カテゴリー
TRIPLOG

沖縄・恩納村 / Day3 / ハイアットリージェンシー瀬良垣をホテル探訪 → 水納島

沖縄・恩納村 / Day3 / ハイアットリージェンシー瀬良垣をホテル探訪 → 水納島

沖縄・恩納村の3日目です。

今日の旅の目的は、

  • ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランドでホテル散策
  • 水納島でのドローン撮影

です。

朝はホテル散策へ

午前中は、ホテルでゆったり過ごしたいと思います。

旅行に来ると毎回の恒例行事のホテル散策を楽しみたいと思います。

どんなところにどんな施設があるのか、毎回楽しみになります。

外から見たホテルの様子

ホテルの外観はこんな感じです。目の前にプライベートビーチがあったんですね。

ホテルがある瀬底島まで続く遊歩道を歩くのも気持ちいいです。

向こう側にはANAインターコンチネンタルホテルが見えます。

エントランスの様子。

ロビーフロアーの様子

12月ということもあり、柱にはクリスマスプレゼントを思わすリボンが装飾されています。こういう演出好きだなぁ。

ロビーフロアーのテラス

ここで過ごすのはとても気持ちよさそう。

明日はここで、仕事でもしようかな。

2Fにあるテラス

2Fにもテラスがあって、ゆったりとくつろぐことができます。

静かな場所で、こんなに優雅な時間を過ごせるのは至福のときですね。

最高です。

美しいプール

このホテルの魅力の1つが広くて充実したプールです。

2Fから1Fにかけて広いプールがずっと続いています。

いや、なんて素晴らしい景色なんでしょう。

ここで1日中、ダラーっとしてたいな。。。

プールの営業は、12月やっていないので、入れなくてとても残念

プールの近くには美しいチャペルがありました。

本当にこのホテルは歩いているだけで幸せになれます。

午後は水納島へ

実は恩納村からフェリーで15分のところにとんでもなく海が綺麗な離島があるんですが、今日はそこに訪れたいと思います。

駐車場まではトゥクTxぅくで向かいます。

ホテルから駐車場までは距離があるので、10分おき程度に出ているホテル専用のトゥクトゥクで向かいたいと思います。(もちろん無料)

渡久地港からフェリーで向かいます。

水納島へは、渡久地港という港からフェリーで向かいます。

フェリー内で色々と撮影をしていたら、あっという間に水納島へ到着しました。

めちゃくちゃ透明度が高い。。

水納島に到着!本島から15分とは思えないほどの圧倒的な蒼さ

船底に太陽の光が入り、海が青く光り輝いています。

本島へ戻っていく船をパシャリ。

画になるな。

水納島の港付近のビーチが一番綺麗だった

水納島を徒歩で一周してみましたが、港付近の海が色の青さも透明度もピカイチです。

慶良間諸島や宮古島がブルーの海なら、この水納島は発色の良い水色ですかね。

ドローンで空撮を楽しみます

使用するドローンは、お気に入りのMavic Mini 。

ポケットに入るコンパクトでありながら、高性能なマシン。

→Amazonで詳細をチェック

こちらがMavic Mini で撮影した 動画です。

街中にはちらほら民家や民宿があります。

島の真ん中には小さな集落があります。

離島ならではのコンパクトな村ですね。

野良犬が歩いています。

街中には旅行者のためのホテルなどは、1件しかありませんでした。

ほとんどは、民宿のような宿で、しかも夏しか営業していないようですね。

綺麗な海を堪能したいなら、オフシーズンにいくことをお勧めします。

なんせ観光客が2、3くみしかいなかったので、いい写真がたくさん撮れました。

3時間半ほど島を堪能して本島へ帰ることに

3時間ほどずっと歩きっぱなしで疲れたので、あとはフェリーの時間まで港で休憩したいと思います。

沖縄の離島はフェリーは、朝、昼、夕方の3本くらいしか1日に運行していないので、あまり休憩を取らずに島を2、3時間で満喫する必要があるんですよね。

夕日に照らされる水納島を背に本島へ帰還します。

夜は三線の花で夕食

夜は、恩納村にきたら、毎回必ず訪れる三線の花。

リーズナブルで地元の美味しい魚料理をいただけます。

さて、明日は最終日。

どのように過ごすか、考えながら寝ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です