カテゴリー
CAMERA

RAW撮影とは

RAW撮影で撮影をすると、写真編集の際に色編集が、色鮮やかに違和感なく行えるので、いかにも編集しました!というような変な違和感が写真に残りません。

「RAW」は生の状態を意味します。

これはどういうことかというと、カメラが映像を取り込んだ時のデータをjpegなどの画像に変換する前のまだ処理がされていない状態のことです。

処理がされていない = まだ「生」の状態だということです。

処理がされていないので、いかようにも編集ができる状態でもあるので、色編集が自由に行えるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です