徹底比較!Osmo Pocket VS Osmo mobile どちらが買い?

メインのジンバル機能の性能は両者とも同レベル

今回はOsmo Pocket と Osmo Action、どちらを購入するのが良いか。お届けしたいと思います。

実は両者ともメインの機能は同じで、どちらもジンバル機能が搭載されており、手ブレなしでスムーズに撮影ができ、このメイン機能については大差がありません。

では、どのよう点に注意して購入すれば良いのでしょうか。

そのポイントを見ていきたいと思います。

選ぶ基準は大きくは2つ

アクションカムやジンバル動画をお試しでさわってみたい方はOsmo Mobile

Osmo Pocket をはじめ、様々なアクションカメラは、価格がそこそこしてしまいます(4万〜7万円)。

ですので、まだアクションカメラを触ったことがなく、これから。という方にとっては少しハードルが高いように思います。

ずっと撮影し続けるか、使い続けるかどうかわからないですよね。

そんな時、まずはこのOsmo Mobileがオススメです。

Osmo Mobileは、お手持ちのスマートフォンが本格的な撮影機材に変わる道具です。

しかも価格が12000円程度かなりリーズナブル。

この機材を使って、ジンバル機能がどれくらい凄いのかを体感してみましょう。今はスマホの画質も4K で撮影できるものが多く品質的には十分です。

この機材を使って、今後もずっと使いたいと思うなら、その時が他の高級アクションカメラに手を出すタイミングかもしれません。

旅行など非日常な空間で長時間撮影したいならOsmo Pocket 

旅行で本格的な撮影をしたいなら、間違いなくOsmo Pocket。

価格は、42000円程度しますが、長時間撮影ですと、ずっと持ち続ける必要があるので、まず重さやサイズでいうなら圧倒的にOsmo Pocket の方が軽くポケットにすっぽりと入ってしまいます。

さらに、ISOやホワイトバランスなど、プロ仕様の本格的な設定ができます。

また、旅行中はマップを見たり、現地の情報をリサーチするなど、スマホの使用頻度がかなり上がります。

ですので、スマートフォンを使っている間は当然、撮影できませんし、撮影をしている間は、スマホを使えないので、正直めちゃくちゃ不便です。。

それではここからは、Osmo Pocket とOsmo Action、両者のどこがすぐれているのか、またデメリットは何なのかを見ていきたいと思います。

Osmo Pocket のメリット・デメリット

参考:Amazon

ここまでコンパクトでありながら、4K撮影が可能なカメラレンズが内蔵されており、他のアクションカメラと違い、カメラレンズのみを左右上下にグリグリ動かすことができます。

ジンバル機能も他社のアクションカメラと比べて圧倒的に優秀ですね。

ポイント

  • 圧倒的にコンパクトで、ポケットにすっぽりとおさまるので、すぐに出し入れができ、シャッターチャンスを逃しません。
  • Osmo Pocket はポケットから取り出して、電源を入れれば、すぐに撮影ができます。
    これに比べてOsmo Mobileは、撮影をしようと思うと、Osmo Mobileをとりだし、組み立てて、スマートフォンを装着して、電源をいれ、アプリを立ち上げて、、、、やっと撮影を楽しめるので、観光地などの撮影ではむいていませんね。。これだけの動作を観光をしながら、何回もはできません。
  • FPS、ホワイトバランス、ISO、エクストラファインなど、本格的なカメラ設定を行えます。
  • モーションラプス やハイパーラプス機能、パノラマ撮影など、様々な撮影モードが搭載されており楽しめます。この辺りはOsmo Mobileにも搭載されています。
  • 様々なアクセサリーを使うことができます。
    Osmo Pocket は、マウントをとりつけることで、GoProのアクセサリーなど様々なアクセサリーをつけることができます。
    バイクや車に固定をして、ドライビング風景を撮影したり、リュックに取り付けたりなど、様々な撮影スタイルで楽しめるので、旅にはもってこいですね。

デメリット

  • モニター画面が小さい
    スマートフォンと比べて圧倒的に小さいのですが、他のアクションカメラと比べても小さいので少し不便ですね。
  • いちいちデータを取り出してデバイスへ移さなければならない。。
    スマートフォンやPCに移し替えなければならないのがosmo Mobileに比べると不便ですね。

→Amazonで最新価格をチェック!

Osmo Mobile のメリット・デメリット

参考:Amazon

持っているスマートフォンが瞬時に本格的な動画撮影機材に変わる点が凄いですね。

手元にあるコントローラーで、グリグリ動かせばそれに合わせてiPhoneが動きますし、走ったり、揺れたり、振動があっても、滑らかな映像を実現してくれます。

何か目的があって、その時だけ使う場合や、これからアクションカメラを始めたい!という方向けです。

ポイント

  • いちいちスマホに動画を取り込む必要がない。
    スマートフォンで撮影をしているので、スマホにそのまま動画を取り込めるのでとてもラクです。
    普段、カメラを使わない方は、SDカードなども特段用意する必要がないので、より使いやすくなります。
    また、そのまま用意されている動画テンプレートを使えば、すぐに本格的な作品にしあがります。
  • 何とっていってもアクションカムを購入するよりも、遙かに安いです。(13,750円)
  • スマートフォンがそのままモニター画面になるので、大きな画面で確認しながら撮影することができますし、自撮りをする場合もOsmo Pocket よりも画面が大きい分ラクです。
  • 追いかけている被写体を自動で追跡トラッキングモード、スローモーション機能、大パノラマを撮影するパノラマモードなど撮影モード、ドリーズームやスポーツモードなど様々な撮影モードが充実しています。

デメリット

  • 画質が端末に依存するので、高画質のスマートフォンを用意する必要があります。
  • Osmo Pocketと比べてかなりサイズが大きいので、ポケットに入れることはできません。ただし折りたたむとかなりコンパクトになるので、鞄などにいれて持ち歩けば、そこまで苦痛になりません。
  • 撮影中はスマートフォンを触ることができないので、旅行には向いていないですね。。
    現地の情報やマップ情報が出て、レストラン情報などをリサーチできなくなります。。
    さらに、旅行中はレストランなどに入った時は、Osmo Pocket であれば、テーブルの上にポンとおけば、食事風景などをモーションラプス などで手軽に撮影できるので、やはり、手軽さや長時間の撮影はPocket に軍配があがります。

→Amazonで最新価格をチェック!

結論

普段遣いであったり、決まった時にだけ使う場合は、Osmo Mobileでもいいかもしれません。

ですが、旅行などで本格的に撮影をする場合は、Osmo Pocket。

旅行となると、カメラのシャッターチャンスはいつ訪れるかわかりません。

さらに旅行ではいつも以上にスマートフォンを使いますので、撮影をしている間はスマホを使えない、、という事態は避けたいところです。