カテゴリー
未分類

山手八番館

明治後期に建設された建物で、チューダー様式が採用されています。

また、三大巨匠であるロダン、ブールデル、ベルナールらの作品が展示されています。

訪れた際は、ぜひ「サートゥルヌスの椅子」の椅子に座ってみましょう。座ることで願いが叶うとされています。

住所 〒650-0002
神戸市中央区北野町2-20-7
TEL 0120-888-581
営業時間 (4月~9月)9:30~18:00
(10月~3月)9:30~17:00
入館料 550円
定休日 年中無休
アクセス 各線「三宮駅」 徒歩20分
新幹線・地下鉄「新神戸駅」 徒歩15分
シティーループバス「北野異人館」下車 徒歩8分
カテゴリー
未分類

北野異人館街に続く道のりまで楽しめる

実は北野異人館街は、到着するまでの道のりまで楽しめるんです。

三ノ宮から北野異人館街までは坂を登っていくことになりますが、この坂の風景も神戸ならではの風景が広がります。

このような坂道を登っていきます。

[su_row][su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][/su_column] [su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][/su_column][/su_row]

このような素敵な路地裏に続く道や

[su_row][su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][/su_column] [su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][/su_column][/su_row]

どうやこのオブジェクトや建築会社さんのオフィスのようでした。

素敵な雰囲気のあるカフェなんかも所々に並んでいます。

[su_row][su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][/su_column] [su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][/su_column][/su_row]

異人館を改装して建設されたSTARBUCKSが左手に見えてきます。

→ STARBUCKS 北野異人館に行ってきました

そして、、、

そのままもう3分ほど登っていくと、北野異人館が見えてきました。

いや、見事な風景ですね。。。

実は、ここからの風景が1番綺麗なのではにかと思っています。

カテゴリー
未分類

うろこの家・展望ギャラリー

異彩を放つ異人館

異人館街のなかでも異彩を放っているのがこの鱗の家、展望ギャラリーです。

まるで魚のうろこのように見えるこの模様は天然石で作られており、時期によって装飾されオブジェクトが変わって行きます。

少し奇妙にも見えるこのオブジェクトが、意外に西洋の雰囲気とマッチしていました。

また、国登録有形文化財、兵庫住宅百選に指定されており、神戸で最初に公開された異人館でもあります。

 

この建物の左側は神戸の港町を見下ろす展望台となっています。ヨーロッパ調の空間から神戸を見下ろすのも情緒があって良いですね。

さらに展望台に上がっていくまでの各階には、近・現代絵画の名作が展示されているので楽しみながら観覧できます。

展示作品の作家

トロワイヨン(バルビゾン派)の風景画の大作や

マチス

ユトリロ

ビュッフェ

Infomation

・住所:〒650-0002

兵庫県神戸市中央区北野町2-20-4

・TEL:0120-888-581

・営業日時:(4月~9月)9:30~18:00(10月~3月)9:30~17:00 / 年中無休

・入館料:1050円

カテゴリー
未分類

ラインの館

唯一無料で楽しめる館

北野異人館街のなかで唯一、無料で見学できる館です。

大正時代の初期に建築された館で、「ラインの館」はその名の通り「この館の下見板の横線(ライン)が美しいから」という理由でつけられた名前です。

Information

・住所:〒650-0002兵庫県神戸市中央区北野町2-10-24

・TEL:078-222-3403

・営業日時:9:00~18:00 / 6、2月の第3木曜日

・入館料:無料

カテゴリー
未分類

萌黄の館 -国指定重要文化財-

この館も風見鶏の館と同じく、北野異人館街を代表する館となっています。

建築されたのは明治36年(1903年)で、当時はアメリカ総領事ハンターシャープ氏の邸宅でした。風見鶏の館と同じく「国指定重要文化財」となっています。

Information

住所〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町3-10-11

・TEL:078-222-3310

・営業時間: 9:30~18:00(入館は17:45まで) / 2月第3水曜日及びその翌日

・入館料

350円 (高校生以下、65歳以上の神戸市民、障害者等は無料)

2館券(萌黄の館・風見鶏の館) 650円

カテゴリー
未分類

風見鶏の館 -国指定重要文化財-

風見鶏の館は、もともとはドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏の自邸として建てられました。

建設されたのは明治42年(1909年)。

建物の設計に当ったのは、ドイツ人の建築家ゲオルグ・デ・ラランデ。

この風見鶏は、北野異人館を代表するラウンドマーク的な建物で、北野異人館を訪れたなら必ず立ち寄りたいポイントとなっています。

なお、現在は国の重要文化財に指定されています。