カテゴリー
TRIP MOVIE

2泊3日 / 大磯プリンスホテルで伊ンフィニティープールを満喫

今回は、2泊3日で大磯ロングビーチにある大磯プリンスホテルに滞在しました。

大磯プリンスホテルの目玉はインフィニティープール。

インスタで多くの若者たちに取り上げられていくうちに、どんどん人気に火がついていきました。

わざわざ沖縄など南国に行かなくても、十分にリゾート感を味わえるホテルとしてとても人気。

予約しようと思っても、春、夏、秋は常に予約が埋まっているので、なかなか泊まることができませんでしたが、コロナの影響もあり、今回はなんとか予約できました。

今回宿泊した部屋はオーシャンビューのお部屋で1泊20,000円ほど。

なかなかリーズナブルな気がします。

2泊3日のTrip Plan

ということで、今回の旅のプランは↓こんな感じでした。

[marker]DAY1[/marker]

  • 大磯プリンスホテルにチェックイン 
  • 早速、インフィニティープールを満喫
  • 夜ご飯は、近くにある味噌ラーメン屋さんへ

[marker]DAY2 – 3[/marker]

  • 平塚八幡宮へ
  • 釜揚げ専門店「もと」で、絶品うどん
  • 晴天の中、インフィニティープール & サウナを満喫
  • 最終日もギリギリまでインフィニティープールを満喫

で、最も印象に残ったのは、

[marker]TRIP TOPICS[/marker]

  • 大磯プリンスホテルのインフィニティープール
  • 釜揚げうどん専門店「もと」のうどん

です。

少なっ!って感じですが、滞在中のほとんどは、プールにいたので仕方ないですね。

ということで、印象に残ったトピックスを詳しくレビューしたいと思います。

大磯プリンスホテルのインフィニティープール

太陽と海と空に溶け込んでいるような感覚になれるプール。

比較的、20代の若い人たちが多い様子です。

みんな、iPhone片手に、写真と動画を撮影しながらプールを楽しんでいます。

ちなみに部屋からプールへは手ぶらで行ってOK。

プールセットをレンタルできます。

この中には、

  • バスタオル
  • バスローブ
  • 体を洗うタオル

がセットされています。

晴天の日のプールは最高

初日は曇り空だったのですが、2日目と3日目は晴天。

ちなみにチェックアウトした後は、時間までしかプールに入れないので、朝一からいくことをお勧めします。

どうですか。この感じ、最高です。

泳ぐというよりかは、のんびりプールに浸かりながら、海と空を眺めるって感じですね。

あと晴天だと富士山も見えます!

なんだこの抜群のロケーションは・・・

ちなみに曇りの日と晴天では、全然良さが違うので、要注意。

初日の曇りの日はこんな感じ。

この時は、テンションが舞い上がっていたので、良かったのですが、3日目の晴天時と比べると、全然気持ち良くないですね。

疲れたらサマーベットとジャグジーで休憩

少し疲れてきたら、サマーべっとにタオルを敷いて、休憩。

プールに入るたびに新しいバスローブを貸してくれるので、そのバスローブを着て、日向ぼっこ。

最高です。

体をすり抜けていく風が絶妙に心地よいですね。

結局、3日目もチェックアウトぎりぎりまでいました。

また、寒くなってきたらジャグジーに入って体を温めることもできます。

ナイトプールも最高です

夜の24時までやっているので、ナイトプールも無料で楽しむことできます!

雰囲気を堪能するには最高です。

プールは温水になっていますが、それでも夜なので寒いです。

そこでオススメの過ごし方は、温泉でしっかりと体を温めてから、バスローブを入り、プールサイドのサマーベットでのんびり寛ぐスタイルです。

夜のそよ風が最高に気持ちいいです。

サウナなどプール以外の施設も充実

さらにプール以外のサウナなどの施設がめちゃくちゃ充実しています。

サウナは2つ完備されており、目の前の絶景を見ながら過ごせます。

さらに岩盤浴もあtたり、ヒーリングルームという謎の空間もありました 笑

疲れたり寒くなったら露天の温泉でゆったり~

炎天下のプールにずっと入っていると、当然ですが疲れてきます。

そんな時は、下のフロアにある温泉で温まりましょう。

下のフロアにある温泉とプールはつながっているので、バスローブのまま移動できます!

もちろん、男女でお風呂は別れているので安心してください 笑

プールは最高だし部屋のグレードも満足!

最後に大磯プリンスホテルの部屋についてもレビューしたいと思います。

↓お部屋はこんな感じ。

ベットの他に、ソファーやリラックスチェアが用意されていて、めちゃくつろげます。

部屋からのオーシャンビューは、目の前に海が広がり、とても贅沢な風景を満喫できます。

下を身を下ろすと、夏限定の巨大屋外プールを見下ろせます。

ありえないくらい広い・・・笑

インフィニティープールは新しく作られたので、モダンでスタイリッシュだったのですが、お部屋は少し古い印象です。

ですが、居心地も良いですし、部屋からの眺めも最高です。

イマイチだなと思った点は、洗面台が明らかにレトロすぎて嫌な点と。。。お風呂がしょぼい点です。

ですが、プールと温泉があるので、1度も入りませんでした 笑

このホテルは東京から近場でありながらも、本格的なリゾート感を楽しむことができ、とてもいいです。

ちなみにフロントは、開放感あふれるモダンな空間で、エントランスに入った瞬間、リゾートホテル感を味わうことができました。

また来年の夏から秋にかけて訪れたいと思います。

釜揚げうどん専門店「もと」のうどん

次に印象に残ったのは、うどん屋さんです。

大磯駅から、数駅のところにある平塚駅から徒歩10分くらいのところにあるうどん屋、

釜揚げうどん専門店『もと』です。

感動レベルの美味しさでした。

メニューは↓こんな感じ。

妻が釜揚げうどん、僕はざるうどんオーダー。

サイドメニューの天ぷらと、とり天を追加しました。

最初にこの具材セットが食卓に置かれます。

そして、揚げたてのおうどんがやってきます。

見てください。

このざるうどんのシズル感。。。

コシがめちゃくちゃあって、うますぎです。

しかし、コシがありすぎて、後半は少し噛むのが疲れてきました 笑

うどんもさることながら、とり天と天ぷらも全て唸るレベルの美味しさ。

大磯駅からわざわざ電車を乗り継いできた甲斐がありました。

帰りに近くにあったフルーツサンド屋さんで、フルーツサンドを買って帰りました。

大磯プリンスホテルは、近場のリゾートとして最適

ということで、2泊3日の旅を満喫しました。

ほとんどの時間は、ホテルで過ごしました。

プールで遊ぶ → 疲れたら温泉 → 部屋でのんびり

このルーティンを気がつけば何度も繰り返していました。

リゾート地といえば、沖縄ですが、それだと飛行機に乗って、レンタカーを借りて、、、という風に時間もコストもかなり掛かってしまいます。

それに比べて、この大磯プリンスホテルは、電車で気軽に行ける距離にありながらも、ゆったりとしたリゾート感を楽しむことができます。

カテゴリー
TRIP MOVIE

TWO YEARS with OCEAN

カテゴリー
TRIP MOVIE

Okinawa Beach 51

カテゴリー
TRIP MOVIE 未分類

伏見稲荷神社

カテゴリー
TRIP MOVIE

TAMAGOYA

カテゴリー
MOVIE TRIP MOVIE

糸島