく見かけます。。

iPad の倍以上分厚くなり、重くなるので、どんどんiPad を使うことが億劫になっていきますし、見た目もダサくなってしまうので、わざわざ高いお金を出して買ったのに本当にもったいないです。

3. Apple Pencil ホルダー付きのケースは選んではいけない

時おりApple Pencil ホルダ付きのカバーを使っている人がいますが、これもNGです。

Apple Pencil は iPad にくっつく仕様になっているにもかかわらず、「落ちるのが不安・・・」という理由でapple Pencil ホルダー付きのものを選んでしまうと後悔します。

その理由は、Apple Pencil ホルダーがついていると、単純にカバー大きくて分厚くなってしまいます。そして重くなります。

見た目がゴツく、重くなってしまい、iPad の良さは完全に無くなってしまいます。

4. 開閉の仕組みが複雑

カバーの開閉が複雑のものもオススメ出来ません。

理想はワンタッチで開閉できるものです。

たとえば、ゴムバンドがついているタイプのカバーです。

確かにオシャレさが出るかもしれません。

iPad の魅力は、他のデバイスにはない機動性の速さです。

サッと出してパッと使えるのがiPad の魅力です。

ここに一手間が加わることで、かなりストレスになります。

最初の1週間はいいのですが、段々とイライラすすようになります。

純正って正直どうなの!?

純正のカバーについてみていきたいと思います。

アップル純正のカバーを使っている人もたくさん見かけますが、純正カバーは他社のカバーに比べて倍近くお値段が高いですが、実際のところ使い勝手は良いのでしょうか。

メリット

1. iPad との噛み合わせが素晴らしい

まずはiPad をくっつけた時の固定感やカチッとピタッとくっつく点が素晴らしいですね。

少しもずれることなく、装着した後も磁石だけくっつけているにも関わらず、上下左右均等に綺麗にくっつけられます。

2. つけている時の安定性、取り外しの簡単さが素晴らしい

iPad を使いはじめて最初に思った時は、意外とカバーを外して使うシーンが多いということです。

なのでつけている時は、しっかりと固定してくれているのがベストなのですが、外すときに硬かったり、引っ掛かりを感じたりすると、利便性が損なわれます。

この点から言うと、純正カバーは完璧です。

強力なマグネットのみでiPadをくっつけているので、サッとカバーから外すことができ、戻すときもカバーの上に置くだけで取り付けることができます。

これにより、iPad をはずして使い、使い終わったらカバーに戻すと言う一連の動作がスムーズにシームレスに行えます。

3. 全てがジャストサイズ

サイズも見た目もジャストサイズに作られているのでiPad の外観を一番際立たせてくれます。

さらに、iPad よりも少しだけ出っ張っているので、iPad の側面が直にどこかに当たる心配がありません。

デメリット

1. デザインの幅広さがない

Apple製品のすべてはシンプルに作られているため、好き嫌いが分かれるところだと思います。

もっと派手なデザインや他の人と差別化を図りたい人にとっては少し物足りないかもしれません。

2. iPad の側面を保護することができない

iPad の純正カバーはどれも表面と裏面を保護するように作られており、側面は保護することができません。

しっかりと保護したい人は、他社製のカバーをオススメします。

おそらく側面を保護しないデザインになっている理由は、

1、側面を保護することでより大きくなってしまい、シンプルなデザイン性が失われてしまう

2、apple Pencilがくっつけられなくなってしまう。

この2点かと思います。

3. お値段が高い

お値段が圧倒的に高いですね。

キーボード無しのカバーで9,000円以上もします。

キーボードのカバーは安いものでも20,000円程度します。

キーボード付きカバーを買うなら圧倒的に純正がオススメ

キーボード付きカバーを検討しているなら、まずは純正のSmart Keyboard Folioを試してみるのもありです。

理由はシンプルで、純正が一番薄くコンパクトで軽いからです。

価格は高くつきますが、今後数年間のiPad ライフの快適さが変わってしまうことを考えると、ここは思い切って買ってしまうのがありです。

iPad ライフの快適さは、そのまま創作活動の質に影響してしまうので、純正がお勧めですね。

絶対にオススメなiPadカバー4選

それではここからは、オススメのカバーを紹介していきたいと思います。

オススメ1:純正 / Smart Folio Cover


Apple 純正のカバー。

まるでiPad Pro を裸のままで持ち歩いているかのような感覚を味わえるカバーです。

とにかく薄く、そして軽い。それが全てiPad の良さを最大限生かしてくれるカバーで、僕のお気に入りです。

色々なカバーを試しましたが、「なぜもっと早くこれを買っておかなかったのか」と後悔しました。

メリット

  1. とにかく薄くて軽いのでiPad を持ち歩くストレスがゼロです。
  2. iPad の形にジャストフィットで作られているので、美しいiPad の外観が崩れません。
    見た目もスタイリッシュで本当に好きです。
  3. カラーバリエーションが豊富で、好みのを色を見つけることができます。
  4. 3段階の角度調整があるので、常に快適な作業環境を作れます。

3段階の角度調整

  • 映画用であれば、90度に近い角度で、
  • お絵かき用であれば、少し角度をつけた状態で、
  • ノート用であれがフラットに寝かせた状態で楽しむことができます。

デメリット

  1. カバーなのに9000円以上します。。。
    これが理由でずっと買わずにいました。
  2. iPad の側面が保護されていません。

レビュー

さらに詳しく知りたい方は、こちらのレビュー記事も参考にしてください。

オススメ2:純正 / Smart Keyboard Folio

created by Rinker
Apple(アップル)
¥41,915 (2022/07/07 21:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

Apple 純正のキーボード付きカバー。

快適な執筆環境が欲しい方、仕事やメール、資料の作成をされたい方に向いています。

キーボード付きのカバーの中では、スリムで軽いのが魅力です。

また、ショートカットが使えるので、動画編集をする際もサクサクとできます。

メリット

  1. 快適な執筆環境が作ることができます。
  2. 2段階の角度調整ができます。
  3. 耐水性 / タイピングキーがキーボードと一体化しているので、水をこぼしても水が侵入することがありません。
  4. ショートカットを使って、パソコンに近い感覚で作業をすることができます。
  5. カバーを反対側に裏返すことで、iPad をフラットに寝かせることができるので、Apple Pencil で絵を描いたりすることができます。

デメリット

  1. キーボード付きカバーの中では軽い方ですが、それでもオススメ1のSmart Folio Cover と比べて3倍近い重量があります。
  2. お値段が高く20,000円程度します。
  3. Smart Folio Cover と比べて傷や凹みがつきやすいですね。

レビュー

さらに詳しく知りたい方は、こちらのレビュー記事も参考にしてください。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥41,915 (2022/07/07 21:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ3:純正 / Magic Keyboard

created by Rinker
Apple(アップル)
¥41,915 (2022/07/07 21:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

純正のキーボード付きカバーですが、オススメ2のSmart Keyboard Folio の上位モデルになります。

指先で操作できるトラックパッドがついている点が大きな違いで、これのおかげであらゆる創作活動が快適になります。

このトラックパッドを使えばイラストレーターを使って、細かい作業をすることも可能になりますし、動画編集も編集したいクリップにすぐに移動できるので快適になります。

もちろん資料作成もこれまで指で図形を作っていたのですが、このトラックパッドを使えば、細かい作業や微妙な調整もできるようになります。

iPad Pro であらゆることをこなしたい。完璧にパソコンにとして使いたい!と考えている人に向いています。

メリット

  1. トラックパッドのおかげで、あらゆる創作活動が快適になります。
  2. 薄暗い場所ではキーボードが光るので、場所を選ばずに作業ができます。
  3. Mac と同じキーボード構造になっているので、タイピングがMac と同じくらい快適にできます。
  4. 角度調整は自由自在好きな角度で作業できます。
  5. 充電ポートがカバーにもついているので、左右好きな方から充電ができます。
    また、キーボードの充電ポートから充電しながら、iPadの充電ポートでは、SDカードを読み込むことなどの作業ができるのが便利です。

デメリット

  1. 装着したままだとApple Pencil は圧倒的に使いにくいので、いちいち取り外す必要があります。
  2. 信じられないくらい重い
    重量が600g程度ありiPad 本体よりも重いので、ずっと購入を躊躇していました。。
  3. お値段はなんと、30,000円近くします。

レビュー

近日、レビュー記事公開予定ですので、少々お待ちください。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥41,915 (2022/07/07 21:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

オススメ4:Native Union

Apple 用に数多くの優れたデザイン性と品質のアクセサリーを作っているイギリスのメーカー「Native Union」から発売されている製品。

このメーカーの製品はとにかく、見た目が美しく、そして機能面や使用されている素材もしっかりしているのが特徴。

このケースは、iPad を何もつけず裸のまま持ち歩きたい人のために作られた製品です。

僕はiPad をずっと使い続けていると、段々とカバーそのものを邪魔に感じる時があり、裸のままで使いたい!と何度も思いました。

実際、裸のままが一番見た目もオシャレですし、Apple Pencil を使う時も 、読書をするときも快適に感じます。

あとは軽いですね。

メリット

  1. 極めてスリムに作られているので、iPad が入っていることを感じないくらいです。
  2. 外ポケットにはケーブルなどを収納することができます。
  3. 内側はキルト生地が使われているので、iPad をしっかりと保護できます。
  4. 開閉部分がマグネットになっているので、入れるだけで自然とiPad が滑り落ちないようにロックができ、取り出すときも簡単です。
  5. 2つの素材を使い分けることで、コントラストの聞いたデザインに仕上がっています。
  6. iPad よりも一回り大きく作られているので、落としたとしてもiPad の四隅や側面をしっかりと保護できます。

デメリット

  1. お値段が若干高め(7000円程度)
    ですが、iPad をかっこよくおしゃれに持ち歩けるファッション性があるので、買った後の満足度はかなり高いです。
  2. iPad よりも少し一回り大きく作られているので、サイズが大きくなってしまう。

詳細レビュー

さらに詳しく知りたい方は、こちらのレビュー記事も参考にしてください。

まずはiPad の使用目的をしっかりと決めましょう

いかがでしたでしょうか。

iPad のカバーはあげればキリがないくらい様々なメーカーから発売されていますが、まずはご自身がどんな目的で使いたいのかをはっきりさせることが大切です。

周りを見ていると、とりあえずキーボード付きのカバーを買っている人をよく見かけますが、そのあと全然使わなくなったと言う声をたくさん聞きます。

その人に理由をきい見てみると、キーボード付きのカバーにワクワク感を感じ買ったが、そもそもプライベートで文章を書く機会はそんなになかったとのことです。

今一度、どんなiPad ライフを過ごしたいか想像してみましょう。

<まとめ>

・iPad を閲覧用として使いたい方、お絵かきやノートとして使いたい方は以下の2つがオススメ

 「オススメ1:純正 / Smart Folio Cover

「 オススメ4:Native Union」

・iPad を使って、文章作成、資料作成、動画編集など様々な創作活動をしたい方は以下の2つがお勧めです。

「オススメ2:純正 / Smart Keyboard Folio

 「オススメ3:純正 / Magic Keyboard

カテゴリー
apple iPad

iPad Pro 洗練されたオシャレなケースはこれで決まり!『Native Union』STOW Tablet Sleeve

今回は、iPad Pro の美しいデザインと相性の良いオシャレなiPad ケースを紹介したいと思います。

そのケースとはNatvie Union から発売されている「STOW Tablet Sleeve」です。

→Amazonで詳細をチェック

こんな人にオススメな商品

  • iPad を何もつけずに気持ちよく使いたい!
  • iPad 専用キーボードごと保護したい
  • iPad をオシャレに持ち歩きたい!

Native Union とは

公式サイトより
公式サイトより

iPad に限らずapple 製品用の洗練されたオシャレなアクセサリーを開発し続けているメーカー、それがNative Unionです。

ユニークなのにシンプルにでまとまりがあるので、シンプルなapple 製品との相性が抜群で、プライベートだけでなくビジネスシーンでも大活躍します。

Native Unionのはじまり

2009年に二人のデザイナーによって創設されたイギリスのガジェットアクセサリーブランド。

美しいデザインと高い品質を持つハイエンドなアクセサリーを手がけています。

創始者である二人のデザイナーは一方はインテリアデザイナー、もう一方はプロダクトデザイナーであったため、デザインと品質両面から素晴らしい完成度となっています。

機能的な素材をうまく組みあわせて、機能的かつユニークなデザインを生み出すことに長けています。

美しくスマートな外観を持つオシャレなiPad ケース

圧倒的なスリムさ

このケースですが、まずスリムさ、すごくないですか。。

この中にiPad Pro も apple Pencilも入っているのですが、不思議とiPad Pro よりも薄く感じてしまいます。

オシャレなドキュメントケースのようなデザイン

一般的にガジェットって、ファッションとの相性はとても悪いですよね。

ですが、このケースに入れてiPad Pro を持ち歩くとオシャレでいられます。

オシャレなドキュメントケースを持ち歩いているような感覚で持ち歩けます。

さりげないかっこよさがある

一緒に持ち歩けますし、カバンからさりげなく出すのもかっこいいですし、打ち合わせなどビジネスシーンでさりげなくテーブルに置いておき、そこからiPad が出てくるとオシャレですよね。

コントラストの効いたデザイン

このケースのデザインの1番の特徴は、このコントラストの効いたデザインです。

色味が違うだけでなく、素材自体を使い分けることでデザインに強弱をつけている感じが、憎い演出ですね。

生地は、薄いグレー部分がジーンズ生地のようなメッシュ素材でできており、黒い部分は撥水加工がされている素材でできています。

ケースの上にiPad Pro を置いても見栄えがよく、気持ち良い

IPad 直に直接おきたくないときは、こんな感じで下敷きとして使っても良いですね。

Natvie Union はオシャレさだけでなく保護能力もピカイチ

角をしっかりと保護してくれる

iPad Pro より一回り大きく作られているため四隅に少し余裕ができているので、ケースごと落としたとしても四隅や側面をしっかりと保護してくれます。

両面を保護する柔らかいクッション素材

内側は触り心地が良く弾力性の高いフェルト生地が採用されており、iPad Pro の両面をしっかりと磨耗から保護します。

iPad Pro を入れると固定して動こない

そして、一度このケースに入れると、中でしっかりと固定されて動かないので、逆さにしても滑り落ちることはありません。

開閉口はマグネットでしっかりと密閉してくれる。

さらに開閉口は、強力なマグネットになっているので、サッと入れるだけ何もしなくても、カチッと閉めることができます。

手からすり抜けて落ちない

このケースの素材がある程度、手に引っかかりが生まれる素材が使われているので、手のひらで持ったり、腕の中で抱えても滑り落ちること可能性が低いです。

iPad Pro を一番気持ち良い形で使うことができる

そもそもこのケースを僕が購入した一番の理由は、iPad Pro を何もつけずに使いたかったから。

キーボードを使う場合を除くと、iPad Pro は本来は裸のまま使うのがベストなんです。

現在のiPad Pro これまでの中で一番薄く軽く作られており、デザインフォルムも美しいからこそ、そのまま使う時が一番心地よい。

iPad Pro だけで持ってみると、とても軽く扱いやすいですし、下に置いて何かスケッチする時も薄いので、一番自然に書くことができます。

利便性

次のこのケースに利便性についてみていきたいと思います。

キーボードごとケースに入る

Smart Keyboard Folio ごとケースの中に入ってしまうので、使用シーンを選びません。

Keyboard ごと保護したい人にはお勧めです。

pencil ホルダーが内蔵されている

さらに少し嬉しいのがApple Pencil ホルダーが中に内蔵されているので、ケースの中で知らぬ間にapple pencilが外れ落ちていたなんてことなりません。

またApple Pencil の初代を使われている方は、iPadにapple Pencilをくっつけられないので、こう行ったホルダーがあると便利ですよね。

ノートがわりに使う人や、閲覧用のには便利

このケースを下に置いてその上にiPad をおけば、テーブルに直にiPad を置かなくて済むので、傷つけずにすみます。

軽いから片手で持っても疲れない

ケースに裸のままiPadを入れて使うと、取り出して使うときめちゃくちゃ軽くて楽なので最高です。

デメリット

最後にデメリットを見ていきましょう。

価格が高い

Native Union というブランドはおしゃれで洗練されており、品質も良いぶんapple の純正になみに高いです。

7000円程度ですね。

→Amazonで価格をチェック

iPad より一回り面積が広い

iPad より一回り面積が広いので、iPad のコンパクトさに惹かれている人には向いていないかもしれません。

高くてもお値段以上なケース

いかがでしたでしょうか。

iPadに何もつけずに使いたい人、ノートがわりに使いたい人、オシャレにスマートに持ち歩きたい人には持ってこいの商品。お値段以上です。

使われている素材の品質も良いですし、見た目もGood!

→Amazonで詳細をチェック

カテゴリー
apple iPad

2年以上使ってわかった Smart Keyboard Folio の真の価値とデメリットとは?

今回は、iPad 専用に作られたSmart Keyboard Folioについてレビューしていきたいと思います!

<strong>この記事を読んでわかること</strong>
  • Magic Keyboardと比べた時の良いところ、悪いところ
  • Smart Keyboard Folio がスゴイ7つの理由
  • 買う前に知っておきたい2つの微妙な点

どこにいても、隙間時間ですぐに作業を開始できる。

Smart Keyboardがあれば、電車やバスに乗った時、[marker]膝に置いてすぐに作業を開始できます。[/marker]

膝の上において、パッとタブレットを持ち上げてセットするだけです。

これはパソコンにもタブレット単体にもない感覚で、[marker] iPad Pro と Smart Keyboard Folio が完全に一体となっているからこそ、なせる技[/marker]です。

膝の上でも安定性が十分にあるので、目的のアプリをタップすれば、すぐに作業を開始できます。

  • 文章作成はもちろん、
  • 映像制作
  • 写真編集
  • デザインのラフスケッチ

など自分がしたい創作活動に入れます。

[marker]ちょっとした隙間時間で全てが可能になるんです。[/marker]

これがパソコンだとそうは行きません。

パソコンを開いて、立ち上がるのを待ちます。

さらに目的に文章ファイルやアプリを探すのにも明らかにiPad Pro よりも時間がかかるので、ちょっとした隙間時間での作業には向いていません。

というのもパソコンは複雑な作業をこなせるようハイスペックに作られているので、その分、シンプル性が失われているからです。

反対にiPad Pro はシンプルな作業をシンプルに処理することを目的に作られているため、さっと目的の作業に入りやすく作られているんです。

参考画像:Amazon

ぶっちゃけ、Magic keyboardと比べてどうなの⁉︎

Smart Keyboard Folio か、Magic Keyboard か、どちらを購入すべきか悩んでいる人も多いと思います。

Magic Keyboard は、2020年に後発的に発売されたiPad Pro 専用のapple 純正キーボードです。

そこで、簡単にMagic Keyboardと比べてたとき、Smart Keyboard Folioがどうなのかを書いていきたいと思います。

GOOD POINT
  • GOOD1:Smart Keyboard Folio の方が圧倒的に軽い
  • GOOD2:持ち運びが楽でパソコンと一緒に持ち歩いてもギリギリOK
  • GOOD3:Magic Keyboard より圧倒的に安い
  • GOOD4:見た目がシンプルで美しい!

BAD POINT
  • BAD1:タイピングはMagic Keyboard が圧倒的に上
  • BAD2:画面をタッチしながら、キーボードを使うのが意外と手間で辛い

それでは具体的に見ていきましょう。

VS Magic Keyboard – GOOD POINT –

GOOD1:Smart Keyboard Folio の方が圧倒的に軽い

Smart Keyboard Folio の魅力の一つは圧倒的に軽い点です。

これに対してMagic Keyboadは圧倒的に重く、600g程度あるんです。

  • iPad Pro 11インチ 重量:471g(Wi-Fiモデル) / 473g(セルラーモデル)
  • Magic Keyboard 重量:597g
  • Smart Keyboard Folio 重量:293g

なんと、Magic KeyboardはiPad Pro 11インチ本体よりも重い!

これ、本末転倒じゃね?と最初は思いました。

iPad Pro と Magic Keyboard の重さを合わせると1kg近くあるので、これをタブレットとして使いたいかどうか、考えると色々疑問ですし、僕が持っているMac Book 12インチとほぼ重量が変わりません。

それに比べてSmart Keyboard Folio はMagic Keyboard の約半分以下の重量で持ち運ぶことができます。

GOOD2:持ち運びが楽でパソコンと一緒に持ち歩いてもギリギリOK

軽いので、当然持ち運びがかなり楽です。

バックパックを使えば、パソコンと一緒に持ち歩くこともできます。

これが Magic Keyboardだと、一緒に持ち歩くことは諦めてしまう人は多いのではないでしょうか。

GOOD3:Magic Keyboard より圧倒的に安い

価格がMagic Keyboard に比べてやすい点も大きなメリットですよね。

Magic Keyboard は、iPad Pro 11インチ用だと34,000円前後もしますが、このSmart Keyboard Folio は税込で約22,000円程度で購入することができます。

GOOD4:見た目がシンプルで美しい!

みてください。このシンプルなフォルム。

全てが一体化しているようなデザインで気持ちいいです。

それに比べてMagic keyboardはややごつい感じです。

写真だと少しその違いが分かりにくいのですが、、、

Magic Keyboardはヒンジ部分に充電用の金属が配置されていたり、タインピングキーがキーボードから独立してついてたりして、高機能になった分、シンプルさがかなり失われています。

シンプルな見た目は、Smart Folio Keyboardに軍配が上がりそうです。

VS Magic Keyboard – BAD POINT –

BAD1:タイピングはMagic Keyboard が圧倒的に上

タイピングについて、Smart Keyboard Folioは、薄さと軽さを考えれば、十分に快適なタイピング体験を得られます。

なので、タイピングについてでストレスを感じることはありませんが、Magic Keyboard はこれを遥かに上まる快適さを提供してくれます。

それぞれのタイピングキーがキーボードとくっついておらず独立しているため、しっかりと押した感覚を味わうことができ、まるでMac でタイピングしているような快適さを得られます。

BAD2:画面をタッチしながら、キーボードを使うのが意外と手間で辛い

キーボードを使うときは、基本的にキーボードから手を離さずに、キーボードの上で全てを完結したいですよね。

Smart Keyboard Folio だとこれができません、

キーボードでタイピングしながら、特定の動作だけは、手を持ち上げてiPad Pro の画面に指を触れる必要があるので、いちいち集中が途切れています。

買った当初は、気づけませんでしたが、1週間ほど立つと、結構がこれがストレスになります。

これに対してMagic Keyboardは指で画面上を操作できるトラットパッドが手元に付いているので快適です。

Smart Keyboard Folio のココがすごかった!!

ココがスゴイ1:PC並みに動画編集ができる

さて、ここからSmart Keyboard Folioそのものについて、見ていきたいと思います。

まず素晴らしいのが、動画編集の快適さです。

LumaFusion というアプリを使えば、4K動画でもサクサク編集ができるようになります。

これが実に快適。

で、ここにSmart Keyboard Folioが加わることで、IPad 画面に直接触らずにキーボードのショートカットを使って編集するきとができ、まるでパソコンで編集しているような快適さを得ることができるのが素晴らしいですね。

ココがスゴイ2:タイピングは遅延ゼロで極めて滑らか

タイピングについては、極めて滑らかに進んでいきます。

パソコンやマジックキーボードには劣るものの、ストレスを感じることはありません。

自分が意図したようにタイピングが進んでいきますし、遅延もありません。

このキーボード、薄い割にしっかりとタイピングキーが出っ張っているので、押し間違いなどをすることが本当にありません。

ココがスゴイ3:記事や文章作成はiPad Proで十分

なので、記事の作成や文章作成はiPad Pro で十分事足ります。

WordソフトやPages でも作成はもちろん、Ulyssesというアプリを使えば、さらに快適に文章作成が捗ります。

ココがスゴイ4:なんといっても軽い

何よりも魅力的なのは、軽さです。

ここまでパソコンのように使えるにパソコンより軽いのはもちろん、あらゆるiPad 専用キーボードの中で一番軽く、使い勝手がいいです。

ココがスゴイ5:防水

タイピングキーとキーボードがくっついているため、キーボードの上にジュースをこぼしてしまったとしても、中に水が侵入することがありません。

まぁ、こぼしたことはありませんが、、、

ココがスゴイ6:角度調整ができる

ここまで軽く薄いのに2段階の角度調整ができます。

作業をするときは、少し寝かせた角度で。

ソファーなどにもたれて映画を見るときは、角度を高くして使うことができます。

↓この溝にはめるだけですぐに接続完了になるので、かなり楽です。

ココがスゴイ7:ラバー性だからグリップ力があり落とさない

このキーボードの外側の素材は、かなりグリップ力のあるラバーが使われているので、片手で持っていてもしっかりと、手の中でホールドでき、落とす心配がありません。

買う前に知っておきたい!Smart Keyboard Folio のここがイマイチ!

微妙な点1:片手で持つのは辛い

タブレットと聞くと、片手で持って楽しむスタイルをイメージしますよね。

ソファーで寛ぎながら、片手でタブレットを持ってネットサーフィンや映画を楽しんでいます。

が、片手で長時間持つには重過ぎなんです。

合計重量が700g程度あるので辛いのは当然。。。なので、こういう時はキーボードを外して裸のままiPad Pro を使うことが多いですね。

これはこれでいいのですが、、、この間、外したキーボードの置き場に困りますし、テーブルにおいておくと、なんとなくヘタっている雰囲気があり好きじゃないので、地味でストレス。

これがカフェなど外だとさらにストレスを感じてしまいます。。

微妙な点2:Apple Pencil は使いにくい

このSmart Keyboard Folio が優れている点として、キーボード部分を反対にひっくり返すことで、フラットな形状にすることで、下においたり片手で持ったりして、apple Pencilが使いやすくなることです。

他のブログでもこれがいい。というふうな記事を見かけますが、正直、そこに快適性があるかと言われると、かなり疑問です。

高さがかなり出てしまい、とても書きにくい。見た目がゴツい

理由としては、折りたたむことでかなり高さが出てしまいます。

カバーの両面が後ろに回り込んでいるので、分厚くになりゴツいですね。。。

まぁ、書けるといえばかけますが、手首を上に上げなければならず、書きにくく、これならノートの方が断然書きやすいですね。

あと、片手で持つには重すぎるので基本的にテーブルにフラットに置いて、書くしかありません。

このキーボードカバーを外すと、低くなるのでかなり描きやすくなります。

Apple Pencilメインで使うならSmart Cover Folio

Apple Pencil をメインで使いたいなら、断然Smart Cover Folio です。

こちらの記事で詳しく取り上げているので、ぜひチェックしてみてください。

骨子をiPad でサクサク作って、細かい仕上げはパソコンで

いかがでしがでしょうか。

僕の今のiPad Pro の使い方としては、

企画の骨子や、デザインのラフデザイン、動画を簡易的に編集するためにiPad Pro を使い、最後にパソコンで仕上げるという使い方と、

文章作成や絵を描くときは、完全にiPad pro で完結させています。

Smart Keyboard Folio があれば作業の幅がぐんと上がるので、検討してみてください。

カテゴリー
apple iPad

読書好きなら「iPad mini 第五世代」で決まり!自分専用の巨大本棚を持ち歩こう!

IPad mini の一番の魅力は言うまでもなく、サイズと軽さですが、本当にiPad mini のサイズと軽さは便利なのでしょうか。

この記事では、この辺りについてしっかりと検証していきたいと思います。

  • サイズ: 上下203.2 mm / 横幅 134.8 mm /奥行き 6.1 mm
  • 重量:300.5g(Wi-Fi モデル)

iPad 史上、もっとも機動性が高いiPad

IPad Pro やiPad air は確かに便利なデバイスですが、そこまで機動性が高いかというと、疑問がかなり残ります。

その原因はやはり大きさと重さ。

たとえば電車やバスで立っているときに、カバンの中からさっと出すのには大きすぎるし、混んでいると尚更気が引けてしまいます。

iPad mini はiPad Pro 11インチに比べて一回りも小さいですね。

電車など狭い場所でも快適

これに対して、iPad mini は取り出すのが全く苦になりません。

また長時間片手で持つことも大丈夫です。

この小さいデバイスに映画や本をどんどんダウンロードしておけば、オフライン環境でも、狭い場所でも、移動時間でもサクッと楽しむことができます。

このiPad miniは、 ちょうど片手にギリギリ収まるサイズで、周りの邪魔にもなりませんし、吊革を握りながら、片手でiPad mini を持っていても苦になりません。

つまりどんな時でも快適なiPad ライフを満喫できるということです。

コートのポケットにも入ってしまうサイズ

タブレットにも関わらず、コートなどのポケットに入ってしまうので、手ぶらで移動することが可能です。

これ、地味にすごいと思いませんか?

コートだけでなくジージャンの内ポケットなどにも入りました。

リアルメモパッド感覚でノートテイキングできる

メモパットとしてもジャストサイズです。

パソコンの横においても邪魔にならない大きさで、何か思いついた時にさっとApple Pencilで書いておけるのも魅力ですよね。

自分専用の巨大な本棚を持ち歩こう

iPad mini を持っていてよく思うことは、自分専用の本棚を丸ごと持って歩いている感覚になることです。

その理由は2つ。

まずはこの一台に数百冊の本を入れておくことが可能なこと。

そして、このiPad mini が本と同じくらいのジャストサイズである点です。

単行本サイズだから本を持っている実感がある。

今ではデジタルデバイスで書籍を読まれる読者もかなりいると思います。

そんな人にとっては、本当にジャストなサイズになっています。

スマートフォンで本を読んでいると、サイズのせいもあってか、本を読んでいるという実感を持つことが難しいです。

反対にiPad Proだと大きすぎて、このサイズで電車など移動中に本を読むと、持っている手が疲れてしまいますし、何より大きすぎて、上から下へと読み進める目の移動がつらくなってきます。

ですが、このiPad miniは単行本と同じようなサイズなので、まず本を手に取って読んでいるような感覚で読者を楽しむことができます。

片手で持って、読書をしながら気になるところをもう片方の手でマーキングするなども快適。

本当に何冊本を持ち歩いているような感覚でiPad miniを持ち歩いています。

マンガ最強

さらに嬉しいのは、漫画を読むにもちょうどいいサイズです。

スマホだと小さいし、iPad Proだとでかすぎて解像度が荒くなっていますが、このiPad mini はあらゆるapple デバイスの中で最もコミックサイズにも近いのでマンガの読みごこちも最強です。

雑誌や映画はiPad Pro 11インチや12.9インチがいい

ここまで閲覧することに特化したiPad mini ですが、雑誌と映画に関しては、iPad miniのサイズだと物足りない感があります。

ここはiPad Pro に軍配が上がりますが、ですが、正直にいうと、iPad ProやiPad air の11インチでもモノ足りません。

映画や雑誌をメインに楽しみたい方は、iPad Pro 12.9インチが断然おすすめです。

旅のお供にちょうどいい

いかがでしょうか。

  • コートなどアウターポケットに入ってします。
  • どんなに混んでいる場所でも邪魔にならない
  • コミック、単行本を、リアルな本を持っている感覚で読める
  • メモパットとして一番機動性が高い

これらのメリットがあるわけですが、まさに旅行にもってこいのデバイスです。

サイズが小さいので、パスポートと一緒にミニバックに入れて持ち歩けますし、移動中や混んでいるとき、フライトを待っている時、サッと映画や読書を楽しめます。

何か思いついたら、すぐにノートテイクできます。

揃えたいアイテム:Smart Cover

Smart Coverは必ず持っておいた方がいいですね。

何か動画を見る時や、ノートテイキングしたいときはちょうどいい高さです。

愛用しすぎてボロボロになってしまいました。。。

創作活動には向いていない

iPad mini が不得意なのはクリエイティブな作業です。

例えば写真を編集したり、動画を作ったりなどはiPad Pro が圧倒的に作業が捗ります。

どんなに思い作業でもiPad Pro であれば、サクサクこなすことができますが、iPad miniの場合は時折フリーズしたいします。

また、ノートテイキングではなく絵を描く場合もやはりiPad Proに軍配が上がりそうです。

仕事の事務作業にも向いていない

また、別売キーボードを使えば、メールを打つなどはギリできますが、それでも事務作業に向いていません。

画面が小さいので、メールなどで誤字脱字など見逃してしまう。

特にクライアントに送付するメールなど大事なメールは、大画面でしっかりと確認して送った方がいいですね。

また同じ理由で資料作成にも適していません。

ただし資料やメールを閲覧するぶんには十分な大きさです。

オススメは456GBとWIFIモデル

最後にオススメのスペックを紹介したいと思います。

まず、容量に関しては64GBと256GBが発売されていますが、断然256GBをオススメします。

理由としては、iPad miniを閲覧専用として割り切るなら、「予め様々なコンテンツをガンガンダウンロードしておいて、後で楽しむ」という使い方になるので、容量は多めがいいです。

特に映画などもついでにダウンロードする場合は、すぐに容量がいっぱいになるので、64GBではものたりません。

また、「予めダウンロード」をしておいて、オフライン環境でも楽しめるようにしておけば良いので、セルラーモデルではなくWi-Fiモデルで十分です。

その分お金が浮くので、浮いたお金で電子書籍などを購入した方が良いですよね。

読者好きは必須

いかがでしょうか。

仕事や映画を見るだけなら、iPad Pro を断然オススメしますが、読者好きであれば話は変わってきます。

コミックや本はどのiPad よりも優れているし、ノートテイキングだって、動画閲覧だってできる優れものでです。

ぜひ検討してみてくださいね。

カテゴリー
apple iPad

やっぱりiPad Pro のカバーは純正がいい / Smart Folio Cover

iPad Pro のカバーは、各メーカーから様々なものが発売されていますが、僕がダントツでヘビーユースしているものがiPad Pro の純正カバー。

「Smart Folio Cover」

です。

iPad Pro の良さを殺さない見事な作り

どんなところが一番気に入っているのかというと、

それはiPad Proの良さを殺さない考え抜かれたデザインになっているところです。

iPad Pro の美しいフォルムが映える

新しいiPad Pro のデザインの1番の魅力はこの4隅のカーブ具合。

このアルミ素材が美しく描くカーブですが、他社か発売されているケースのほとんどは、この側面まで覆いかぶさるものが多いので隠れてしまいます。

ですが、この純正ケースはしっかりとカーブしている四隅を直に見ることができます。

軽くて薄いという特徴を生かしている

iPad Pro のカバーをつける時の最大の欠点は、カバーのせいでiPad Pro が重くなってしまう点です。

これまでのiPad シリーズの中で最も薄く、そして軽量なiPad Proの良さを殺してしまうカバーで溢れています。

カバーをつけた瞬間にズッシリ感が一気に増してしまい、手軽にサクッとiPad Pro を使いたいという気になりません。

ちょっとした移動時間に大画面で映画を見たい時、カフェでサクッと雑誌を読みたいとき、ソファーでくつろぎながら雑誌を読みたい時、メールをチェックする時など、何気ない日常のなかでサクッと取り出してパッと使えるのがiPad Proの良さです。

この良さを最大限生かせるカバーは間違いなく、この純正のSmart Folio Coverかと。

装着ているのに、あまりにの薄さと軽さで、装着している感がほぼありません。

最初はSmart Folio Keyboadを使用していました。

実は最初はSmart Folio Keyboad を使用していましたが、今では全く使わなくなりました。(パソコンを持たない時などは、たまに使います)

その理由は、この軽さと薄さにひかれたからです。

iPad Proって重いな〜と心のどこかでずっと思っていて、不自由さみたいなもを感じてしました。

が、このケースを装着した瞬間、iPad Pro 本来の軽さと薄さになり、iPad Pro を持ち歩くことが楽しくなりました。

ちょうどいい角度でapple pencilでのお絵かきも指のタイピングも快適に

このカバーはキーボード付きのカバーとは違い、浅い角度でスタンドさせることができます。

この角度はネットサーフィンをするにもちょうどよく、apple pencilで絵を描くときや写真編集などをするとき、さらには動画を作るときにもジャストな角度です。

あとは、指でタイピングをする際もとてもしやすい点が気に入っています。

いつかキーボードなしでサクサクとタイピングできるようになるといいなぁ。。。

ちょうどいい風合いと色感

あと、少し色あせたような、このアナログ感漂う色味も気にいっています。

いつの間にか暮らしがデジタルで溢れかえるようになっている現代だからこそ、アナログ感を感じるものに触れ合っていたいと思います。

手でしっかりとグリップできる素材 / 気持ちいい質感

このカバーのラバーのような質感も気に入っています。

ほどよい触り心地を感じることができ、またてから滑り落ちる防止にもつながっています。

デメリット1:側面がカバーされていない

この純正カバーのデメリットの一つは、側面が剥き出しになっており、保護できない点です。

ですが、僕はこの側面の保護はほとんど必要がないと感じています。

まずiPad Proは縦向きに置く場合がなく、側面が直にテーブルに当てるシーンがないので、ぶつかりません。

また、iPad Pro を落とすことがない点です。

僕はiPhone をこれまでに何度も落としてきて、何度も画面にヒビを入れています。。。そんな僕でも、そもそも本体が大きいので、手からスリ落ちないせいか、iPad Proは落としません。

みなさんも携帯は落としたことがあるかもしれませんが、パソコンを落とすことはあまりないのではないでしょうか?

つまり、よくテーブルなどに接触させる表面と裏面の保護がしっかりとできていれば良いわけですね。

デメリット2: 価格が他のケースに比べて高い

デメリットの2つ目は価格ですかね。他社製品の2倍以上はします。

いつも9000円前後のイメージがありますね。

ですが、365日使うiPad Pro がケースにせいで使いづらいものになってしまうことを考えると、どうでしょうか?

iPad Pro を購入した意味すら感じることができなくなってしまい、「無駄な買い物になってしまった…」ということになる可能性もあります。

確かに9000円は高いかもしれませんが、たった一度購入すれば、数年間、快適なiPad Pro ライフが手に入ることを考えると「間違いなく買い」ですよね。

一度体感してしまうとやめられません

この純正カバーは見た目がシンプルなだけに、使う前は本当にそこまで便利なのか?という疑問が湧いてきますが、一度使用してみると、もうやめられません ww

ぜひ快適なiPad Pro ライフを満喫してください。